カストロは、キューバを通過する麻薬から得た利益で大金持ちになった - 歴史・宗教

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

カストロは、キューバを通過する麻薬から得た利益で大金持ちになった

「フィデル・カストロ追悼特集」



http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112600133&g=int
フィデル・カストロ氏死去=キューバ革命の英雄、90歳-「反米」の精神的支柱
【サンパウロ時事】1959年にキューバ革命を成し遂げ、反米勢力の精神的支柱として国内外に強い影響力を与えたフィデル・カストロ前国家評議会議長が25日、死去した。90歳だった。死因は明らかにされていない。
実弟のラウル・カストロ議長が国営テレビを通じて「キューバ革命の最高司令官が今夜(25日夜)午後10時29分、死去した」と発表した。遺体はフィデル氏の生前の意向で火葬され、9日間の服喪期間を経て12月4日に埋葬される。葬儀委員会が26日に開かれ、詳細が公表される見通し。
 半世紀近く国を統治したフィデル氏が2008年に議長を退いた後、キューバはラウル氏を中心とした集団指導体制に移行しており、フィデル氏の死去が政権に与える影響は限定的とみられる。
 ただ、ラウル氏は既に18年の引退を表明している。米国と国交を回復した政権が世代交代を急ぐ中、カリスマ的指導者の死は、変化の時代を迎えた国民の動揺につながる可能性もある。(2016/11/26-22:44)




カストロが亡くなった。これを機会に、カストロの正体を追ってみようと思う。
それでは、「フィデル・カストロ追悼特集」の始まり始まり(笑)
まず、キューバと言えば麻薬である。
麻薬と関係している国家の指導者が、真っ当な人物であるはずがないでしょう。




(plus-ultra’s・diary)さん
http://plus-ultra.hatenablog.com/entry/2016/01/25/112417
マルクスとカストロは、どちらもフリーメーソンの会員である。尾田さん的にはカストロの要素を強めかなと推測する。なぜなら、顔を見て分かる通り傷があるからである。傷は「軍人」であるという隠喩であり、髪型のドレッドは「葉巻」を意識していると考えられるから。なぜ葉巻かというと、カストロのトレードマークであるから。
また、カストロの国であるキューバは「Dope(麻薬)」の栽培が盛んな国である。特にケシ(アヘン)やコカ(コカイン)が。広義ではコカインもCANDY(覚せい剤)です。カストロは麻薬から得た利益により大金持ちになった。大金持ちということは、その地域を簡単に支配できるということである。書いてて気づいたけど、アヘン(ヘロイン)=モルヒネだから、戦争起こして金儲けできて、怪我人をモルヒネで麻酔してさらに金儲けという汚いサイクル。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
イルミナティによる実験国家「中華人民共和国」
「迫る破局 生き延びる道」ジョン・コールマン


*南米のいたるところで、重要人物やその関係者が浮かび上っていた。彼らの助けがなければ、国際麻薬組織は商売ができなかったのである。元メキシコ大統領ルイス・エチェベラは、チリのアジェンデを支援した疑いがあるし、キューバのフィデル・カストロと緊密な関係を維持していた。カストロは、キューバを通過する麻薬から得た利益で大金持ちになった。ミゲル・デラ・マドリード大統領を巻き込むような疑惑は何も見つからなかったが、腐敗は司法長官にまで及んでいた。ホワイトハウスは、カストロがアメリカへの麻薬持ち込みに深く関与しているというファン・アントニオ・ロドリゲスの主張にもかかわらず、キューバの麻薬取引への関与を隠蔽しようとした。クリントン政権は、キューバの名前を麻薬通過国のトップテンからはずすことにした。麻薬取締局(DEA)の情報によれば、キューバを「トップテン」に入れるのが妥当なのにもかかわらずである。





麻薬を支配しているのは誰でしたでしょうか?


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-506.html
“キチガイのキチガイによるキチガイのための世界”=「嘘八百のこの世界」
「「集団的自衛権の行使」も、「戦争」も、「麻薬」も、すべてが仕組まれたものである」




次に、ウィキでカストロを見てみる(抜粋)。


フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz), 1926年8月13日 - 2016年11月25日[1])は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記(英語版)を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。

1926年、マヤリ近郊のビランにて、スペインのガリシア人移民で裕福な農場主アンヘル・カストロ・イ・アルギスの息子として生まれる。当初はマルカネにある公立のグラマースクールに入ったが、ハバナの私立小学校コレヒオ・ベレンを始めとするイエズス会の学校で教育を受け、野球に熱中した。粗暴な面があったという。

その関係は1991年のソビエト崩壊まで続いたものの、ソビエト崩壊によって冷戦が終結したことでバーター貿易も経済支援もストップしたため近年は深刻な経済状態が続いており、その為にいかだ等を使用して経済亡命する事件が後を絶たず、カストロ兄弟のみならず国家全体の悩みの種となっている。この様な経済面での失政から、「革命家は年金をもらってまで生きるようなことはしない。私はマルクスやエンゲルスやレーニンと一緒に地獄に落ちるだろう。地獄の熱さなど、実現することのない理想を持ち続けた苦痛に較べれば何でもない」と語ったこともある。

キューバはスペインの植民地だったこともあり、国民の大半はもともとキリスト教徒(カトリック)であったが、社会主義革命を標榜するフィデルは頑なな無神論者であり、キリスト教会を取り壊し、教徒を矯正キャンプに入れるなどの宗教弾圧政策を実施した。ローマ教皇ヨハネ23世は1962年1月3日にフィデルを破門した。

ただし、ヨハネ・パウロ2世とフィデルの関係は以前の教皇に比べれば若干良好であった。1992年にフィデルはキリスト教徒に対する融和策を導入している。ヨハネ・パウロ2世はアメリカによるキューバへの通商停止に対して「不正で、倫理的に承諾しがたい」と非難を行い、その後バチカンとフィデルの関係は改善する。フィデルは1996年11月にはバチカンを表敬訪問し、ヨハネ・パウロ2世に謁見。宗教弾圧政策を事実上放棄した。

1996年にキューバを訪問した創価学会の池田大作名誉会長・SGI(創価学会インタナショナル)会長との面会ではおよそ1時間にわたって会談し、革命以来初めてスーツ姿で公式行事に望んだ。その後、フィデルは病気療養中の2007年にSGI(創価学会インタナショナル)のキューバ国内での活動を公認している。





何とカストロは、イエズス会の学校で教育を受けていたそうです・・・
であるにも拘らず、無神論者であり、キリスト教会を取り壊し、
教徒を矯正キャンプに入れるなどの宗教弾圧政策を実施したそうです。
これはもう、イエズス会が反キリストであることの証明じゃないでしょうか。
そしてカストロは、共産主義が悪魔の思想(=イルミの策略)であることを認めていますよね。
「私はマルクスやエンゲルスやレーニンと一緒に地獄に落ちるだろう」と。
さらにカストロは、ヨハネ・パウロ2世の時に、バチカンとの関係が改善していますね。
ヨハネ・パウロ2世とは何者だったのでしょうか?
あのロンカッリを列福した人物だったのではないのですか?
バチカンからフリーメーソン会員を一掃しようとして毒殺された疑いの強い
ヨハネ・パウロ1世の後を受けた教皇だったんじゃないのですか?



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1608.html
あなたは、これでもローマ・カトリック教会を中核とするキリスト教を信じますか?
「レンヌ=ル=シャトーの謎~イエスの血脈と聖杯伝説~」②
マイケル・ベイジェント、リチャード・リー、ヘンリー・リンカーン



このような限りなくグレーな教皇と親交を持っておいたカストロとは、一体何者だったのでしょうか?
アメリカと北朝鮮も根は同じ。アメリカとキューバも根は同じ。
皆さん、もうご理解いただいてますよね?
まだお分かりになっていない方は、「戦争が八百長なら、当然、冷戦なんてものも八百長である」ことを、そろそろ理解してください。
最後に、イエズス会とカストロの関係を暴いているアイクの書を紹介してくれているブログ記事から転載しておきます。
謹んで、フィデル・カストロのご冥福をお祈りいたします。





http://www.amadeo.jp/iezusu.html
 サタディレヴュー #148     
  恐怖のイエズス会                      6.  16. ’12
 
 「恐怖の世界大陰謀」(三交社)の中でデーヴィット・アイクはイエズス会について、かなりページをさいている。
 イエズス会については先週のレヴーで言及したが、この件については日本人全員が知っておくべき情報と思われるので、前掲書から、その部分を紹介したい。
 創立者イグナチオ・ロヨラは1491年クリスマスイブにスペインのバスク州ギプスコアにあるロヨラ城に生まれた。
 仲間と共に1537年にイエズス会を創設し、1540年にローマ教皇から認可を受けて以来、組織の勢力は拡大を続け、現在では地球上で最も強力な秘密結社のひとつになっている。
 ロヨラは、イエズス会士は「死体のように従順」であるべきだと言った。彼が1548年に著した『霊操』は今でもイエズス会の「教育」の拠り所だ。これはイエズス会士に自分の判断を中断するように求めるもので、十三番目の規則ではローマカソリック教会から言われる事のみを信じるのが美徳だと説いている。これは「たとえ真実ではなくても」ということで、明らかに白に見えるものでも、カソリック教会が本当は黒だというならそう信じるべきだという例が上がっている。
 入会の儀式で修道院長が入会者に対して次のように確認する。 
 “自らを偽る事、ローマカソリック教徒のあいだではローマカソリック教徒のように振舞い、あなたの盟友のあいだでさえスパイとして働く事。誰も信用せず、だれも信用しないこと。嫉妬と憎悪の種を、平和な地域や州や国のあいだに密かにばらまくこと。彼らが互いに戦い、血を流すように仕向けること。独立を守って繁栄する国々に革命と内戦をもたらすこと。
 争い合う勢力の一方につき、もう一方の勢力に入り込んだ兄弟会員とともに、秘密裏に仕事を行う”(現代の英国情報部やCIAで使われている手口はかれらによって5世紀も前に“開発”されていたのだ)
 そして入会者はイエズス会とローマ教皇の共通の「敵」との戦いに従事することを誓う。
 “私は機会ある限り、密かに、あるいは公然と、指示されたとおりに、すべての異教徒やプロテスタント、自由主義者をこの地上から根絶させ、撲滅するまで徹底的に戦い続けることを誓い、宣言する。相手がどのような年齢、性別、健康状態でも決して容赦はしない。忌まわしき異教徒を吊るし上げ、病弊させ、茹で上げ、皮を剥ぎ、首を絞め、生きたまま地中に埋める。女の腹と子宮を裂き、子供の頭を壁に打ち付けて粉砕し、呪うべき者たちを永久に根絶する。
 公然と行えない時は陰に隠れ、毒を盛った杯を、短剣の刃を、絞殺のロープを、鉛の弾丸を使う。相手の地位、品格、権威にかかわりなく、彼らの状況がどのようなものであろうと、公私にかかわらず実行する。私は常に教皇の、あるいは聖なる修道会であるイエズズ会の長の代理人の命じるままに動く。”

 イエズス会の構造はこの組織で教育を受けたアダム・ワイムハウプトが1776年5月1日に創立した、バイエルンイルミナティを公式に設立したときにも採用されたし、その他の多くの秘密結社でも同様だった。ワイスハウプトはドイツ、バイエルン地方のインゴルシュタットにあったイエズス会の大学でローマカソリック教会法を教えていた。この地方はヘンリー・キッシンジャーや現ローマ教皇などレプティリアン混血種のフロント組織を務める人物を多く生みだしたほか、ナチに愛された土地でもある。
 イエズス会の「宣誓」の思想を取り入れたワイスハウプトは、仲間の陰謀家と共に、ヨーロッパを始めとする世界各地に大混乱を起こし、イルミナティによる政治支配を目論んだ。そのための工作員を社会のいたるところに忍び込ませ、彼らを使って争いを起こすことで必要な変革をもたらした。フランス革命は彼らの秘密工作によって起きた事件のひとつで、表向きは、人々に自由を与えるというお題目が掲げられていたが、その背後には、常にイエズス会の指導者と、そのパートナーであるロスチャイルドの姿があった。バイエルンイルミナティの真のリーダーはマイヤーアムシェルロートシルト(ロスチャイルド)であり、ロスチャイルド家とイエズス会はずっと協力関係にあった。ロスチャイルド、ワイスハウプト、そしてイエズス会の指導層は、政治と金融と宗教を操って紛争や戦争を引き起こし、人々を互いに戦わせて、分割統治しつつ、その裏では両陣営を煽り、武器を与えていた。
 ワイスパウプトは次のように言っている。
 “我々の組織の大きな強みは人目につかない事である。どの様な場所でも、本当の名を明かしてはいけない。常に別の身分を語り正体を隠すのだ。フリーメイソンリーの底辺三位階はこれほど適したものはない。人々はこの位階者に慣れ切っており、何かあるなどとは考えもしない。したがってほとんど注意を向けられることがない。”
 イエズス会に教育され、操られていたのはワイスハウプトだけではない。ヨシク・スターリンや、ナチの要人も大半がそうだった。ナチ支配下のダンツィヒ(現グダニスク)で市議会長を務めたヘルマン・ラウシュニングは1939年にヒットラーから聞いた話を明かしている。
 “わたしはイエズス会から多くのことを学んだ。これまでのところ、カトリック教会の階層組織ほど威厳に満ちたものは地球上に存在しない。私はこの組織の多くをわが党《ナチ》に取り入れた。私が「結社の町」で、我々は世界を震撼させる青年を育てるのだ。”
 ドイツの防諜責任者だったヴァルター・シュレンベルクも、次のようなヒットラーの言葉を伝えている。
 “親衛隊はヒムラーがイエズス会の原理を手本にして作ったのだよ。イグナチオ・ロヨラが記述した会則と精神鍛錬の方法をヒムラーは正確にコピーしようとしたわけだ。親衛隊長官というヒムラーの肩書はイエズス会の総長に当たる。親衛隊の全体構造や、管理体制はローマカソリック教会の階層組織を忠実に模倣しているのだ”
 ヒットラー、ヒムラーそしてイエズス会で教育をうけたゲッペルスと、ナチの要人の大部分がカソリック教徒だったからこそナチスドイツと、ローマ教皇庁は密接な協調・協力関係にあったのだ。
 両者の関係はナチ崩壊以後の数十年で次々と明らかにされている。
 政治、金融、商業、メディア、そして軍部など、イエズス会のまわし者はあらゆる場所にいる。たとえばイエズス会が創設したジョージタウン大学出身のビル・クリントン、キューバの独裁者フィデル・カストロ、ジンバブエ大統領で大量殺人犯のロバート・ムガベ、戦慄のイスラエル前首相シモン・ペレスなどがそうだ。 
 第二次大戦のときはヒットラー、スターリン、そしてムソリーニがイエズス会とローマ教皇庁のネットワークに操られていたし、合衆国、ドイツ、ソ連の情報部も支配下にあった。
 ケネディ暗殺に関与したジェームス・ジーザス・アングルトンもイエズス会に操られていた。ナチス支援者のジョン・フォスター・ダレスは、CIA長官アレン・ダレスの兄弟で、自らも戦後は合衆国国務長官となった人物だが、こちらは息子がイエズス会の司祭になり、のちに枢機卿にまで昇進している。

 (私たちは“ファシズムは過去のもの”であるかのように思い込まされている。しかし現実はかってヒットラーが企図したものよりもはるかに徹底した包括的な“世界帝国”が作られようとしている。それはヨーロッパやアメリカの現状を見れば明らかな事のように思える。
 しかし、日本の各界の指導者の人たちは、そのことに気がついてないふりをしている。実際に気がついていない、ということは考えにくいのだ。
 私たちは、これらの人たちに対して、その人が“日本を国家として守ろうと考えているか”、あるいは“世界権力の手にゆだねてもいいと考えているのか”そのどちらなのかをよく見極める必要があるだろう。
 さし当り正当な根拠のないTPP賛成派の人たちは後者に属すると想定した方がいいかも知れない。)




COMMENT

カストロと言えば、ゲバラですが、彼もイルミの関係者だったのですか?

Re: タイトルなし

> カストロと言えば、ゲバラですが、彼もイルミの関係者だったのですか?

コメントどーもです。

私が思うに、ゲバラは共産主義の正体は理解できていなかったと思いますが、
基本的にはイルミの関係者ではない、真実の人だったと判断しています。
イルミの関係者であったのなら、カストロのように長生きできたでしょう。
重要なのは、思想ではなく、悪を許さないという”熱い生き様”にあるのではないでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。