トランプがエスカレーターを下るシーンも同じであるだけでなく、トランプが右手を上げ、次に左手の親指を立てるところまで同じなのである - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

トランプがエスカレーターを下るシーンも同じであるだけでなく、トランプが右手を上げ、次に左手の親指を立てるところまで同じなのである

「アメリカ大統領選挙=魔女と野獣の猿芝居②」



勝手いいます独り言日記さんからの情報だが、以前私が書いたように、改めてアメリカ大統領選挙というものが猿芝居だということが証明されている動画を紹介する。

トランプに関するシンプソンズのアニメは以前記事にしたが、その時はトランプやヒラリーが過去のシンプソンズのアニメに登場している程度の認識しかなく、ここまで細かい“演技指導”がされていたということまでは理解していなかった。
2000年のアニメだが、トランプの服装(背広やネクタイの色)も、ヒラリーの服装(紫色の服やネックレス)も、「2015年の現実世界」と全く同じなのである・・・
さらに、トランプがエスカレーターを下るシーンも同じであるだけでなく、トランプが右手を上げ、次に左手の親指を立てるところまで同じなのである・・・
さらには、女性がポスターを落とすところも同じなのである・・・
さらにさらには、後方にセキュリティーの男性が二人いるところまで同じなのだ・・・


「偶然」でしょうか?

この事実から言えることは、「シンプソンズのアニメ制作者とトランプ及びヒラリーを操っている勢力(=「彼ら」)が同じである」ということだ。
トランプとヒラリーは、「彼ら」に服装の色や、手の上げ方及び順番までの細かい演出までも命じられている、「完全なパペット」であることの証明である。

名前は出しませんが、「トランプはユダ金と対決している善なる人物だ」などとほざいている、某有名陰謀論者さんに言いたい。

あなたはこの事実を知っても、相変わらず従来の主張を繰り返すつもりですか?
これでもその主張を変えないのであれば、あなたが物事を理解する能力のない救いようのないバカであるか、「彼ら」の配下の工作員のいずれかであるということが証明されたということになってしまいますよ!












http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1492.html
「名俳優」トランプ
「アメリカ大統領選挙=魔女と野獣の猿芝居」


アメリカ大統領選挙という猿芝居も、宴たけなわである。
「美女と野獣」ではなく「魔女(ヒラリー)と野獣(トランプ)」が争っている演出がマスゴミを通して連日垂れ流され、アメリカには「大統領を選ぶ民主主義」が存在しているという「幻想」が、“幸せな大衆”の間では広まっているようである。
もちろん、この「幻想」は、あくまでも「幻想」に過ぎない。
アメリカに「大統領を選ぶ民主主義」など存在していないことは、言うまでもないことである。
「彼ら」によって完全に支配された国家に民主主義なるものがあると思うこと自体が、どうかしているのである。
アメリカ大統領選挙なんてものは、初めから結果が用意された猿芝居に過ぎない。
そもそも「彼ら」の支配下でない人物は、このストーリーの配役になることさえできないのだ。
役者は監督(=「彼ら」)に命じられるまま、自らが与えられた配役をこなすだけである。
大統領に当選する役を与えられた者は、大統領就任後も監督の「演技指導」に終生従うまでである。
役者の分際でまかり間違って配役以上の行動をとるようならば、間違いなく「死人役」を与えられることになるのである。






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1437.html
在任中のトランプの“大統領ぶり”を見ることはできないのだが、物語ではとにかく酷い前大統領として描かれている
「この嘘世界で発生しているあらゆる事象は、事前に計画されたものである」


イスラム国台頭、トランプ登場、911、東北震災・・・
これらに限らずこの世界で発生しているあらゆる事象は、事前に計画されたものである、
ということです。
これらを事前予告していた人物・アニメ等は、何も予言者でもなんでもありません。
単に、事前に「計画」を知っていただけのことです。
「計画」を「事前予告」する「業務」を担っていただけのことです。
「世界最大・最悪の愉快犯」に雇われて・・・





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1312.html
「9.11」の「公式ストーリー」を肯定している人間が、「彼ら」と敵対しているはずがないでしょう
「ドナルド・トランプの正体を探る」














COMMENT

NoTitle

陰謀論者で名声と富を得ているものは、
一人の例外なく「彼ら」のプロパガンダでしょうね。

日本でも

こんばんは

リンクありがとうございます。

日本でも、やんわり予告は良くありますね。

10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していると明らかに
http://buzzap.jp/news/20150620-2015-japan-class-of-empress

NoTitle

なんかショックな記事ですね。フェイスブックでシェアします。

Re: NoTitle

> 陰謀論者で名声と富を得ているものは、
> 一人の例外なく「彼ら」のプロパガンダでしょうね。

コメントありがとうございます。

そうでしょうね。
陰謀論者の本が書店で堂々と積まれているということは、その書物が「彼ら」に承認されたということであり、かつ、その陰謀論者の正体が「彼ら」の下請として真相を暴く”フリ”をしている工作員であることの証明でしょう。

Re: 日本でも

> こんばんは
>
> リンクありがとうございます。
>
> 日本でも、やんわり予告は良くありますね。
>
> 10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していると明らかに
> http://buzzap.jp/news/20150620-2015-japan-class-of-empress

こちらこそ、貴重な情報をありがとうございます。

この件は以前ネットで見ました。「女王の教室」も、ある意味、ネット予告、犯行声明の一種なのでしょうね。
なにせテレビが発する情報なのですから・・・

Re: NoTitle

> なんかショックな記事ですね。フェイスブックでシェアします。

ショックというか、呆れるばかりですね・・・
どんどん拡散してやって下さい。「真実」を。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。