ファンタジーという名の偽装ワールド - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

ファンタジーという名の偽装ワールド

「食品偽装しても罰せられない企業、ディズニーランドの正体は!?」



初めに言っておきます。ディズニーランド信者の方はスルーして下さい。
夢を壊すようですみません。私もディズニーランドの夢の世界はけっこう好きな方で、以前はTDLやアナハイムのディズニーランドにもけっこう行きました。
しかし、その実体は夢描いていた姿とはかなりかけ離れているようなのです。
子供向けの映画等に、信じられないサブリミナル・メッセージを忍ばせています。
ウォルト・ディズニーのサインには悪魔の数字である「666」が隠されています。
ウォルト・ディズニー自体も、一般的に知られている美化された人物像とはかなり違っているようです。
そして、食品偽装事件にもディズニーは関わっていたそうですが、他のホテル等とは違って何のお咎めもなく、マスゴミも全く追求していないようです。




http://biz-journal.jp/2013/11/post_3384.html
(ビジネスジャーナル)さんより
ディズニーランド食品偽装はなぜ批判されない?巧妙手法とマスコミタブー、ディズニー信仰
10月22日に阪急阪神ホテルズ(以下、阪急)が食材の誤表記を発表したことに端を発する食品偽装問題。その後も多くのホテルや百貨店で偽装表示の発覚が相次ぎ、大きな社会問題となっている。 中でも騒動の発端となった阪急では、社長の謝罪会見では収まらず、ついに社長辞任にまで追い込まれる事態に至っている。 だが、実はこの食品偽装問題は、阪急が発端ではないことをご存知だろうか。 この事件から遡ること5カ月前、実はあの東京ディズニーランド(以下、ディズニー)で同様の不祥事が発覚していたのだ。
 まず、5月17日、ディズニー施設内のレストラン「キャプテンフックス・ギャレー」で、値段が安く冷凍食品などに使われていることでも知られる紅ズワイガニを、高級食材の「ズワイガニ」として販売していたことを発表。さらに30日、今度は東京ディズニーリゾートの3つのホテルで、ブラックタイガーを「車エビ」、和牛を「国産牛」、国産鶏を「地鶏」などと偽装表示していたことを発表した。
 偽装表示をしていたホテルは「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーランドホテル」で、いずれもディズニーの運営会社オリエンタルランドが100パーセント出資しており、事実上はディズニーの直営といってもいい施設だ。
 そして、ディズニーのこの偽造表示発覚を受けて、阪急が社内調査をした結果、偽装表示が判明。大きな騒ぎになったのである。
●「なかったこと」にされた食品偽装
 しかし、ディズニーの事件に対するマスコミや世間からのリアクションは、阪急へのそれとはまったく対照的なものだった。阪急がマスコミから厳しい批判を浴びせられたのに対して、ディズニーについては、一部の新聞やテレビが小さく報道しただけで、大きな問題に発展することはなかったのである。
 阪急は当初、「偽装」を認めずに「誤表示」と弁明したことで世論の反発を買い、非難を浴びたが、実はディズニーの対応も「表記に誤りがありました」というもので、阪急とまったく同じだった。
 しかも、阪急は社長が謝罪会見を開いたが、ディズニーはそれもなし。事後対応でも、阪急が利用者への全額返済を打ち出したのに対し、ディズニーはホテルの“誤表記”には一律1000円の返金でお茶を濁すという誠意の感じられないものだった。ちなみに、前出のディズニー系のホテル内のあるレストランでは、アラカルトのいちばん安いもので1200円、ルームサービスは2000円以上、お茶漬け2000円、おにぎり2個で1900円となっている。
 にもかかわらず、ディズニーは批判も責任追及もほとんど受けなかった。5カ月後に阪急が日本中から袋だたきにあっている時も、ディズニーの食品偽装については、産経新聞が少し触れた程度で、完全に「なかったこと」にされてしまったのである。
●マスコミタブーとディズニー信仰
 いったいこの落差は何なのか?
 この背景には、ディズニーが一種のマスコミタブーとなっているという現実がある。大手出版社の編集者がこう語る。
「とくに民放テレビ局と雑誌はディズニーに頭が上がらない。大スポンサーとして莫大な広告費をもらっているうえ、ディズニー関連のパブ番組、記事は読者のウケがいいですから、関係を悪化させるわけにはいかない。それでなくても、ディズニーはキャラクターの使用にもうるさいですし、パブ記事にも細かい注文をつけてきますから、メディア側は相当気を使っています。ディズニーのスキャンダルはおろか、『ミッキーマウスの中に人間が入っている』なんて当たり前のことすら、イメージを損ねるからと、一切書くことができないんです」
 さらにマスコミ関係者や有名人に対しては、「フリーパス」「マスコミプレビュー」「アニバーサルにご家族全員特別ご招待」など、美味しいエサも撒いている。その威光はすっかり定着し、高圧的態度をとるディズニーに、メディアはひたすらご機嫌を伺い、ひれ伏す構図が出来上がっているのだ。
 だが、ディズニーのタブー化にはもうひとつの要因もある。それは日本人に広がっている“ディズニー信仰”だ。
 1983年のオープンから30年、来場者はすでに5億人を突破し、ディズニーは単なるテーマパーク以上の存在になった。ユーザーの多くがその夢の世界に魅かれ、まるで信者のようにディズニーのやることすべてを肯定する空気が広がっているのだ。そして、不祥事やスキャンダルを報道しても「そんなものは聞きたくない」と無視され、むしろ「夢を壊すようなことをするな」という反発が返ってくる。

 実際、8月に当サイトで、ディズニーランドが幻想を利用して大量のアルバイトに、一部無手当で管理職務を行わせているブラックな実態は報じられた際も、
「ディズニーをブラック扱いするのはおかしい」
「(ディズニー批判は)ひねくれている」
「みんな純粋にディズニーが好きで仕事をしているだけ」
「お金だけが仕事の目的じゃないはず」
など、多くの「ディズニー擁護」の意見が見られた(『ディズニーランド、美談に隠されたブラックな実態〜バイトを魔法にかけ無報酬で酷使?』)。 食品偽装問題を覆い尽くすほど、日本にあふれる“ディズニー愛”。恐るべしディズニー、である。
(文=エンジョウトオル)




http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10608585758.html
(akazukinのブログ)さんより
語られないディズニー(1)
今だかつて類を見ないサイズの詐欺の一つ 
ディズニー


イルミナティ ディズニーのアジェンダ

ウォルトディズニーの魔法の王国、サブリミナル(無意識)に作用するマインドコントロール、埋め込まれた性的な描写や悪魔崇拝的な描写は、隠そうとさえしていないように見える。

ウォルトディズニーはスコティッシュライトの「33位階」のフリーメーソンである。
ディズニーには「33メンバーズクラブ」という会員制のクラブがある。

ウォルトディズニーは道徳的にクリーンなイメージを保つために、スタジオには非常に厳しい規則があった。それは異常とも思われるような潔癖さであった。
たとえば、男性社員が女性を好色な視線で見たと思われた場合や、悪態をつくときに使う言語などを使った場合は即、首になったのである。
社員にはスタジオでのアルコールを飲む事は厳しく禁じられていたが、ウォルトは自室で大量に酒を飲んでいたという。
また本人は口髭をしていたが社員には髭をはやす事を許さなかったなどはほんの一例である。

ロナルド・レーガンはウォルト・ディズニーの友人だった。
両方とも高い幹部のフリーメーソンで社会主義のバックグラウンドから来ている。

(ロナルドの母親はエレノア・ルーズベルトの親友、ウォルトの父は社会主義のリーダーであった)FBIの通報者から報酬を得ていた、そして、両方とも重度にマインドコントロールされた奴隷の乱用にかかわっていた。
ウォルトはレーガンの政治活動を助け、またレーガンもウォルトのためにカリフォルニアの知事として政治的便宜をした。

さらに脱臭されたようなウォルトディズニースタジオの宣伝マンは、彼のボスは完璧に欠点がなく、酒を多く飲んだ事もなく、ののしりの言葉を使う事もなく、
決して短気を起こさず、決して妻や家族と言い争いをせず、決して友を失望させないと主張した。

そして、悲哀は反対の事を示唆した者にはだれでも起りうる。
あえてウォルト・ディズニーが横暴で、執念深く、情け容赦ないかもしれないと推論する記事を書いたなら、(例えば、1941年のスタジオストライキとその前後)、海外や、ローカルのプレスのメンバーは彼らの仕事を危険にさらした。

ディズニーは編集者や、その媒体の所有者、宣伝広告のページなどで、ウォルトの「きれいによく洗われた(磨かれた)完璧な優しさをもつ典型的な人物」というイメージに反対を示したなら、重い圧力をかける事ができた。(Mosley, Leonard. Disney’s World. New York: Stein & Day, p. 10.)
ディズニーとはイメージを創造するというイルミナティ能力の典型だった。
彼等はウォルト・ディズニー、ディズニー映画、およびディズニーのアミューズメントパークなどの偉大なイメージを作り上げた。
これらのものは時には過大評価されてきた。そして他の部分、不吉な側はとても巧妙に隠されてきた。






http://news.livedoor.com/article/detail/7527192/
1900年に出版された映画『オズ はじまりの戦い』原作は、秘密結社イルミナティのプロパガンダ作品だった!

ライマン・フランク・ボームの名作児童文学『オズの魔法使い』に登場する偉大なる魔法使いの“オズ”の誕生秘話を、『スパイダーマン』で有名な、鬼才サム・ライミ監督とウォルト・ディズニーが完全映画化した3Dファンタジーアドベンチャー大作『オズ はじまりの戦い』が今、世界中で記録的な大ヒットとなっている。最新のCGを駆使した、美しく鮮やかな画面は、まるでディズニーのアトラクション。スリルと冒険とラブロマンスが詰まった一級のエンターテイメント作品だ。
 しかし、この映画の元となった『オズの魔法使い』。その物語に秘められたオカルティックな側面を、ご存じだろうか? あらすじとともに、追っていきたい。
【原作のあらすじ】
 主人公のドロシーは12歳の少女。カンザスの農場に住んでいる。ある日、大きな竜巻に巻き込まれたドロシーは、愛犬のトトと一緒に家ごとオズのいる魔法の国へとふっ飛ばされ、家に帰れなくなってしまった。彼女は「大魔法使いのオズならば、助けてくれるかもしれない」という話を北にいる良心的な魔女から聞き、「カカシ」「ブリキの木こり」「ライオン」という、おかしな道連れと共に旅をしながら、魔法使いオズを訪ねることになるのだが……。

■『オズの魔法使い』は自動書記に近い形で書かれた!? 
『オズの魔法使い』の原作者ライマン・フランク・ボーム(1856~1919)は、オカルトと宗教比較研究組織である「神智学協会」のメンバーだった。「神智学協会」とは、降霊術のカリスマともいわれているマダム・ブラヴァッキーが設立した神秘思想結社。ボームはこの「神智学協会」に入り、オカルティズムに傾倒してから児童文学者として大成したといわれている。そして、彼はこの作品を霊感によって記し、「神智学協会」のオカルト思想を物語の中のいたるところに落とし込んだそうだ。

■ボームが記した、「オズ・コード」を読み解け! 
まず、ドロシーは「信心深いキリスト教信者」の比喩。ドロシーが住んでいるカンザスの田舎は「物質世界(現世)」。魔法の国は「精神世界(あの世)」をあらわしているといわれている。また、ドロシーの冒険は「精神世界へと上昇しながら魂を進化させる旅」、行く手を阻む悪しき魔女は「恐怖」。偉大なる魔法使いオズは「キリスト教における神ヤハウェ=エホバ」。そして、共に旅をする「知恵」のないカカシ、「心」のないブリキの木こり、「勇気」のないライオンは、彼女が自分に足りないと思っていた性質をあらわす。
 そして、物語のラストでドロシーはやっとオズと出会うが、オズは、ハゲ頭でしわくちゃの弱々しい老人。しかも、偉大なる魔法使いではなく、ただのマジシャンで、当然、彼には願いをかなえるような魔力もなかったのだが、これは、ドロシーが求めていた「知恵」「心」「勇気」は、最初から自分の内側にあり、「何か偉大な力に助けを求める必要などなかった」ということを示す。結局、ドロシーが故郷カンザスに帰ることができたのは、オズの魔法の力ではなく、最初から彼女が持っていた力だったということだ。
 つまり、この物語は、「ひたすら真面目に働き、厚く神を信仰し、善人として生活していればやがて天国に行ける……」と信じている人々に、「あなたは騙されているのではありませんか? 目覚めなさい!」と問う自己啓発物語なのだ。


■『オズの魔法使い』を取り巻く闇の組織とは?
 ちなみに、「神智学協会」は、世界を闇で支配し、悪魔ルシファーを神として崇めているという秘密結社イルミナティの配下にある団体。
 そのことを踏まえると、キリスト教批判ともとれる『オズの魔法使い』は、「神智学協会」による、イルミナティのプロバガンダ作品だったのかもしれない。

だとすると、今回の映画が、新ローマ法皇の誕生とシンクロするようなタイミングで公開されたのにも、何か深い意味があるのかもしれないと考えられないだろうか。それを踏まえて映画を楽しむのもオススメだ。白神じゅりこ)










COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。