幸福は憶測の中に存在するものではなく、 今この瞬間にこの場所から始まるものなのです SALIF KEITA - アフリカンミュージック

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

幸福は憶測の中に存在するものではなく、 今この瞬間にこの場所から始まるものなのです SALIF KEITA

「MOFFOU」SALIF KEITA


マリの歌手・シンガーソングライター、サリフ・ケイタの2002年のアルバムである。
サリフは王家の子孫でありながらアルビノで生まれたため、父親から母親とともに追放されるという哀しい生い立ちを経験しています。
その後、最下層の身分であるグリオと同様の歌手の道を歩むこととなり、
大成功を遂げ、現在マリを、いやアフリカを代表するミュージシャンとなっています。

全体的にアコースティックなサウンドであり、サリフのヴォーカルはもちろんですが、
バックの女性コーラスとの掛け合いが、色彩豊かな音作りに貢献しています。

「ヤモレ」はカヴェルデの人気歌手セザリア・エヴォラとのデュエットだが、哀愁漂う曲調であり、サリフのヴォーカルは、切々と訴えているかのように感じる。

「イニァジジェ」はギターソロで始まるのだが、アリ・ファルカ・トゥーレのギターを思い起こさせられる。静かに歌うサリフのヴォーカルが物悲しい。

「マダン」は、一転して超ノリノリの曲調である。
ギター、パッカッションも力強いが、コーラスの女性のパワフルな声は圧巻である。

「カトロン」は、肩の力を抜いた美しい曲である。サリフの声が優しい。

「ムソル」は、力強い曲調の中にも物悲しさを感じさせる不思議な曲である。

歌詞対訳が記されていないので歌詞の意味が分からないのが残念なのだが、
アルバムにサリフのメッセージが紹介されているので、一部を紹介します。
恐らくサリフが伝えたかったのは、こういったメッセージだったのでしょう。


「幸福は明日のためのものではありません。幸福は憶測の中に存在するものではなく、
今この瞬間にこの場所から始まるものなのです。暴力、エゴイズム、絶望を打ち倒し、
悲観するのを止めるのです。みんなで手を合わせて立ち上がりましょう。」



遠く離れた日本に住む我々にも十分に通じる、力強いメッセージである。












評点:90点






COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。