アフリカンスピリットを備え持った現代の最も重要なジャズ歌手 DIANNE REEVES - ジャズ・フュージョン・フラメンコ・ラグタイム・ボサノヴァ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

アフリカンスピリットを備え持った現代の最も重要なジャズ歌手 DIANNE REEVES

「Art+Survival」DIANNE REEVES


ダイアン・リーヴスの1993年のアルバムである。
1956年アメリカ・デトロイト生まれのダイアンだが、現代の最も重要なジャズ歌手であると同時に、ソウル、フォーク、アフリカンミュージックを歌いこなすことのできる、実に多彩なミュージシャンである。曲の内容は、恋愛、自然指向、スピリチュアル、子供の飢餓、女性解放等、実に多岐にわたっており、彼女のスケールの大きさを感じさせられる。

「Old Souls」は、アフリカンスピリットを感じさせる名曲である。コンガが実にいい。



「Come To The River」は、自分が育ったデンバーの川のことを歌ったとのことである。
ダイアンのダイナミックなヴォーカルが見事である。

「One More Time」は、ピアノをバックにしたジャジーなバラードである。
ダイアンの歌唱力は半端ではない。

「Endangered Species」は、ソウルフルで、ファンキーで、アフリカンで、最高のノリである。歌詞は、女性の立場の向上を高らかに歌っている。



「Silent Tears And Roses」は、ピアノをバックにじっくりと聴かせるジャズ・バラードである。ダイアンが「アルバムの中で一番気に入っている」と語っているのにも、納得させられてしまう。

「Lament For A Lonely Child」は、アフリカ調のリズムとジャズが合体したような曲であり、孤独と飢餓に悩まされる子供達のことを歌っている。素晴らしい曲ではあるのだが、くれぐれも間違えてユニセフの“詐欺募金”などに騙されないように気を付けてもらいたいものである。世界中の子供の飢餓を作りだしているのは、「彼ら」の配下のWHO、IMF、ユニセフを始めとした“詐欺偽善組織”だということをお忘れなく!





評点:80点








COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント