日本では憲法改正の国民投票が通ってしまえば、すぐにでも緊急事態条項が発令され自由は終焉を迎える。 - 9.11他やらせテロ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

日本では憲法改正の国民投票が通ってしまえば、すぐにでも緊急事態条項が発令され自由は終焉を迎える。

「偽旗テロ⇒緊急事態宣言⇒緊急事態条項発令⇒FEMA発令?」



いつまで「同じこと」を繰り返すのだろうか?
偽旗以外のテロなど存在しているのだろうか?

またもやイスラム国(本当はイスラエル国)が関与しているらしい・・・
そしてアメリカでは緊急事態宣言が発令されたとのことだ・・・
同性愛者には寛容なようだが
人種によるプロファイリングの必要性を説く米大統領候補者の変な思考に従って
属国では何の罪もないイスラム教徒の監視を容認するとのことだ・・・

自ら作った「緊急事態」で、自ら「緊急事態宣言」を発令し、
自ら作った「緊急事態条項」へと持っていくつもりか・・・
そしてついにFEMAが発令されるのか・・・
いつまでも騙され続ける大衆、気づいた時はもう手遅れ?
ある意味、今が本当の緊急事態なのかも・・・




http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i11488
トルコ・イスタンブールの国際空港で爆弾テロ、数十名が死傷
2016年06月29日15時55分
トルコ・イスタンブールの国際空港で3回の爆発があり、数十名が死傷しました。
28日火曜夜、イスタンブールのアタチュルク国際空港の国際線ターミナルで、3人のテロリストが自爆テロを行いました。
これにより、これまでに少なくとも36人が死亡、150人が負傷しています。
これまでのところ、犯行声明は出ていませんが、トルコの警察は、テロ組織ISISが関与している可能性があるとしています。




http://parstoday.com/ja/news/world-i11578
アメリカのすべての空港で、緊急事態宣言が発令
2016年06月30日16時55分
NBCニュースが29日水曜に伝えたところによりますと、アメリカがトルコ・イスタンブールの空港における爆弾テロへのISISの関与を確実視することで、アメリカの政府関係者は、同国の空港における保安上の措置を拡大しています。
アメリカの治安部隊や特殊部隊も、ニューヨークのケネディ国際空港やラガーディア空港、アトランタ国際空港に配備されています。
CIAのブレナン長官はアメリカでイスタンブールのような事件が起こる可能性について、警告を発しています。
アメリカ当局はISISがシリアやイラクの戦場で敗退したあと、アメリカ国内でテロ攻撃を行うことを懸念しています。




http://parstoday.com/ja/news/japan-i11620
日本最高裁、警察当局のイスラム教徒に対する監視を容認
2016年06月30日20時50分
日本の最高裁判所が、日本のイスラム教徒に対する公安の監視を容認しました。
プレスTVによりますと、日本のイスラム教徒は、警察当局による監視は違憲であり、信教の自由やプライバシーへの侵害だと訴えていますが、日本の最高裁判所は、控訴審でも原告の訴えを退け、監視を容認しました。
少し前には、日本の警察が、数年前から、日本に住むイスラム教徒を監視していたことを示す証拠が明らかになりました。
この資料によりますと、東京にあるイスラム組織、ハラール食品のレストラン、イスラム教徒のモスクが、しばらく前から監視下に置かれていました。
日本に住む17人のイスラム教徒が、プライバシーを侵害されたとして、東京都に損害賠償を求める訴えを起こしました。
原告の一人、20年前にイスラム教徒になった原告のひとりは、「我々は、何も間違ったことはしていないのに、テロ容疑者の嫌疑をかけられた」と語っています。
日本の最高裁判所は、5月31日、イスラム教徒側の上告を退ける決定を下し、東京都に9000万円の賠償を命じました。
これ以前に、最高裁は、イスラム教徒を監視し、国際的なテロ対策に必要な措置として彼らを取り調べる許可を出していましたが、最高裁は、この問題については判決を下しませんでした。
原告側の弁護士のひとりは、「この問題は憲法には関係がないと言われた。我々は、なぜ関係ないのかを理解しようとしている」と語りました。
アメリカ国家安全保障局元職員のスノーデン氏は、東京で開かれた監視社会をテーマにしたシンポジウムで、「イスラム教徒は犯罪を行っていない、あるいはそれに関与していなくても、誰よりも諜報活動の対象になりやすい。それも、国民が恐れているからという理由による」と語りました。




https://www.hrw.org/ja/news/2015/11/24/284043
2015年 11月 24日
フランス:非常事態権限による人権抑圧の恐れ
議会は新たな権限の濫用防止に動くべき


(パリ) フランス政府は、今回拡大された国家非常事態法によって付与された新たな権限を、人権抑圧を引き起こさないよう、極力抑制的に用いるべきだと、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。同法は1955年の法律で政府に認められた非常事態時の権限を拡大するものだ。また国家非常事態を、国家承認なしで政府が非常事態宣言を実施できる12日の期限が終わる2015年11月26日から3ヶ月延長する。

拡大された非常事態権限は政府に対し、裁判官の承認なしの自宅軟禁措置、令状なしの家宅捜索で発見したコンピュータの押収、裁判所の事前承認なしでのテロリズムを称えるとおぼしきウェブサイトの遮断を認めている。こうした権限は、人身の自由と安全、移動の自由、プライバシー、結社と表現の自由の権利に干渉すると、ヒューマン・ライツ・ウォッチは指摘した。
「フランス政府は人びとの安全を確保し、おぞましい襲撃事件の実行者を裁判にかけるべきだが、人びとの自由と権利を保護し、いかなる部分も差別しない義務もまた有している」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチの西ヨーロッパ調査員イザ・レグタスは指摘する。「議会は、政府にゆだねた広範な権限が可能な限り控えめかつ短期間だけ用いられるようにすべきだ。」
議会は、1955年の国家非常事態法を改正、拡大する新法を11月20日に圧倒的多数の賛成で、短期間のうちに可決した。





(IWJ)さん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/297977
2016/04/19 憲法に緊急事態条項なんて必要ない「さぁ、安倍政治を終らせよう」4.19院内集会(動画)




http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279522
【実況ツイ録】ナチスの手口「緊急事態条項」は独裁者が喉から手が出るほど欲しがる「切り札(ジョーカー)」! 参院選までわずか!「ロックの会〜IWJ Night」で梓澤、澤藤両弁護士が警鐘 2015.12.9
澤藤統一郎弁護士「私が話したいのは『国家緊急権規定』について。これは立憲主義崩壊へのレッドカード。大江志乃夫さんの『戒厳令』を愛読していますが、戒厳令は『トランプで言うとジョーカー』と書かれている。ジョーカー一枚がすべての秩序を崩壊させる『切り札』ということです。
 戒厳令は憲法秩序のシステム崩壊のジョーカー。戒厳に限らず、国家緊急権もそういう役割を持っています。個人の尊厳にもっとも敵対する敵は『強大な国家権力』です。権力は、強い権力を持ちたいという衝動を持っている。その最大の武器が国家緊急権です。
 非常時に憲法の例外体系を作ろうというのが国家緊急権規定ですが、明治憲法下ではどうだったか。大日本帝国憲法では手厚く国家に緊急権を与えていた。まずは『戒厳大権』。
 『天皇は戒厳を宣告す。戒厳の要件および効力は法律をもってこれを定む』――。
 『戒厳令』という勅令が、そのまま法律になるわけです。『非常大権』というものもある。明治憲法でも臣民は権利を持っていた。しかし非常時には、『天皇大権の執行を妨ぐることなし』。つまり、国家の非常時は別で、主権者・天皇は臣民の権利を制限してもよいということ。
 そして『緊急勅令』。緊急事態には、天皇は法律と同じ効力を持つ勅令を出すことができた。『緊急財政処分』では、法律を作るだけでなく、予算を措置する権限も与えられています。この4つが明治憲法の国家緊急権と言われる規定で、大変、便利この上ないでしょう。
 その上をいくのがナチスの『授権法』『全権委任法』。33年の3月23日に成立。時限立法でしたが、結局33年から45年の5月まで続いたわけです。
一度握ったものは離さない。この法律で国会は機能停止。代わりに政府が法律を作ることができることになるんです。
 予算措置もでき、条約も結べる。『憲法に反しても構わない』とまで。これでワイマール共和国は息の根を止められた。この法律があった11年間で政府が作った法律は985件。国会が作った法律は8件だけ。立法権が乗っ取られ、議会制民主主義が完全に死滅しました。
 日本国憲法はこういう条項を持っていません。つまり、基本的人権尊重タイプの憲法の行き着く理想形として憲法ができた。しかし、自民党改憲草案『緊急事態条項』は、『全権委任法』によく似ている。緊急事態には、国会の過半数があればなんでも作れるんです。
 緊急事態宣言の効果として、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができ、総理は財政上、必要な支出の措置をすることができる。つまり、大日本帝国のものと、ナチスの全権委任法の2つを組み合わせたような内容。絶対に作らせてはいけません。
 安倍政権は、喉から手が出るほど『緊急事態条項』が欲しいんだと思います。『あったらいいな、ナチス授権法』。これは流行語になるといいなと思います。また、緊急事態宣言が発せられると、政府は国民に対して、命令できると明瞭に書き込んであるわけです。
 非常に怖いことです。空襲の時に逃げてはいかん、消火に当たれ、というような法律を作るわけですね。1945年3月10日、10万人の人が焼け死んだうち、非常に多くの人が『空襲法』に縛られて亡くなったと言われていますが、そういう法律を作りたいんです」
 続いて梓澤和幸弁護士。
梓澤弁護士(以下、梓澤・敬称略)「私が付け加えたいのは、『武力攻撃事態法』がすでにありますが、ここに公の機関として、みなさんが大嫌いな東京電力、NHK入ります。指定公共機関、各民間放送。例えば、原発事故があったら東電はどうします? 『秘密は絶対に出すな』となります。
 3.11で実際にそうでした。福島では300マイクロシーベルトの地点で、誰にも線量が知らされないまま、おにぎりが配られていた。避難したフランス人アナウンサーがNHKから解雇されたが、フランス大使館とアメリカ大使館の関係者はヨウ素剤を飲んでいたですね。
 非常時に、そんな指定公共機関の言うことを聞かなきゃいけないということになるということです。続いて、戦前の戒厳が敷かれた時の事例をお話します。緊急事態宣言とは、行政、または軍に権力を集中し、他の一切の立法、司法を動かさなくするものです。
 となると、今の憲法の原則…例えば逮捕令状がなければ逮捕できない、というようなこともなくなり、警察が自分たちの規則だけで逮捕ということもできるようになる。もう一つ考えなければいけないのは、自民改憲案の9条の『国防軍審判所』というものです。
 国防軍審判所とは、軍人が職務の遂行上犯した犯罪を処罰する、いわゆる軍法会議の規定です。何を想定しているかというと、改憲案9条の『治安行動』です。国防軍がデモ隊を鎮圧する際、不当な逮捕や殺害がなかったかを軍法会議で検討するんです。
 その事例があります。関東大震災です。知られていませんが、関東大震災で民衆が激昂し、朝鮮人を追いかけて殺したと物語られているが、実はそうじゃない。先頭に立ったのは、戒厳令下に敷かれていた軍。軍が最初に中国人、朝鮮人を銃剣で刺殺したんです。
 それは全部、軍法会議がありながら、裁判はまったく行われず、軍隊は『朝鮮人と中国人がかかってきたから刺殺したんだ』と言った。また、軍隊の流した情報で、民衆は朝鮮人が襲ってくると信じこまされて、それで朝鮮人を殺したんだということもあります。
 今度、非常事態宣言下で色んな反戦活動家、反政府の活動家に対する弾圧があったとして、それに抵抗すれば、そこに出てくる武装部隊がやったことは、すべて軍隊側の軍法会議だけで審査されることになる。もう国会デモはおろか、自由は制限されることになります。
 石破さんが『命令を聞かない軍人がいたら、死刑、無期または懲役300年にするのが軍隊というもの』と言っていた。もしデモ隊の前に銃剣を持って軍が並んで、『それいけー!』の時に、『俺はデモ隊を刺殺したくない』と言えば、死刑や懲役300年になるんです。

 1937年という年を、是非ご記憶ください。その年は何だったか。2つの本を持ってきましたが、一冊は石川達三の『生きている兵隊』。石川は芥川賞第一回の受賞者なんですが、南京大虐殺の直後に南京に入り、兵隊たちがどんなにひどいことをやったかを書いた。
 同年1937年9月に矢内原忠雄さんが『真実と戦争』という論文、エッセイを書き、それがきっかけで東大から追われることに。その後、中央公論は発禁になっています。矢内原が書いた1937年の11月号の中央公論も発禁。そして会社自体が潰されました」
岩上安身(以下、岩上)「ちょっとこれまさか、今2015年と重なるって、IWJが廃業とか、そういう話と重なるということですか?」
梓澤「中央公論の場合は、自主廃業を迫られた。私はIWJが自己破産しないことを心から祈っております」
岩上「自主廃業からなぜ自主破産の話に…(笑)」
梓澤「ひとつ強調しておきたいのは、当時あれだけ厳しい状況のなかで、書く人たちは命がけでやっていた。やがて潰されることも覚悟で、命がけでやった。今違うのは、マスコミ統制の動きがあり、メディアはものすごい空気を読む。この空気をぶち破る人間が必要です」
 続いて行われたクロストークでは、社民党・福島みずほ参議院議員、東大東洋文化研究所・安冨歩教授、日体大・清水雅彦教授、明日の自由を守る若手弁護士の会・武井由起子弁護士が登壇した。
福島議員(以下、福島・敬称略)「緊急事態条項は、参議院の憲法審査会で一度議論したことがある。『集団的自衛権行使は合憲だ』という西修さんが参考人として呼ばれたので、彼に聞きました。緊急事態条項がないことで、東日本大震災で困ったことがあるか? 答えは『ない』、というものでした。
 だから緊急事態条項なんていらないんですよ。自民党の日本国憲法改憲草案は『説教垂れ垂れ憲法』。これは憲法じゃない。権力を縛るものでなく、国民に憲法尊重擁護義務を規定している。内閣だけで法律と同じ効力を持つ政令を作れたら、国会なんていらないですよ」
安冨教授(以下、安冨・敬称略)「軍が朝鮮人虐殺にそこまで関与し、それが軍法会議に結びついていたこと、迂闊にもちゃんと知りませんでした。本当に重大な問題。あのハチャメチャな自民党憲法はすごい悪意に基づいて、よく考えられているんだなということを改めて思いました。多分、安倍さんも日本会議の人たちも、戦争をしたくない、平和を守りたいとか思っているんだとは思うんですよ」
福島「いや、安倍総理は戦死者を出そうとしているのでは」
安冨「ちょっとぐらいの戦争したいんだと思うが、全面戦争はしたくないと思う。例えばイギリス帝国。イギリス中央政府は大きな騒動を起こすのは反対していたが、出先の植民地機関とかが次々占領しちゃって、『しょうがないな…』と言いながら、世界帝国になった。一回転がり出すと、どこまで転がっていくかわからないんです」
清水教授「自民党の発想は、国民より国家を優先する発想で、緊急事態においては、国民の人権を制限しますし、日本国憲法の前文は『日本国民は』から始まっているのに対し、自民党の改憲案は『日本国は』から始まっています。天皇を元首にしていくわけです。
 例えば、秘密保護法の議論の時、自民党の町村信孝さん(故人)が『国民のプライバシー権、知る権利より国家の安全が大事だ』と言い切ったのは、自民党の改憲案の発想なんです。全面的に国家を優先するのが自民党の考え方。来年の参院選では、自公の議席を減らすのが大事です」
武井弁護士「皆さん、改憲は段階的にくると思っていますか? でも、緊急事態条項を一発やられたら、もう終わり。今度の選挙は最後のチャンスだと思っています。民主党と維新だけくっつけばいいなんて、そんなんじゃ絶対勝てません。
 次の参院選は、自由主義下で行われる最後の選挙だと思っています。ぜひ、みなさん、興味関心を持っていただいて、とにかく選挙で勝たないと話が始まらないので、ぜひ、よろしくお願いします」




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1165.html
緊急事態宣言さえ出してしまえば、何人も国の指示に従わなければならないということになる
「問答無用のファシズム国家、そして、日本版FEMA発動となってしまうのか・・・」






(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2016/06/00013924
【日本会議の研究】 「一群の人々」が憲法改正を推進する危うさ
2016年6月30日 14:35
日本会議を生んだ「生長の家」は代替わりし、先日、自民党を支持しない旨の声明を発表したことで話題になった。だが、日本会議にとっては痛くも痒くもなかったに違いない。
 日本会議の中心を占める人々は、初代教祖の書いたものだけを信じる原理主義者だからだ。
 稲田朋美・自民党政調会長が、祖母から受け継いだ谷口雅春の『生命の実相』をぼろぼろになるまで読み込んだ、という写真が掲載されたページは、読む人を驚愕させる。この人も信者が政治家になったのだ。
 日本会議が改憲発議のための重要な選挙であると位置づけた参議院選挙はすでに始まってしまった。日本会議が強調する「すみやかな憲法改正発議の実現を!」が本当の参院選の焦点なのだろう。
 イギリスのEU離脱国民投票は猶予期間も地域の独立もあるだろう。だが、日本では憲法改正の国民投票が通ってしまえば、すぐにでも緊急事態条項が発令され自由は終焉を迎える。





こんな変なことを宣うオバハンにご注意を!
http://www.j-cast.com/2016/04/26265361.html





(櫻井ジャーナル)さん
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201606300001/
2016.06.30
オーランドのクラブ襲撃でSWATが突入するまで誰も死んでいないとするFBI文書が現れ、謎深まる

6月12日にフロリダ州オーランドにあるナイトクラブ「パルス」が襲われ、50名以上が殺されて53名が負傷したとされる事件は最初から奇妙な情報が流れていた。死体はどこだという疑問、現場の状況から考えてオマール・マティーンが単独で行うことは無理だという指摘、襲撃者は4人だという証言、マティーンは2013年には10カ月にわたってFBIから監視されていたとするジェームズ・コミーFBI長官の発言などだが、ここにきて出て来たのは、5時13分に警察のSWATが突入するまで誰も死んでいないという情報。FBIの文書に基づき、アンドリュー・ナポィターノ元ニュージャージー州高裁判事がFOXニュースでそう語っている。

5時15分に容疑者は倒れたと報告されているので、2分間で50名以上を射殺、53名を負傷させたことになる。SWATの銃撃で客が殺された可能性もあるが、それにしても、そうしたことが可能だろうか?





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
FEMAが殺しにやって来る!?
「いよいよFEMAがやってくる、ロシア人によるアメリカ人の強制収容所送りか!?」




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-841.html
FEMAを告発した映画「GRAY STATE」の監督と奥さんと娘さんが、自宅で死体で発見されたようです!
「偽旗テロ、八百長戦争、人工地震→FEMA発動へのシナリオ?!」









COMMENT

NoTitle

国民投票はムサシの機械が使われるのでしょうか?イギリスの「EU離脱の賛否を問う選挙」のように時間がかかっても、すべて手作業で、かつ監視カメラ付きで、選挙を行なってほしいですよね。

Re: NoTitle

> 国民投票はムサシの機械が使われるのでしょうか?イギリスの「EU離脱の賛否を問う選挙」のように時間がかかっても、すべて手作業で、かつ監視カメラ付きで、選挙を行なってほしいですよね。

そうですね、この不正国家においては国民投票といっても不正企業のムサシの機械が使われるだけですから、
結果は始めから分かってますよね。
ムサシに限らず今まで選挙に関わってきた全ての組織・団体を排除して、地域住民が手分けして、当然手作業で、
開票結果を導きださなければなりませんね。
そこまで地域住民が動き出したら、「彼ら」も今までのように好き勝手に不正をすることはできないでしょうね。
完璧なイルミ国家であるイギリスでもできたのなら、日本でできないことはないでしょう・・・、と思いたいです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。