お前が言うな! パート4 - お前が言うな!

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

お前が言うな! パート4

「ポール・マッカートニーの死亡年日時を検証する」



先日、「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」を観て来ました。
映画の感想と併せて、例の件を再検証しようと思います。
明治天皇替え玉説」「ヒラリー替え玉説」等、替え玉にも色々ありますが、
これはもちろん、「ポール・マッカットニー替え玉説」の件です。
私の中では、これは最早「説」ではなく、「絶対的事実」となっていますが・・・
この件に触れないでビートルズの映画を観ても、ビートルズを語っても、
「ビートルズの真実」は見えてこないどころか、全く意味をなさないでしょう。
「ポール・マッカットニー替え玉説」を否定される方は、
何故にこの説が間違っているのかといった根拠を示す必要があります。
否定する根拠も示さずに、単に「そんなわけがない」とか、「何年もファンを騙し続けることは不可能だ」だといった“個人的な想い”に終始するようでは話になりません。
もちろん、「ビートルズのファンだから、そんなことは考えたくない」と、
思考停止状態になっている方は論外です。
論じる以前の問題ですので、そういった類の方はスルーしてください。
いつまでも子供が夢を見るように、自分の頭の中に理想のビートルズ像を思い描き、
夢の世界に一生浸っておいてください。それがあなたの幸せであるならば・・・
それこそ“マジカル・ミステリー・ツアー”なのかもしれません(笑)

例のドキュメンタリー映画を再度観ました。
再度観ることで改めて驚かされたことも多々あるのですが、疑問点も出てきました。
それは、ポールの死亡日時です。
定説(?)では、ポールの死亡日時は1966年11月9日となっているのです。
しかし、ここに問題が生じます。
ドキュメンタリー映画では、替え玉フォール(本名William Campbell)としての
初アルバムは「ラバー・ソウル」であると、紹介されています。
リンゴがフォールを「ゴム製ポール」と呼んでおり、ジョンがそれをアルバム名にしようとしたが、ジョージが人々に怪しまれると反対した結果、「ラバー・ソウル」になったと。
4人の魂がポールの肉体に宿ることを表わしていると。
ジャケット写真は、ポールが眠る墓地で撮影されたと。
フォールがバレないように、特殊なレンズを使用して全員が歪んで見えるようにしたと。
アルバム名は、ハートの逆形に合わせ、ポールへの愛を表わしたと。
それはスペードの形にも似ていたが、スペードのエースは死を意味するものでもあると。

しかし、この「ラバー・ソウル」が発売されたのは、1965年12月なのです。
ポールの死亡日とされている年より以前なのです・・・

ということは、このポール替え玉説はガセなのでしょうか?
私はそうは思いません。先ほど記した情報以外にも、ポール替え玉説を裏付ける具体的な
情報は、腐るほど存在しているのです。
一つや二つであれば偶然ということも有り得るでしょうが、これだけの“疑わしい情報”がそろっているということは、偶然では有り得ないでしょう。
ということは、日時の問題はどうなるのでしょうか?

私は、恐らくポールの死亡日時が故意に修正されたと、考えます。
そして、下記の情報を得ました。



https://www.amazon.co.jp/ポール・マッカートニーを殺したのは誰?【全訳版】-BUYMA-Books-スティーヴン・レイディス-ebook/dp/B01ERQL4TI?SubscriptionId=AKIAJCDYKTBNARHXJIBA&tag=luneblanc-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01ERQL4TI

このフィクションであり、歴史関連書である本書を通して、作者のスティーヴン・レイディスは、読者に「1965年に起こった交通事故でポール・マッカートニーは本当に死んだのか?」という疑問を問いかけ、答えを提示した。




私は、この書を読んでいません。しかし、著者が、ポールの死亡年を定説の1966年ではなく1965年としているのは、決して間違いではないと感じます。
ポールの本当の死亡日時は、1965年11月9日だったのではないのでしょうか?
そして、「ラバー・ソウル」は、ポールの死亡直後に発売したのではないのでしょうか?
恐らく大抵の曲は、ポールの死亡時に既に書かれてあったのでしょう。
このように考えると、日時の問題が解決してしまいます。
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」にはエルビス・コステロがコメンテイターとして出演しており、「ラバー・ソウル」の紹介の際、
「ビートルズが大きく変わった」という趣旨の発言をしていました。
明らかにコステロは、「ラバー・ソウル」でポールからフォールに入れ替わったことを
暗に伝えようとしていたのでしょう。

このように考えてみると、さらなる疑問が浮かんできます。
それは、ビートルズの日本・武道館公演のことです。
これは、1966年6、7月に行われました。
ポール死亡年が1965年ならば、日本に来たのはフォールとなります。
ポール死亡年が1966年11月ならば、死の直前のポールとなります。
1965年と1966年のポールの映像を見る限り、非常に判断しにくいです。
ポール死亡年が1966年11月が正しいとすれば、フォールにとっての初アルバムは
「サージェント・ペパーズ」ということになります。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」の上映が終了した後に、
ニューヨーク・シェイ・スタジアムのビートルズ公演のライヴ動画(50分間)を30分間に短縮して演ってくれました。
映画以上にこのライヴは良かったのですが、気になったのはメンバー全員が胸に六芒星のバッジを付けていた事です・・・

「ビートルズは我々ユダヤの管理下だ」ということを示したかったのでしょうか・・・

ジョンが「ビートルズはキリストより有名だ」と発言をしたことで大騒動が起きたことは有名ですが、
ジョンは「芸能界はユダヤ教を発展させた場所だ」とも発言していたそうです。
これは、ドキュメンタリー映画で紹介されていました。
同じジョンの発言であるにも拘らず、
キリスト発言と比べてこの発言があまり知られていないのは、
ジョンの発言が大衆に拡散されるとマズイ(=真実)であることを物語っていますね。

「芸能界はユダヤ教を発展させた場所だ」という真実を。
さらに核心に迫れば、「ジョンが語るユダヤ教の実態は、悪魔・カバラ教である」と、
付け加えておきます。

それから、「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」で
今のフォールがサージェント・ペパーズの頃を振り返り、
「誰かに代われるものなら代わってもらいたいと思っていた」と、語っていました。
自分自身が替え玉のくせに、よーこんな台詞が言えたものだ!
「お前が言うな!」と、言ってやりたい(笑)

最後に、1965年のニューヨーク・シェイ・スタジアムのビートルズ公演のライヴ動画と、
1966年の東京・武道館公演のライヴ動画をアップしておきます。
ポール? フォール? 皆さんの目には、どのように映りますでしょうか?






<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
お前が言うな!
「自分達の巨悪は隠し通して善良なる人間の単独行動を徹底批判する売国奴連中」


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-200.html
お前が言うな!パート2
「ワクチン広告塔の三原じゅん子の国会発言“恥を知れ”・・・あきれて物も言えない」


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-329.html
お前が言うな!パート3
「不正選挙大国である日本が、他国の選挙に文句言える柄か!」





COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。