RIP Muhammad Ali 「A Change Is Gonna Come 」Sam Cooke - サム・クック

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

RIP Muhammad Ali 「A Change Is Gonna Come 」Sam Cooke

6月3日、モハメド・アリが亡くなった。74歳だった。

http://www.asahi.com/articles/ASJ643CTKJ64UHBI00M.html

http://gigazine.net/news/20160604-muhammad-ali-passed-away/



モハメド・アリから連想するミュージシャンは、サム・クックである。

http://homepage3.nifty.com/cross-may/history1.htm
出会いのきっかけはサム・クックだった。
サムのDVD「LEGEND」で
彼がテレビのインタビューに応えてカシアス・クレイ(後のモハメド・アリ)
とおしゃべりをしたり一緒に歌を歌う場面がある。

アリといえば元世界ヘビー級チャンピオンで
ボクシング界では神様のような存在だが、
その時私の目に映ったアリはまだ若くやんちゃな感じで、
愛嬌のあるおしゃべり好きな青年という印象の方が強かった。
隣りにいるサムの表情はことのほかリラックスしており、
「イェ~ィ」と顔をほころばせながらお互いに見つめ合って歌う様子を見て、
兄弟のように仲がいいなと思ったのである。
私はこの場面がなぜかとても好きになった。

続いて1964年2月、マイアミでアリがソニー・リストンを破って
初めてプロの世界で王者に輝いた瞬間が映し出される。
リングの上に関係者が押し寄せ騒然とする中、
アリは興奮しながらマイクに向かって
俺は偉大だ!リストンなんか俺の敵じゃない!
世界最高の歌手、サム・クックをリングに!
」と熱狂的に呼びかけた。
すかさずやってきたサムは喜びを噛み締めながらアリの偉業を称えるのだが、
その光景は何とも凄まじく、二人の固い絆を感じずにはいられなかった。





以前紹介した「Mr.Soul サム・クック」にも、サムの葬儀に参列したモハメド・アリのことが書かれていた。


モハメド・アリは葬儀では記者たちに口を閉ざしていたものの、明らかに興奮していた。後日、彼はラジオに出演した時、怒りを込めて言った。「彼があんな風に殺されたのは気に喰わないね。捜査のやり方も気に喰わない。もしサム・クックがフランク・シナトラだったら、ビートルズだったら、あるいはリッキー・ネルソンだったら、FBIは捜査を続けて、今頃あの女(バーサ・フランクリン)は監獄行きになっているところだ」。



モハメド・アリを偲んで、サム・クックの「A Change Is Gonna Come 」をお届けします。
モハメド・アリとサム・クックの映像も出てきます。

















COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。