日本人とケルト民族は、遠い昔になにがしかの形で繋がっていたのかもしれない? SOLAS - ケルト・ミュージック、ニューエイジ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

日本人とケルト民族は、遠い昔になにがしかの形で繋がっていたのかもしれない? SOLAS

「The Words That Remain」SOLAS


ソーラスの1998年の3枚目のアルバムである。
カランの澄みきったヴォーカルが堪能できる曲と、絶妙なインスト・プレイが楽しめる曲が、
ほぼ交互に構成されている。ソーラスはメンバーのほとんどがアイルランド系アメリカ人であり、アイルランド出身なのはヴォーカルのカラン・ケーシーのみである。

1曲目の「Pastures of Plenty」はウディ・ガスリー作の曲であり、ノリノリである。

2曲目の「The Stride Set(Reels)」はインストだが、女性フィドラーのウイニフレッド・ホーランのフィドルとゲスト参加のベラ・フレックのバンジョーの掛け合いが素晴らしく、鬼気迫るものを感じさせられる。

「The Grey Selchie」は、じっくりと聴かせられる美しい曲である。

「Song Of Choice」は、カランとゲスト参加のフォーク歌手アイリス・デュメントのリズミカルなデュエットが聴ける。

「La Bruxa」は、物悲しい旋律のインストの美しい曲である。

「I Am A Maid That Sleeps In Love」は、本作の中でも最もシングル向きなのではないだろうか。ポップでアイリッシュな、心地よいノリの曲である。


彼らの演奏は、決して派手ではないのだが、どの曲も素晴らしく、
緻密で、かつ極上の味わいが堪能できる。
さらに彼らの音楽を聴いていると、哀愁や懐かしさのようなものを感じさせられる。
もちろん私はアイルランドには行ったことはないのだが、
不思議と心の琴線に触れる何かを感じさせられるのだ。
日本人とケルト民族は、遠い昔になにがしかの形で繋がっていたのかもしれない?
などと、妄想に浸らされてしまう不思議な魅力を持つソーラスのアルバムである。





評点:90点



<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html
光輝く超絶プレイ  SOLAS
「REUNION A decade of SOLAS」SOLAS






COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。