多くの疾患の直接の原因は、予防接種である - ワクチン・AIDS・エボラ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

多くの疾患の直接の原因は、予防接種である

「病院で殺される 長生きしたければ、行ってはいけない」船瀬俊介


船瀬俊介氏の2013年の書である。
ブログでは動画等を紹介していたが、著者の書を読んだのは初めてである。
結論から言うと、絶対に読むべき書である。
皆さんが、死にたくなければ。病院に殺されたくなければ。
本書の内容を一部、要約のみ記しておく。



*子供が日本脳炎の予防接種を受けてわずか1週間後に死んでも、
政府は因果関係を認めず、厚労省は「詳細な調査は不要」と決定した。

*ワクチン接種による副作用被害を厚労省は医療機関などへ報告を求めているが
義務はない。

*日本脳炎ワクチン接種が開始された2009年6月から3年間で、副作用被害が237件厚労省に報告されているが、実際は1万人以上と推計されている。
日本脳炎の患者は年間、日本全体で約3人、多い年でも10人前後。


ワクチンの「医薬品添付文書」には「劇薬」とはっきり警告されている。

2006年、世界の「タミフル」全消費量の約75%が日本に集中。
この薬剤を開発したギリアド・サイエンシズ社の元会長は、イラク戦争という名のイラク侵略を強行したアメリカのラムズフェルド元国防長官。

*「タミフル使用者と非使用者との間に、異常行動の発現率に差はない」という厚労省研究班の主任をしていた横浜市立大学某教授(本書には名前が記載されています)の口座に、「タミフル」輸入販売元の中外製薬から1000万円が振り込まれていたことが発覚。

*日本は、明治維新からわずか4年後の1872年、種痘の強制接種を導入する。
が、天然痘を予防するどころか、逆に天然痘が大発生し、1892年には16万5774人の患者が発生し、3万人もの人が亡くなった。

*バージニア州の医師、ヘンリー・R・バイビー博士の証言。
多くの疾患の直接の原因は、予防接種である。医療関係者たちは、このサービスで報酬を得るだけでなく、“素晴らしい”将来の患者をも製造しているのだ」

*インディアナ州の医師、W・B・クラーク博士の証言。
「ガンという病気は、牛痘ワクチンを使った種痘が強制される以前は、実際、ほとんど知られていなかった。わたしは、今までに少なくとも200人のガン患者を診たが、種痘を受けていない者の中には、ガンの患者は一人もいなかった

命を救うはずの輸血に、正しいガイドラインすらない。
「いつ輸血を開始してよいのか? どれだけ輸血したらストップなのか?」といった目標値も定まっておらず、医師の思い思いの判断で輸血や血液製剤を投与している。


*4人のノーベル賞受賞者を含む有力な科学者たちで構成された調査委員会が、医薬品に関する問題を徹底リサーチした結果。
①新薬の臨床試験はデタラメ。
②諸悪の根源は臨床試験を行なう医者と研究者たち。


*カリフォルニア大学、ハーディン・ジェームス博士の証言。
ガン治療を拒否した患者の平均余命は12年半である。しかし外科手術、その他のガン治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない




(管理人)
ここで紹介したのは、本書のごく一部の内容である。
これ以外にも、膨大な「国民が絶対に知っておかなければならない情報」が記されている。

あなたはいつまで「ワクチン」に騙されるつもりですか?
あなたはいつまで「輸血」に騙されるつもりですか?
あなたはいつまで「薬」に騙されるつもりですか?
あなたはいつまで「ガン治療」に騙されるつもりですか?

「死ぬまで」という哀しすぎる回答だけは、勘弁してくださいね。

著者の語る「西洋医学の神は死神である」という言葉は、決して大袈裟な表現ではない。
冒頭でも述べたが、繰り返します。

病院で殺されないためにも、家族全員が熟読すべき書である。
教科書を読んでいる暇があるのなら、今すぐ本書を読むべきである。


評点:100点



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。