「The Art Of War」の意味は? - ケムトレイル・HAARP・気象操作・人工地震

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「The Art Of War」の意味は?

「311予告映画、『007ダイ・アナザー・デイ』」




前回に続き、さらなる「311予告映画」を記しておきます。
それは、『007ダイ・アナザー・デイ』です。
ウィキより。



『007 ダイ・アナザー・デイ』(ダブルオーセブン ダイ・アナザー・デイ、Die Another Day)は、リー・タマホリ監督のスパイアクション映画。2002年公開。
『007』シリーズ第20作。シリーズ40周年通算20作を記念して作られたダブルアニバーサリー作品である。ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じた最後の作品である。
本作でマドンナは、主題歌を作詞作曲し、オープニングタイトルでこれを歌い、本編にもフェンシングのインストラクター役でカメオ出演という、一人三役をこなしている。




イルミ歌手のマドンナが、主題歌を歌い、俳優としても出演している。



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239091
日本公開日、2003年3月8日
2を省くと、3・(3+8)=311

日本テレビ放映日、2007年9月14日
9月14日=9(8+1)・1・4(1+3)=81113(日本の国番号・113)




次に、こちらのサイトのこの映画の映像写真を見て欲しい。


(やりすぎ限界映画入門)さん
http://ameblo.jp/rocky-balboa-1976/entry-11587740357.html



HAARPのような光線が使用されている。

これは「日本をHAARP攻撃する」ということではないのか!

そしてハリー・ベリーとロザムント・パイクの女同士の格闘シーンで、ロザムント・パイクが持つ書物にナイフが刺さるシーンがあるが、この書物には「The Art Of War」と書かれている

「戦争は我々が作ったアートだ、つまり人工的な工作だ」という主張ではないのか!
さらには「311は人工的な工作による戦争だ」という主張ではないのか!


そしてそのシーンと同時に、日本刀らしきものが収容された刀掛けが倒れるシーンがあるのだ。
日本が舞台でないこのシーンに刀掛けがあること自体が不自然だし、日本の倒壊を示唆しているとしか思えない。
この映画の舞台は日本ではないのだが、寺の鐘や仏像なども映し出され、日本を示しているような演出がなされているのだ。
はっきりとは分からなかったが、「日本人」という台詞も後半に発せられた。


「311予告映画」としては、『ノウイング』、『世界侵略ロサンゼルス決戦』がネット上では有名だが、『オーメン666』、『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』、『007ダイ・アナザー・デイ』について記したのは、恐らく私だけだろう(少なくとも日本では)。
私は、「彼ら」に感謝してもらわなけなければならない。
この三つの「311予告映画」を、初めて指摘してやったのだから(笑)
「彼ら」は配下の脚本家・映画監督等にこういった“くだらない最低最悪の工作”を命令し、映画に組み入れたにも拘わらず、いつまでたっても誰にもその工作に気づいてもらええないため、自己の屈折した悪魔思想が満たされず、イライラしていたはずであるからだ。

これらの事実から我々が理解できることは、以下の通りである。

①「彼ら」がハリウッド及び映画産業を支配していること。
②「彼ら」が数字に異常な拘りを持っていること。
③「彼ら」が明らかなサイコであること。

日本政府は、これらの映画関係者に、これらの“疑惑”について説明を求めるべきである。
映画関係者が「偶然だ」と言うのなら、「何故にこれほど「偶然」が度々繰り返されるのか!」と、問いただすべきである!
そして「これらの“工作”の指示は、誰がどうやって指示したのか」という経過を追及するべきである!
この国の支配者が「彼ら」の傀儡のあやつり人形であることは百も承知である。
故に、このような正論を主張することが出来るわけがない、いや、するはずがないことは、十分理解してはいるが・・・
「問題の出所」を正さない限り、また同じことを繰り返されてしまうばかりである・・・






















COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。