「私と小鳥と鈴と」金子みすゞ(作詞) - 歌謡曲・演歌・民謡・童謡
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「私と小鳥と鈴と」金子みすゞ(作詞)

今日の1曲は、takereorinaさんからご紹介いただいた「私と小鳥と鈴と」です。
この歌の作詞をした金子みすゞという人は、明治36年の生まれで、山口出身の童謡詩人であり、
西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されたそうです。
弱冠26歳で、自ら命を絶たれたそうです。

「みんなちがってみんないい」

本当にその通りだと思います。
何人も人に考え・行動を強制することは出来ませんし、
強制されてはならないのです。

takereorinaさん、ありがとうございました。






COMMENT

NoTitle

いま、貴記事を読みました。日本は子供も頃は、ペーパーテストで、大人になっても、ペーパーテスト(昇進試験)で順位づけされます。いろんな角度から見たら、ピラミッド型社会は正しくないと思います。ピラミッドより、平らなタイラ ランドが良いと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント