根本的に腐りきったこの国のシステムに、 いい加減気づけよ 国民! 少しは怒れよ 国民! - マスゴミ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

根本的に腐りきったこの国のシステムに、 いい加減気づけよ 国民! 少しは怒れよ 国民!

「嘘八百の世論調査、嘘八百の選挙システム、嘘八百の与野党対立」



CIAゴミウリの世論調査↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00050108-yom-pol
与党、改選過半数へ堅調…民進は苦戦続く
読売新聞 7月5日(火)23時13分配信

読売新聞社は10日の参院選投開票日を前に、3~5日の3日間、全国世論調査を実施し、総支局の取材結果も加えて選挙戦終盤の情勢を探った。

 自民、公明両党は、安倍首相が勝敗ラインに設定した改選定数(121)の過半数(61)を上回る勢いを維持している。民進党は苦戦が続いている。民進、共産など野党4党が候補者を一本化した改選定数1の1人区(32選挙区)では、統一候補が12選挙区で接戦に持ち込んでいる。



韓国ウジサンケイの世論調査↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00000057-san-pol
参院選・終盤情勢 改憲勢力「3分の2」勢い 自民は単独過半数
産経新聞 7月5日(火)7時55分配信

産経新聞社は4日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で実施した電話による情勢調査(1~3日)に全国総支局の取材を加味し、10日投開票の参院選の終盤情勢を探った。自民、公明両党などの「改憲勢力」が憲法改正の国会発議に必要な3分の2(非改選と合わせて162議席)を確保する勢い。ただ、全国32の改選1人区の結果が大きく影響するため、予断を許さない状況だ。




東京新聞の世論調査↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016070602000132.html
安倍政権下の改憲「反対」40.5%「賛成」28.9% 本紙世論調査
2016年7月6日 朝刊

本紙が一都三県の有権者を対象に実施した調査で、「安倍政権下での憲法改正」に反対する人の割合は40・5%で、賛成の28・9%を上回った。憲法九条については、「改正しない方が良い」と答えた人が46・3%で、「する方が良い」の22・5%を大きく上回った。
 安倍政権下の改憲について25・0%が「反対」、15・5%が「どちらかといえば反対」と答えた。「賛成」は13・2%、「どちらかといえば賛成」は15・7%だった。「どちらともいえない」と答えた人は22・2%いた。
 支持政党別では、民進、共産、社民、生活の支持層はいずれも八割以上が反対。一方で、自民支持層の57・4%、公明支持者の39%が賛成し、反対を上回った。無党派層は42・2%が反対し、賛成は21・1%。26・5%が「どちらともいえない」と態度を決めかねている。




新聞社によって世論調査の結果が違う。
何故だろう?
政党支持数と改憲の是非ということで、
世論調査の内容が違うのため、単純に比較することは出来ないが、
同時期の世論調査であるのだから、基本的には同じような結果が出るはずである。
であるにも拘らず、結果が異なる。

ということは、いずれかの新聞社が、結果を偽っているということである。
どちらの新聞社が、偽っているのだろうか?

言うまでもないことですよね。
CIAゴミウリ、韓国ウジサンケイに限らず、
大手新聞社というものが誰の手中にあるかということは、
ここにご訪問いただいている方なら、説明する必要はないですよね。

はい、日本の大手新聞社は、全て「彼ら」キチ○イ勢力に雇われています。
ということは、国民のための存在でないということは、最早「常識」ですよね。
「新聞もテレビも「彼ら」に雇われた国民を騙すことを目的とした詐欺組織である」
ということを、今一度、ご確認ください。

いくら国民の大半が洗脳されやすいシープルだったとしても、
ここまで悪政を続けている自公政権を、支持しているはずがないでしょう。
憲法を破壊して、国民を戦争に行かせたいと思っているのは、
「彼ら」と、「彼ら」の下請売国奴と、
「彼ら」にカネで雇われた雇われネトウヨ(工作員)だけなのだから、
大多数の国民は、改憲に賛成しているはずがないのである。

それをこういった嘘の世論調査ニュースを報じることで、
「改憲にはほとんどの国民が反対しているはずだと思っていたが、
賛成している人の方が多かったのかな」
「安倍・自公の政策には皆不満を持っていると思っていたが、
満足している人の方が多いのかな」と、
「納得」させることを目的としているのです。

結局は、いつものように不正選挙を使って、
「自公、過半数を獲得」といった結果を用意しているのでしょう。
その結果を見て、国民は思うのでしょう。

「やはり世論調査の通りだったな、悔しいけれど仕方ないな」と。


普通に考えれば、こんな酷い政党が国民の支持を得られるはずがないということは、
バカでも理解できるはずなのに。


これが「洗脳」というやつです・・・


何年も前から、不正選挙の証拠はネットでは出回っているのに、

沈黙を守る、テレビ、新聞。
沈黙を守る、共産党を始めとした野党。

一民間企業であるはずのムサシが、大半の選挙機械を取り仕切っている。
そのムサシと安倍が関係している。

例え不正選挙じゃなかったとしても、
この「事実」は誰が考えてもオカシイはずなのに、

沈黙を守る、テレビ、新聞。
沈黙を守る、共産党を始めとした野党。

全てが八百長! 全てが嘘八百!

根本的に腐りきったこの国のシステムに、
いい加減気づけよ 国民!
少しは怒れよ 国民!






http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/07/gpif-shinzo-abe-election_n_9640178.html
「年金の損失も隠す。隠す、隠す、隠すの安倍内閣ではないか」 野党が追及
投稿日: 2016年04月08日 13時46分 JST

株安が続き、政府が株式市場などで運用している公的年金積立金の運用実績も、巨額の赤字を計上する見通しだ。しかし実績の公開日が、例年より約半月遅い7月29日となったことに、野党は「参議院選挙前の損失隠しだ」と政府を追及している。

この夏に改選される参院議員の任期満了日は7月25日。そのため、GPIFが7月29日と決めた公開日は参院選後になるとみられる。
民進党の玉木雄一郎議員は4月7日の衆院特別委員会で「参議院選挙の前になぜ出さないんですか? 多分5兆円ぐらいの運用のマイナスが生じていることを、意図的に発表を先送って隠そうとしているんじゃないですか。巨額の損失隠しではないでしょうか」などと述べた。
これに対して、塩崎恭久厚生労働相は2001年度分と2006年度分の公開日が7月31日だったことをあげ、「政治的な判断で遅らせるということはない」と反論。安倍晋三首相も、「私たちが意図的に隠しているかのごとくおっしゃっていますが、全くそんなことはありません」などと答弁。安倍政権になってからの運用実績が37.8兆円になっていることをあげ、「民主党政権時代の3年間よりも、はるかに、はるかに、はるかに運用益が上がっていますから、そもそも隠す必要はないんです」と強調した。
玉木氏は、「TPP(環太平洋経済連携協定)の情報も隠す、年金の損失も隠す。隠す、隠す、隠すの安倍内閣ではないですか」などと批判した。

■運用で5兆円の赤字?
GPIFは厚生年金、国民年金の保険料積立金130兆円超を運用。かつての資産構成は、比較的安全といわれている国債が60%、国内外の株式が24%を占めていたが、株式市場が上昇傾向にあった2014年10月に国債を35%に、国内外の株式を50%に変更した。
結果、株価動向に左右され、GPIFの運用損益は2015年7~9月期に四半期として過去最大の7兆8899億円の赤字を計上した。2016年1月以降も株安が続いており、玉木氏は通期で「5兆円もの損失が生じているのではないか」などと指摘。「GPIFのお金は安倍首相のお金ではなく、国民のお金。適時適切な情報開示をすることが大切」などと述べた。




http://www.mag2.com/p/money/10679
安倍政権がひた隠す「年金スキャンダル」 偽りの株高、代償計り知れず=斎藤満
2016年4月24日

「消えた年金」問題や「物価スライド見直しによる実質減額」など、国民はこれまでも年金に対する様々な不安を感じてきました。さらに今度は、この年金の運用成果の発表が、夏の参議院選挙前を避けて先延ばしされようとしています。
国民の年金積立金を管理運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用結果には、選挙前に出したくない「不都合な真実」があるようです。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

昨年7-9月期にGPIFの運用は7兆8千億円もの損失を出したこともあって、15年度は年間でも大きな損失を出した模様です。
3月末の相場が確定すれば、時間をかけずに3月までの運用実績はわかります。これまでのスケジュールをみても、2か月後くらいには成果を発表していました。15年度分は5月末か6月初めには発表できるはずです。
ところが今回は参議院選挙後の7月29日まで発表を延ばす模様です。選挙前に年金が大きな損失を出したとわかれば、選挙戦で不利になるとの判断があったようです。




(IWJ)さん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/314014
「参院選では自公をギャフンと言わせるために、野党に一票を投じたい!」~安保関連法に反対する創価学会員たちが、創価学会本部前で抗議のサイレント・スタンディング!!その後、8名の学会員たちが思いのたけをぶちまけた!
2016.7.3

――今日はどのような方々が集まったんですか?
野口裕介氏(以下、野口・敬称略)「私たち3人でブログで学会員に呼びかけを行いました。昨年の安保法の可決から、公明党に対して疑問を抱いている方。またその大元が創価学会本部の“狂い”に原因があるんじゃないかと憂えている方々が集まりました」
「私たちは、安保法は池田名誉会長の思想に反しているということで声を上げている。あの法案は、名誉会長であれば絶対了承はされないだろうと私たちは確信しています」―。

 7月3日、東京都新宿区にある創価学会本部前で、安保関連法に反対する学会員たちが、サイレント・スタンディングを行なった。集まった学会員は総勢35名。学会員たちは、「安保推進の公明党を支援することは創価三代に違背している!」「安保法制を容認し師匠に敵対する執行部は退陣せよ!」「安保法制に反対の声を上げる会員を処分するな!」などと書いたプラカ―ドや横断幕を掲げ、昨年9月に自公による安保法案の強行採決を容認した公明党および創価学会執行部に抗議の意志をあらわした。

――反対の声を公然と上げるのは、勇気のいることだと思いますが?
野口「なかには村八分にされたり、役職を降ろされたり、会合に誘われなくなったり、様々な苦闘の中で、集ってくださった方々です。今選挙中ですので、学会内で安保賛成の話はしていいんだけど、反対の話はしちゃいけない。発言を制されている状況です
――公明党が安保法案に賛成したことに、反対の思いを持っている方は、学会の中でどれくらいおられますか?
野口「きっと声には出さなくても、多いと思います。直接反対の声を出さなくても、何かおかしいんじゃないか?と疑問に思ってらっしゃる方は、見えないところでたくさんいらっしゃると思います」

――公明党や創価学会の上層部は、こういった反対の声に耳を傾けようという姿勢はありますか?
野口「まったくないと思います。私たちは、安保法は池田名誉会長の思想に反しているということで声を上げているんですね。あの安保法は、名誉会長であれば絶対了承はされないだろうと私たちは確信しています。今、名誉会長が表に出られないことをいいことに、執行部が思いのままに組織を運営してしまっています。師匠に対してのこうした裏切りに、私たちは怒りを持っています
――参院選では公明党に投票するかどうか、迷っておられますか?
野口「正直言えば、公明党とは書けないですね。NOはNOと言わないと、公明党のためにもなりませんし。先生も公明党がおかしくなったら、応援しなくていいとおっしゃっています。創価学会員は公明党を応援するために、存在するんじゃないとおっしゃっている。
本来は公明党が力を付けて、(学会の力を借りずに)社会で信頼を得て、自力で当選するようになってほしいというのが名誉会長のお考えなんですね。そこまでおっしゃてるんです。だから、今でも公明党が学会に甘えているということ自体が、あり得ないことなんですね」




COMMENT

こんにちは。

こんにちは。
いつも重要な情報をありがとうございます。

先日、「さゆふらっとまうんど」さんという方の
不正選挙追求(前編・後編・6月23日アップ)の
YouTube動画を見まして(長いですが…)、
盲点を突いた、鋭い分析だと感心したことでした。

選挙がほぼ建前であることは漠然と私たち一般人が
感じていることです。
昨今、不正選挙が行なわれている…と
多くの人が訴えているのは、
長年の建前選挙に対する一般人私たちの悲鳴にも感じます。

不透明なムサシ開票機器の指摘や
投票用紙改竄等の話題、
あちこちから聞こえてきます。

体制側の怪しい行動の報告は、それでも推測の域を出ず、
実は、それさえも目逸らしに
利用されているのではないのだろうか、と。

偽選挙の本丸は、総務省という見方。
さゆふらっと…さんが指摘されています。


つまり…
選挙も建前。民主主義も当然ながら建前。
ショーウィンドウであること、その輪郭を
見破り認識しなくてはいけないな、と感じています。




Re: こんにちは。

> こんにちは。
> いつも重要な情報をありがとうございます。
>
> 先日、「さゆふらっとまうんど」さんという方の
> 不正選挙追求(前編・後編・6月23日アップ)の
> YouTube動画を見まして(長いですが…)、
> 盲点を突いた、鋭い分析だと感心したことでした。
>
> 選挙がほぼ建前であることは漠然と私たち一般人が
> 感じていることです。
> 昨今、不正選挙が行なわれている…と
> 多くの人が訴えているのは、
> 長年の建前選挙に対する一般人私たちの悲鳴にも感じます。
>
> 不透明なムサシ開票機器の指摘や
> 投票用紙改竄等の話題、
> あちこちから聞こえてきます。
>
> 体制側の怪しい行動の報告は、それでも推測の域を出ず、
> 実は、それさえも目逸らしに
> 利用されているのではないのだろうか、と。
>
> 偽選挙の本丸は、総務省という見方。
> さゆふらっと…さんが指摘されています。
>
>
> つまり…
> 選挙も建前。民主主義も当然ながら建前。
> ショーウィンドウであること、その輪郭を
> 見破り認識しなくてはいけないな、と感じています。



こんばんは。コメントありがとうございます。

さゆふらっとまうんど氏は、真面目に不正選挙の問題に取り組んでいると思いますよ。
与野党対立が嘘であることまでは理解していないようですが、
官僚、自治体、裁判所もグルになって(国家ぐるみで)不正選挙に「協力」していることは、理解しているんじゃないですか。
総務省は本丸ではないと思いますが、当然この詐欺集団の一味であることは間違いないでしょう。

なにせ国家ぐるみ、いや国際的詐欺なんですから。

彼が○○氏を批判している気持ちも、十分分かりますよ。
ロスチャの駒に過ぎないロックフェを黒幕だと誤誘導している人物なのですから。

この世界の裏に気づき出した「初心者」ならば騙せても、
ちょっと理解能力のある人間なら、明らかなミスリードであることはミエミエです。

私は何回も書いていますが、
ヒラリーが悪玉で、トランプは善玉であるといった明らかなミスリードをしていることからも、
彼の正体が何であるかを物語っているでしょう。

かといって、今まで不正選挙及びムサシを先頭に立って糾弾してきた彼を、
全否定するつもりはないのです。
彼が今までやってきた行動は、評価するべきでしょう。
少なくとも自分では全く声も上げずに、ネットで情報だけを集めて、
安全な場所に隠れているような人間には、彼を批判する資格はないでしょう。
話がそれてしまいましたね(笑)

ひとことおおいさんが、今回不正選挙に関して声を上げてくれたことは、
必ずや近い将来大きな声となって、この国を良い方に動かすと、私は思っています。
不正社会を嘆いているばかりじゃ、「明るい未来」はやってきませんからね。

何度もすみません。

お返事ありがとうございました。

選挙に対してもともと不正の臭いがしていましたが、
「ムサシ」という企業が段々明るみに出て
今回、さゆ氏の動画を見て
本丸は総務省と書いたのですが、
もちろん、最奥院は国際金融家・貴族。

*さゆ氏の
不正選挙追求(前編・後編・6月23日アップ)の
動画12分30秒前後の分析が
最重要項のひとつだと思います。
(不正選挙の流布を受けて
マスゴミへの信頼回復のため、
陰謀説攪乱の小出しのニュース)


*2014年7月時点で(ロイ他ー)の記事
統括マスゴミンによるとムサシの開票集計機器の普及率は
50%だと書かれていました。


*「紙幣の不思議2」というブログで書いておられた、
7月9日の不正選挙についての記事も参考になりました。

ムサシの機械もひとつの目くらましではないのか、と。
このブログさんで紹介されている動画の機器に、
注目したいところです。



ともかく、本当は
集計プログラムに導入されている機材を全部
国民に知らせるのが、本来、筋ではないでしょうか。


できれば、開票は終了した時、
即、その場で地元住民と政党の人間とによって
(この話はブログ・ベルベットモーニングさんの
ご意見を参考)、
集計し、その各地域の数字を全国で
即・共有するという流れが必要だと思います。

とにかく、投票所のその場で、投票時間終了時点で、
即刻、開票が必要ではないでしょうか。

〜投票ほやほや〜。

スピードを重視する時代に、開票方法が
むしろ不便で不透明にしていることが、
暗に改竄を立証していますね。

まったく大衆側が主権を持っていないことの
証明でもあります。



少しは、ましな社会になって欲しい…程度の期待で
何人かの方のブログの分析を参考にさせて頂きました。

それでも国家・政治は
支配者層・利益追求者のためのものであることに
変わりはありません。


お邪魔致しました。


Re: 何度もすみません。

ひとことおおいさん

こんにちは。
コメントありがとうございました。



>
> *2014年7月時点で(ロイ他ー)の記事
> 統括マスゴミンによるとムサシの開票集計機器の普及率は
> 50%だと書かれていました。
>

この記事ですよね。
http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20140709_03120140709
現在の普及率は、投票用紙交付機や計数機などは実質的に100%に近い水準に達しているものと推測される。一方、読取分類機のなかでも大型の機種はまだ50%程度というのが同社による分析だ。


ムサシの「分析」はもちろんですが、ロイターも当然「彼ら」の配下の企業ですから、
そのまま鵜呑みにするのは危険だと思います。

ただ「全ての選挙機械を取り仕切っている」という文章は間違っているようですので、
「全ての」を「大半の」に修正しました。
間違いに気づかせていただき、ありがとうございました。

(参考)
http://kabutan.jp/news/?b=n201607070343
国政選挙と同社の選挙システム機材部門の売上高の相関性は、今後も継続すると弊社では考えている。理由はいろいろあるが、特に重要な点は、同社の選挙機材の中でも高額製品である読取分類機は、省力化に大きく貢献する機械ということだ。選挙実施費用の中の最大の費目は人件費だ。機器の価格は一見すると高価だが、複数回の選挙を実施する過程で人件費の節減効果が着実に産み出せる点が評価されているからこそ、ここまで普及したと弊社では考えている。この分野で80%以上のシェアを有し、また「開く投票用紙」や投票用紙交付機、計数機、投票箱などのほか、様々な告知啓発用品など周辺機材をワンストップで提供できる同社は、今後も選挙関連市場の需要を着実に取り込んでいけるものと弊社では考えている。


他ブログの記事や動画については私の関知するところではないので、
直接そちらのブログにコメントされてはいかがでしょうか。

すみませんでしたm(_ _)m

どうもすみませんでした。
余分なことを書きまして…。m(_ _)m


立ち入った内容をコメントに書いたこと
ご容赦ください。

ではでは。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。