マスゴミ

明らかに、金正恩はまさにワシントンの戦争屋が“取り引き”できる独裁者だ

 ←「Sweet Dreams」 Eurythmics  →「Carry On」Norah Jones
「ゴミ売りも朝日も根は同じ→アメリカも北朝鮮も根は同じ」



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161117/k10010772741000.html
プロ野球 正力松太郎賞に日本ハムの栗山監督
11月17日 17時14分
ことしのプロ野球に最も貢献した人に贈られる「正力松太郎賞」に、チームを10年ぶりの日本一に導いた日本ハムの栗山英樹監督が選ばれました。
「正力松太郎賞」は、プロ野球の創設と発展に力を尽くした故正力松太郎氏をたたえ、毎年、プロ野球に最も貢献した監督や選手に贈られています。




私は千葉ロッテ・マリーンズの大ファンです。
シーズン中はロッテの試合を観て、熱心に応援しています。
プロ野球も当然「彼ら」の配下にある3S政策の一環であることは重々分かっておりますが、自分の好きなプロ野球チームを応援することは、それはそれなりに価値があることだと思っています。中学の頃、口癖のように「ロッテ優勝」と唱えていた私ですが、その反面、「ロッテが優勝したからといって、それによって何が変わるんだ、別に何の意味もないんじゃないのか?」と、疑問に感じたりもしました。
確かにそうでしょう。ロッテが優勝しようとしまいと私の生活には何の影響も受けないし、何の金銭的メリットもありません。しかし、違うんです。プロ野球に関心のない人には分からないでしょうが、自分が一生懸命に応援してきたチームが優勝すれば、理屈でははかれない精神的な満足感・喜びが得られるんです。
私は何が言いたいのでしょう?
 私は文章を書いていると、勝手に思いがあらぬ方向に走って行ってしまう傾向があるようです(笑)
私が言おうとしたことは、「正力松太郎笑」いや「正力松太郎賞」のことです。
この笑、いや賞は、プロ野球の創設と発展に力を尽くした故正力松太郎氏をたたえ、毎年、プロ野球に最も貢献した監督や選手に贈られているとのことです。
冗談も休み休みにしてください。
私に言わせれば、「この笑、いや賞(もーええって(笑))は、CIAの命令の下、国民洗脳を目的としたCIAゴミ売りテレビとプロ野球の創設及び国民総白痴化と原子力産業の発展(その結果が311)に力を尽くした正力“ポダム”松太郎を(悪魔により)たたえ、毎年、そういったことは何にも知らないが、プロ野球においては最も貢献した監督や選手に贈られるものだ」と、感じます。




http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/06-02/060208amaki.htm
CIAに日本を売った読売新聞の正力松太郎 天木直人メディアを創る(2006.2.8)

天木直人のホームペ-ジ http://amaki.cc/
http://amaki.cc/bn/Fx.exe?Parm=ns0040!NSColumnT&Init=CALL&SYSKEY=0192

●週刊新潮2月16日号
【特別読物】CIA「政界裏工作」ファイル発見!
 ポダムと呼ばれた「正力松太郎」 早稲田大学教授 有馬哲夫

CIAに日本を売った読売新聞の正力松太郎

 これは超弩級のニュースである。本日発売の週刊新潮2月16日号で、早稲田大学の有馬哲夫という教授が、正力松太郎がCIAに操縦されていた歴史的事実を明らかにした。その根拠は、例によって、米国公文書館の公開された外交機密文書である。しかも彼が見つけた文書はいまだ殆ど誰も手にしていない文書であるという。研究者にとっては願ってもない貴重な文書だったと有馬教授は述べている。この発見がこれからどこまで日本で波紋を広げていくのか。
 その文書から有馬教授が読み解いた事実の一端は次のとおりである。
 まずそのファイルの量である。同じCIAのファイルとして既に研究されている岸信介元首相や重光葵元外相のものと比べても、圧倒的な厚みであるという。CIAが正力を如何に徹底してマークしていたかの証明である。しかも正力を「ポダム」という暗号で呼んでいる。
 正力は東京帝大を出て警察庁につとめ戦前、無政府主義者、共産主義者の取締りで名をあげたという。その正力は政界の大物から大金を借りて当時わずか5万部に低迷していた読売新聞を買収し、自ら陣頭指揮をとって、奇抜な企画や大衆に親しみやすい紙面つくりに励み、毎日、朝日につぐ大新聞に読売を成長させたといわれている。米国はその正力に目を付け、援助を与えることによって彼のマスコミに対する大きな影響力を利用しようとしたのだ。日本全土に、親米・反共のプロパガンダを流す手段にしたのだ。
 今度の研究で具体的に明かされた事実として、CIAが1000万ドルの借款を正力に与えて、全国縦断マイクロ波通信網を建設させようとしていたという。これが完成した暁には、CIAは日本テレビと契約を結んで、アメリカの宣伝と軍事目的に利用する計画であったという。
 幸か不幸か、この工作は成就直前で破綻した。その原因は、「正力とアメリカの国防総省が陰謀をめぐらし、正力がアメリカの軍事目的のために、アメリカの資金で全国的な通信網を建設しようとしている・・・近代国家の中枢神経である通信網を、アメリカに売り渡すのはとんでもない」という怪文書がばらまかれ、国会で取り上げられたためCIAが作戦を見直したからである。
 それにしてもCIAは資金や女性問題、果ては麻薬によるコントロールまであらゆる情報をファイルして工作対象者をマークしていることがこの文書で明らかにされている。正力の場合は、「テレビのベンチャーに対するアメリカの資金供与」と記載されていたと有馬教授は書いている。
 これまでにも岸信介元首相をはじめとして様々な日本の指導者が米国の手先となって、米国の日本間接統治に手を貸していたことが明らかにされている。しかし今回のCIAの正力ファイルはこの事実をここまで詳しく明らかに示した。
読売グループが何故ここまで対米追従のメディアであるのかは、この歴史的事実からつじつまが合う。
あれから半世紀、小泉、竹中は言うに及ばず、米国CIAの日本工作は我々国民の知らないところで驚くべき広さと、深さで進んでいることであろう。しかし恐れる必要はない。その事実が国民に知れた時点で、大きなしっぺ返しを食らう事になる。最後の決めては情報公開である。内部告発でも、密告でもなんでもいい。とにかく一つでも多くの隠された事実を白日の下にさらすことだ。これこそがジャーナリズムの使命であり、醍醐味である。





CIAゴミ売りが右寄りであるならば、左寄りの朝日はどうでしょう?



http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/193.html
本日の「朝日新聞」2大キモチワルイ広告。「この人たち、どうかしてる」くらいしか言葉が浮かばない。櫻井刀自に、百田と石平。
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/193.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 11 月 17 日 09:49:43

早川タダノリ





(ザ・エデン)さん
http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1363.html
2016年01月02日
テレビ朝日の娯楽作品は悪魔崇拝組織に支配されている

前にテレビ朝日の娯楽作品は、悪魔崇拝組織イルミナティ・フリーメーソンの支配下にあることを紹介したが、(kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1362.html)
昨日テレビ朝日のドラマ「相棒」の元旦スペシャルで「NEW WORLD ORDER(NWO)」が見られた。
www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0010/
 




結論は、「右も左も根は同じ」ということですナ。
この国のバカもインテリも総じて騙されている「思想詐欺」の実体が理解できれば、
北朝鮮というお化け国家の正体も、自ずから見えてきますよね。
やれやれ・・・




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-728.html
右も左も根は同じ。自民党も日本共産党も根は同じ。
「北朝鮮 哀しい断末魔」朴甲東


金天海と韓徳銖によって対日工作が始まり、これが日本の深部にまで浸透し、その結果、金日成をして核兵器とミサイルをつくらしめ、日本国民が拉致されても、日本政府は25年間も放置してしまうことになったのである。
金日成の対日浸透を図式化すれば、まず社会党の幹部を買収して友党とする。保守与党である自民党幹部には直接手をつけられないから、社会党を触媒として利用し、これに接近したのであった。ちょうど自社の55年体制時で、自社が癒着する時期であった。北朝鮮と日本政府・与党との仲介は、すべて社会党の手によってなされた。社会党の背後には韓徳銖の朝鮮総連がある。日本を破壊しようとする朝鮮総連主催のパーティには、社会党の幹部のみならず、与党自民党のボスが行って祝辞を述べても、誰も疑わなくなってしまった。日本政府における韓徳銖の地位は、駐日韓国大使の比重に勝るものがあったといっても過言ではなかった。






(マスコミに載らない海外記事)さん
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-d8db.html
2016年11月16日 (水)
北朝鮮はペンタゴンの属国

F. William Engdahl
2016年11月1日
手ごわい軍隊と核ミサイル技術を持った、あの国の絶対的独裁者だという事実がなかったら、北朝鮮の最高指導者の金正恩、130キロ、32歳の支配者は、道化師人形のようなものだろう。世界平和にとって不幸なことに、金正恩がロケットと戦争の脅威ゲームで遊んでいるのは、アメリカ、特に軍産複合体と、その優先事項が、中華人民共和国とロシアを封じ込め、孤立化させるためのアジア基軸という軍事力投射をすることに益々向かっているペンタゴンと国務省の長期的権益に役立っているのだ。
・・・・・(中略)・・・・・
ダボスでのやりとりで、我々はアジアでの出来事や北朝鮮の核計画に対するアメリカ政府の注目に触れた。リリーは不意に驚くべきことを言った。彼はこう言った。“早い話、冷戦終焉時に、もし北朝鮮が存在していなかったら、地域で第七艦隊を維持する口実として、我々は北朝鮮を作り出す必要があったろう。”ダボスでのこのやりとりの少し前、北朝鮮は、日本越えのミサイルを発射し、アジア中で大きな懸念を引き起こしていた。

金正恩とは一体何か?
彼は一体何者か、というより、金正恩とは一体何なのか?という方が適切だろう。父親が2011年に死亡して以来、金正恩は絶対的独裁者として権力基盤を固めた。2011年12月、金は朝鮮人民軍の最高指導者となった。彼の若いころの経歴は入念に隠されている。彼がヨーロッパ、ベルン近くのケーニッツにあるリーベフェルト・シュテインヘルツリ校に通っていたことが確認されている。彼は偽名で、1991年から、2000年までスイスに暮らしていたと言われている。金正日の専属料理人、藤本健二によれば、そこで彼は、フランスのボルドー・ワイン、イブ・サン・ローランのタバコ、スイスのエメンタールチーズや、豪勢なメルセデスの車を好む途方もない趣味を養ったのだとされている。
ヨーロッパに金が長期間、滞在している間に、アメリカ諜報機関が何らかの接触を育む機会があったのか無かったのかは分からないが、支配権を掌握して以来の金の行動は、北朝鮮と韓国の両国、および日本との中国とロシアとの関係を粉砕する上でのアメリカの役割にとって天の恵みだ。
北京から離れるという金正恩の外交政策大転換の一番古い兆しの一つは、2013年12月、反逆罪のかどで、叔父の逮捕を命じたことが。張成沢は最高指導者に次ぐ国防委員会副委員長で、金の父親が死亡した際、政治的に経験不足の金正恩にとっての“主要政策顧問”だった。より重要なのは、張が平壌における中国の最高の友人として有名だったことだ。
アメリカ政府が、新たな対中国アジア基軸軍事包囲政策の実施に動く中、北朝鮮国内で、北京の最も影響力のある友人の排除は、控えめに言っても、極めて好都合なはずだ。
金正恩は、張を処刑したのみならず、張の妻、北朝鮮の元最高指導者金日成のたった一人の娘、北朝鮮の元最高指導者金正日のたった一人の妹で、金正恩の叔母、軍の大将で、朝鮮労働党中央委員会委員の金敬姫が、いかなる確認も不可能だが、金の命令で、毒を盛られたと報じられている。分かっているのは、金が全ての直系親族の子どもや孫を含め張一家の他の家族全員の組織的な処刑を命じた。金の粛清で殺害されたと報じられている人々には、張の姉Jang Kye-sun、彼女の夫で、キューバ大使、全英鎮、and張の甥でandマレーシア大使、Jang Yong-cholと、甥の二人の息子。張を排除した際、金政権は“張集団の発見と粛清によって、わが党と革命集団はより純粋になった”と発表した。
明らかに、金正恩はまさにワシントンの戦争屋が“取り引き”できる独裁者だ










もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「Sweet Dreams」 Eurythmics 】へ  【「Carry On」Norah Jones】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「Sweet Dreams」 Eurythmics 】へ
  • 【「Carry On」Norah Jones】へ