ジョー・ヘンリーとマドンナの意外な関係 JOE HENRY - フォークロック・シンガーソングライター・ネオアコ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

ジョー・ヘンリーとマドンナの意外な関係 JOE HENRY

「TINY VOICES」JOE HENRY



2004年のジョー・ヘンリーのアルバムである。
前回記事でマドンナのファンを皮肉った私だが、なんとジョーの奥さんは、マドンナの妹だそうだ・・・。
そしてジョーは、マドンナとの共作曲も出しているそうだ・・・。
私はこのことを全く知らなかった。まさにビックリポンである(笑)
ジョーの音楽作品を聴く限り、両者は正反対に位置する存在と思われるのだが。
ジョー・ヘンリーとマドンナの音楽性は、似ても似つかないとしか思えないのだが。
しかしまぁ恋愛と音楽の趣味は別物であるわけだし、こういった話もあり得るのだろう。
私個人の過去を振り返ってみても、いわゆる“音楽通”と思われる女子よりも、その反対に位置する音楽に疎い女性の方が、恋愛の対象になったりしたものである。
概して男というものはいい加減なもので、自分が音楽にうるさいことは横に置いておき、相手に対してはその正反対の、さほど音楽的知識を有していない純真無垢な女性を求めたりするものなのである。
こんなことを書くとプライドの高い女性から反感を買いそうだが、これが正直な思いでもある。
右も左も敵に回し、独立独歩を歩んでいる私だが(笑)、またもや“新たな敵”を作ってしまったかもしれない。いやはや、困った性分である(笑)
プライドの高い女性の方、すみません(笑)
悪気は有りませんので、許してやって下さい(笑)

余談はさておき、この作品、実に渋い!
ジャンルを飛び越えた音楽性、詩人としての才能、この両方を兼ね備えたミュージシャンは、そういるものではない。やはりこの男、只者ではない・・・。
そして、これはジョーに限らずほとんどの優れたミュージシャンに言えることだが、優れたミュージシャンのほとんどが、優れた音楽を聴いてきているものである。
ジョーの場合も同じことが言える。「ミュージシャンがミュージシャンを育てる」というが(私が勝手に言ってるだけかもしれないが(笑))、本当にその通りである。
ちなみにジョーは、自分の息子の名前をレイ・チャールズとザ・バンドのリーヴォン・ヘルムから採ったそうである
実に微笑ましい話である(笑)

曲ごとの解説は敢えてやめておきます。どの曲も素晴らしいとだけ、述べておきます。
歌詞対訳が記されている日本盤がお勧めです。歌詞を見ながら、じっくりと聴いてみてください。
前回は否定しましたが、マドンナのファンの方も、トライしてみてください(笑)
新しい世界が見えてくるかもしれませんヨ。














評点:90点



★記念日やプレゼント、ご褒美として【露天風呂付客室のある宿】










COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。