錬金術師のような音楽業界関係者に一言  ANGELIQUE KIDJO - アンジェリーク・キジョ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

錬金術師のような音楽業界関係者に一言  ANGELIQUE KIDJO

「fifa」ANGELIQUE KIDJO


アンジェリーク・キジョーの1996年のアルバムである。
輸入盤でもあり、正直言って、歌詞を含めて細かいことはよくわからない。
ただ、ノリがいいのは相変わらずである。
アンジェリークのアルバムに駄作はないだろう。
そういった意味でも、安心してアルバムを購入できる数少ないミュージシャンの一人である。
しかし、彼女は世界的な大スターであるにも拘らず、
日本においては、その知名度はあまりにも低すぎると感じる。
決して曲調は難解ではなく、万民受けするほどポップである。
アンジェリークは、ポップなノリでアフリカン・リズムを聴かせることのできる
貴重なシンガーでもあるのだ。

日本のレコード会社は、そろそろ本気で、アンジェリークの音楽をアピールするべきである。
レコード会社のアピールの仕方一つで、
アンジェリークのアルバム・セールスは大化けするだろう。
アンジェリークの音楽が日本の幅広い音楽ファンに受け入れられるようになれば、
これをきっかけに、他のアフリカ・ミュージシャンの音楽も、
所謂“音楽通にのみ受けるマイナーな音楽”ではなくなり、
幅広い音楽ファンに親しまれるようになるだろう。

現在の日本の音楽業界を取り仕切っている人間は、
“つまらない音楽を価値あるものに見せるような、
「大衆騙し」のようなことばかりを行なっている”気がする。
確かに商売である以上、金儲けも大事だろうが、
そんなこざかしいことばかりやっていてどうするんだ!
本気で“良い音楽を幅広い音楽ファンに届けよう”とする
志の高い音楽業界関係者はいないのか!
“つまらない音楽を価値あるものに見せるような、
「大衆騙し」のようなことばかりを行なっている”錬金術師のような音楽業界関係者には、
もうE加減、うんざりである。





評点:80点



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント