ピアノが酔っぱらってグデングデンになってしまったが、酔ったのはピアノで俺じゃない TOM WAITS - トム・ウェイツ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

ピアノが酔っぱらってグデングデンになってしまったが、酔ったのはピアノで俺じゃない TOM WAITS

「SMALL CHANGE」TOM WAITS


トム・ウェイツの1976年のアルバムである。

いきなり「TOM TRAUBERT’S BLUES」で始まる。
このトムの代表曲はオーストラリアの有名曲である「Waltzing Matilda」のサビの部分が挿入されている重厚な曲である。一般的にトム・ウェイツは詩人としてのイメージが強いと思われているだろうが、こういった曲を聴く限り、詩人というよりも作曲家の印象の方が強く感じられるのである。はっきり言って、歌詞の意味が分からなくても、曲を聴くだけでトムの世界に引きこまれてしまうのである。
この曲を発表時のトムは、まだ26歳である。本当だろうか? 人生の酸いも甘いも悟りきった人間しか歌えないような歌を、ものの見事に歌いきっているのである。つくづくトム・ウェイツという男が只者ではないということに、驚かされる次第である。



「STEP RIGHT UP」は、ノリノリのラップ調かつジャジーな曲である。
アルバムには「この曲の歌詞を欲しい人は写真とベンケイソウの葉を2枚添えて、住所氏名を書いた返信用封筒に切手を貼って同封して下さい」と、クレジットされているのである。それも宛先をモーター・ホテルにして・・・。
これがトム・ウェイツなのだ。どこまでユーモアのセンスがある男なのだ。




「I WISH I WAS NEW OREANS」は、これまたトムにしか出せない哀愁たっぷりの名バラードである。
この曲を聴いたら、音楽ファンでなくてもいっぺんでニューオーリンズに行ってみたい気にさせられるだろう。



「THE PIANO HAS BEEN DRINKING」は、「ピアノが酔っぱらってグデングデンになってしまったが、酔ったのはピアノで俺じゃない」という歌詞である。
いかにも“酔いどれ詩人”と呼ばれるトムに相応しい曲である。



「PASTIES AND A G・STRING」は、明らかなラップである。
このころからトムはラップの到来を予見していたのだろう。
“酔いどれラッパー”トム・ウェイツに一杯奢ってやりたい気分である。


「この男と朝まで飲み明かしたら、ハチャメチャだろうが一生忘れられない一夜
となるだろうな」と、日本の“酔いどれ親父”は思う次第である(笑)


評点:90点








COMMENT

kin

私も大好きなスモール・チェンジ。土曜日の夜とこのアルバムはよく聴きました。お酒とタバコの煙がよく似合いますね。どちらも止めましたが・・^^

Re: kin

kinさん

> 私も大好きなスモール・チェンジ。土曜日の夜とこのアルバムはよく聴きました。お酒とタバコの煙がよく似合いますね。どちらも止めましたが・・^^

コメントありがとうございます。

確かに、お酒とタバコがよく似合うミュージシャンですよね。
しかし、健康そのものといったミュージシャンより、
いかにも不健康そうなトムのようなミュージシャンの方が、人間的魅力を感じますよね。

EDIT COMMENT

非公開コメント