生きたいなら 本気で生きろ! - レゲエ・スカ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

生きたいなら 本気で生きろ!

「RASTAMAN VIBRATION POSITIVE」
BOB MARLEY FOREVER!


今日は、“レゲエの神様”ボブ・マーリーの命日である。
私は、学生時代オーストラリアに一人旅した際に、ボブ・マーリーのTシャツを買って着ていたのだが、通りすがりのオーストラリア人に指を指され、Tシャツに書かれていた英文字そのまま“RASTAMAN VIBRATION POSITIVE!”と叫ばれたことが忘れられない。これは、「POSITIVE VIBRATION」というボブの曲からの言葉であるが、その歌詞と対訳(山本安見さん)の冒頭部分のみを引用する。



POSITIVE VIBRATION

Live if you want to live
Rastaman vibration yeah!
Positive
I and i vibration yeah!
Positive


生きたいなら 本気で生きろ!
ラスタマン・ヴァイブレーション
それは肯定的な生き方さ
I&I ヴァイブレーション
それは魂と魂の躍動さ



この「POSITIVE VIBRATION」を始め、動画を数曲紹介する。最後に、「ワン・ラブ One Love ボブ・マーリー 世紀を刻んだ歌」を紹介する。冒頭で、イルミナティの走狗であるU2のヴォノがボブを称えるシーンがあるが、ボブになりかわって、「お前のような汚れた奴に、俺のことをとやかく語る資格はない」と代弁しておく。

私もけっこう海外を旅したが、どの国に行ってもボブ・マーリーのTシャツは売られていた。ボブは恐らく、ビートルズなんかよりもずっと「世界中の人々に最も愛されたミュージシャン」だろう。そして、「常に、邪悪な権力者に正面から立ち向かった正義の戦士」であった。ボブの魂は、永遠に我々の心に宿っている。

















COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント