我々はそういう生き方には賛成できないと発言しなければダメですよ - 太田龍

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

我々はそういう生き方には賛成できないと発言しなければダメですよ

「嘘社会の中で真実を語る勇気ある人、太田龍氏の声を聴け!」



明日5月19日は、太田龍氏の命日である。
嘘社会の中で真実を語る人、太田龍氏の音声・動画をアップしておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=GZTpp7VvsW4

太田氏は、太田氏と同じく真実を語った人であった鬼塚英昭氏の「日本のいちばん醜い日」を紹介している。
この二人は、本当に数少ない「戦争が八百長であること」を告発した「真実を語る勇気あるジャーナリスト」であったのだ。
最近、ネット上で「原爆は空中起爆したのではなく、地上起爆であった。しかも、その原爆は日本製であった。エノラゲイが原爆を投下したというのは嘘八百であり、本当は日本が自ら作った原爆で日本国民を故意に殺したのだ。そしてその原爆地上起爆を実行した史上最大の売国奴は日本国内に存在しており、敵国であるはずの英国・米国と裏で繋がっていた。」という説が出回っている。
私は、この説のどこまでが真実であるかは、現時点では判断できない。
また、何故に今頃になってこの説が突然出て来たのかということに、不審さを感じる。
「こういったトップシークレットであるはずの情報を、何故に素人が入手することができたのだろうか」と、感じてしまう。
それも、オバマの広島訪問のニュースが流れる今の時期を狙っていたかのように・・・。
ひょっとしてこの情報を最初に得た人物は、何らかの形で裏勢力と繋がっているのではないのだろうか。
所謂、「9割の真実を伝えて、1割の嘘で騙す」という戦法だ。
だとしたら、その情報かく乱の目的が何であるのかが、気になる。

この情報の真偽はさておき、ただ許すことが出来ないのは、太田氏や鬼塚氏のことを「原爆が空中起爆したという嘘を広めた人間だ」と、非難する人間である。
例え原爆の地上起爆が真実だったとしても、太田氏や鬼塚氏はその事実を隠していたのではない。
大多数の人間と同じく、あくまでも知らなかっただけである。
こういった原爆の地上起爆という情報をネットで最近知っただけなのにも拘わらず、さも昔から知っていたかのように訳知り顔で語り、たまたまその情報を入手していなかった太田氏や鬼塚氏のことを悪く言う輩を、私は許すことができない。
それまでは「戦争が八百長である」ことを、ほとんど語っていなかったくせに・・・

この情報の真偽は別として、ただ間違いなく言えることは、私がいつも言っているように「戦争が八百長である」という“絶対的事実”である。
この“絶対的事実”を、もっともっと多くの人が正しく理解し、声を出していかなければならない。
太田氏は語っています。

世界の権力を握っている人たちの正体をちゃんと見極めて、暴露するというか、だから発言しないとダメだよ、我々はそういう生き方には賛成できないと発言しなければダメですよ」と。





COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。