Happy Birthday To Martin L King、STEVIE WONDER - ソウル・ファンク・ゴスペル・ドゥーワップ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

Happy Birthday To Martin L King、STEVIE WONDER

「Hotter Than July」STEVIE WONDER




1980年のスティーヴィー・ワンダーのアルバムである。
「Did I Hear You Say Love Me」、「I Ain’t Gonne Stand For it」等アップテンポの曲が中心となっている。最大の話題曲は、「Master Blaster」だが、スティーヴィーはボブ・マーリーと少し交流もあったらしく、レゲエサウンドとなっている。気になるのはその歌詞で、「だっておれたち、全員で誓ったのさ。ユダヤ教の子供達のように 皆で団結しようと誓い合ったのさ。」という箇所だ。最近のスティーヴィーは、パレスチナにおけるイスラエルの殺戮行為に抗議しているという情報もあるようだが、ユダヤ教賛美とも受け取れるこの歌詞を何故歌ったのかが気がかりである。「Cahs In Your Face」では、「金を持っているかもしれないが クロンボはごめんだね。ここには住んでもらいたくないね。」と、黒人差別について歌っている。「Lately」はいかにもスティーヴィーらしい秀逸なバラードである。有名な「Happy Birthday」は、単なる誕生祝向けの曲だと思われがちだが、「マーティー・ルーサー・キングの誕生日を“正義のために命を捧げた人間の成し遂げた偉業を祝う日”として祝日にすべきだ。」と、主張している歌なのだ。











評点:70点





ホッター・ザン・ジュライホッター・ザン・ジュライ
(2012/09/19)
スティーヴィー・ワンダー

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント