不正選挙

「名俳優」トランプ

 ←「青い車」スピッツ →「Yolele 」「Maria Valencia」「Fa Fa Fa」Papa Wemba
「アメリカ大統領選挙=魔女と野獣の猿芝居」



まずは、こちらをどうぞ↓



アメリカ大統領選挙という猿芝居も、宴たけなわである。
「美女と野獣」ではなく「魔女(ヒラリー)と野獣(トランプ)」が争っている演出がマスゴミを通して連日垂れ流され、アメリカには「大統領を選ぶ民主主義」が存在しているという「幻想」が、“幸せな大衆”の間では広まっているようである。
もちろん、この「幻想」は、あくまでも「幻想」に過ぎない。
アメリカに「大統領を選ぶ民主主義」など存在していないことは、言うまでもないことである。
「彼ら」によって完全に支配された国家に民主主義なるものがあると思うこと自体が、どうかしているのである。
アメリカ大統領選挙なんてものは、初めから結果が用意された猿芝居に過ぎない。
そもそも「彼ら」の支配下でない人物は、このストーリーの配役になることさえできないのだ。
役者は監督(=「彼ら」)に命じられるまま、自らが与えられた配役をこなすだけである。
大統領に当選する役を与えられた者は、大統領就任後も監督の「演技指導」に終生従うまでである。
役者の分際でまかり間違って配役以上の行動をとるようならば、間違いなく「死人役」を与えられることになるのである。

ケネディーのように。

もちろん、属国であるこの島国の役者さんも同様ですよ。
考えてみれば、この役者たちも可哀想な存在なんですよ。
国民には嫌われ。「彼ら」には操られ。
操られている間は、それなりに地位と金銭を与えられて幸せなんでしょうが・・・。
憐れな人生ですね。
涙が出てきます。ホンマかいナ?
私はなんて優しいのでしょう(笑)

もう一度言います。
アメリカに民主主義なるものは、存在していません。
仮にアメリカに民主主義なるものが存在しているならば、モンサントのような極悪企業が何の罰則も受けずに存在しているはずがないでしょう。
「ネオコンや軍産複合体は悪だが、オバマは善だ」というような主張をする人を時々見かけるが、この事実を考えるだけで「アメリカには民主主義なるものが存在していない」ということが、証明されているのである。

オバマがモンサントを糾弾しましたか?
GMOに「NO」を唱えましたか?


トランプが「9.11はブッシュがやった」と語ったとのことで、一部ネットでは「トランプは反イルミナティの正義の味方である」といった主張をする人がいるようだが、「これまた「彼ら」のかく乱作戦である」と、私は断じる。
この記事に「ドナルド・トランプ氏は同時多発テロ当日に、当時の大統領であったジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させたことを明らかにし、これまで、陰謀説とされてきたブッシュとビン・ラーディン一族との関係を明らかにしたのである。」とあるように、トランプはあくまでもブッシュとビン・ラディンの関係のみを指摘しているのであり、アメリカ国家(その背後にあるイスラエル、そして「彼ら」)と9.11の関係には一言も触れていないのである。
「あくまでも9.11の主犯はビン・ラディン及びイスラムのテロリストであり、ブッシュが単独でテロリストを逃亡させた」と主張しているのである。
ブッシュなどは「彼ら」から見れば下っ端に過ぎず、いつでも切り捨て可能なコマの一つなのだ。
ブッシュとビン・ラディンの関係なんてものは、マイケル・ムーアの映画でも指摘されているように、余程にバカなアメリカ人でない限り、そんなことは皆知っている「既成事実」なのである。
そんな「既成事実」に気づいていないのは、世界最大の情報隠蔽国家に生息している洗脳シープルぐらいのものなのだ。
そういった一部の「既成事実」のみを語ったトランプを「正義の味方」などと思うということは、「彼ら」の術中に嵌ることであり、それこそ「トランプでババを引く」ようなものなのです(座布団3枚)(笑)

もう一度言います。
トランプは、決して「9.11の真相」に迫るなんてことはしません。
もちろん本当に「9.11の真相」に迫るなどしたならば、自分の命が消されることは、トランプ自身が一番よく知っているのである。
トランプはトンデモのように映るが、これも演技指導に従っているに過ぎないのだ。
トンデモ役者のように思わせておいて、しっかりと与えられた役をこなし、出すぎた真似は決してしない「名俳優」であるのだ!


まぁどちらの役者が当選するシナリオになっているのか私は知らないが、シンプソンズの漫画ではトランプが大統領になっていたようなので、恐らくトランプ大統領が成立するのではないのだろうか。
ヒトラーと同様に独裁者の役を与えられたこの野獣が大統領になることで、属国であるこの島国がさらなる被害を被ることは、免れないでしょうナ・・・。

魔女(ヒラリー)に関するデヴィッド・アイクの過去記事(一部)と、野獣(トランプ)に関するニュース及び、アメリカ不正選挙に関するオルタの記事を、掲載しておきます。
ついでに言っておきますが、「宗主国さんの不正選挙の「伝統」が、属国であるこの島国に伝えられていないはずがない」ということは、言うまでもないことです・・・。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00010004-bfj-int
現実味を帯びるトランプ大統領 米軍駐留費用「日本が全額支払うべき」と断言
BuzzFeed Japan 5月5日(木)17時31分配信

共和党の大統領候補になることが確実になったドナルド・トランプ氏。5月4日、日本に米軍が駐留し続けるならば、全費用を日本が払うべきだと断言した。トランプ大統領就任が現実味を帯びる中、その発言に世界の注目が集まる。

日本には5万人近くの米軍が駐留する。駐留経費に関して、日本は2016~20年度に総額9465億円を負担することで合意しているが、これは労務費や光熱費など全体の一部に過ぎない。
「日本が支払うべき」
共和党の大統領候補となることが確実になった後、トランプ氏はCNNのインタビューに答えた。

司会のウォルフ・ブリッツァー氏は「日本や韓国といったセンシティブな問題についてはどうですか。あなたは2国に核兵器を開発させて、アメリカを撤退させるかもしれないと示唆しました」と質問した。

トランプ氏は「まったくセンシティブな問題ではない」とバッサリ切り捨て、こう続けた。

われわれはドイツ、日本、韓国を守っていると演説で話しても、ほとんどの人、教養のある人たちだが、知らないんですよ。大きな労力を払っているのに、経費は支払われていないんです。こんなことは続けられない。40年前じゃないんです。支払わないとしたら、退く用意も必要ですよ。

「日韓に核兵器を持たせる用意があるということですか」という問いには、こう答えた。

われわれをきちんと扱わないなら、世界の警察として存在し続けることはできません。他国の何倍もの額を国防に費やしているけれども、それは私たち自身のためではないんです。他国を守っているんです。つまり、彼らが支払うべきなんです。

わたしには退く用意があります。われわれをリスペクトし、適切に扱わないなら、どうなるかわかるでしょう。単純なことです。彼らは自分で自分を守らなければならくなるでしょうね。

司会者は、韓国は駐留にかかる人件費の50%を負担していると投げかけた。それには「なんで100%じゃないんだ」と切り返した。

司会者が、駐留を受け入れている国側に全額費用を負担させたいのかと確かめると、「彼らが全額負担するべきです」と断言した。

各国を武装させるよりはいいでしょう。多くの人は「トランプは日本を武装させたいんだ」というけど、そうじゃない。少なくとも経費だけは負担させたい。50%というけど、それは払う額が少ないというだけ。いいですか、わたしたちは巨額のお金を失っているんです。

アメリカは借金国です。自動車やらなんやらで経済大国となった日本に補助金を払い続けるわけにはいかないんですよ。

トランプ氏は、これまでも日本から在日米軍を撤退させる可能性に触れてきた。自衛のため、日韓が核武装することも容認している。

「原爆おとすガッツ」

「広島・長崎への原爆投下を指示したトルーマン元大統領と同じガッツがある」と称えられたこともある。


4月27日のインディアナ州の集会で、壇上で笑顔のトランプ氏の肩を抱きながら、バスケットボールの名将ボブ・ナイト氏はこう話した。

「トルーマンは1944年に爆弾を落とす度胸があった。数十億人のアメリカ人の命を救った。だから偉大な大統領になったんだ。この男も同じことをするだろう。偉大な大統領になる」




http://www.davidicke.jp/blog/20090115/
(デーヴィッド・アイク ニューズレター)さん
2006年6月4日号

西部に控える、邪悪な魔女

… もう一人の、麻薬ビジネス経営、殺し屋が
魔女集会の次期大統領になるのか?


皆さん、こんにちは。
私は何年も前から、ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)が次期大統領選挙に出馬する意向があり、なおかつイルミナティが選抜した者として十二分のお墨付きを付与されている、と言ってきた。そして今、2008年にブッシュに取って代わる座を射止めようとして準備中である様子がありありとうかがえる。
彼女がニューヨーク州の上院議員の座をまんまとつかむことができたのも、ニューヨーク市民を助けたから、などということとは全く関係なかった。ヒラリー・クリントンは自分だけが大事であり、誰も助けたりなどしないし、助けたこともなければ、助けるつもりもない。それは、アメリカ合衆国の最初の女性大統領となるための長期計画のキャンペーンの一環であって、彼女は現在、民主党候補としての指名を確実にしてくれる資金提供者と選挙の投票者を求めて国中を廻って網を仕掛けている。
彼女が当選するなら、「誰でも大統領になれる」アメリカ合衆国は1988年以来、父ブッシュ、ビル・クリントン、ブッシュ(息子)、ヒラリー・クリントンによって、いわゆる最高のポストが占められているのを目の当たりにすることになる。父ブッシュが1980年以後の「レーガン政権」時代を通じて実質大統領であったという事実も加えると、この「自由の国」の大統領の座が二つの家族の支配下にあることを目撃することになるだろう。
さらには、この二つの家族は大量殺戮、連続暗殺行為、麻薬ビジネス経営および信じられない大規模な政治操作に深々と関与してきた。そして、当然なことに、この二つの家族は同じ隠れた支配者に従わなければならず、それに応えている。
民主党の全米党大会で代表団は、米国でもっとも一般に受ける民主党員としてクリントン夫妻に投票した。どれほど嘘をついてきたか、ごまかしを行ってきたか、麻薬ビジネス経営の殺し屋二人は、自身の連続重大犯罪の追及を逃れることができたばかりか、実際にホワイトハウスに戻る道を歩んでいる。このようなことは体制の支配統制であり、「政治階級」における政治文盲の「心性」でもある。




(オルタナティブ通信)さん
http://alternativereport1.seesaa.net/article/437351314.html
2016年04月29日

米国大統領選挙は、当選者が最初から「何者かによって決められている」

 アメリカ大統領選挙が、「華々しく」マスコミによって報道されている。

米国の選挙は、最初から「事前に」当選する人間が「決定されており」、票数は「自由に選挙当局によって偽造されている」。米国は民主主義国家ではなく、独裁国家である。

以下に、過去の米国での不正選挙を列記する。


1、ブッシュ元大統領は最初の大統領選挙において、民主党のアル・ゴア候補にわずか、500票差で勝利した。

 しかし、大統領選挙中の2000年11月、ブッシュの弟ジェフが州知事の地位に座るフロリダ州では、5万7700人の黒人の市民に対する選挙登録が拒否され、投票する権利が奪われていた。

その理由は西暦3000年に殺人事件を「起こした」、西暦2700年に強盗事件を「起こした」という重犯罪歴による市民権=選挙権の「剥奪」であった。

投票権を奪われた黒人は民主党支持者であった。

この件に関し合衆国連邦公民権委員会は、ブッシュが「意図的に黒人の投票権を奪ったもの」と非難声明を出している。

 黒人に正当な投票権が認められていれば、ブッシュは大統領にはなれなかったものであり、現ブッシュ政権は非合法なクーデター政権である。

非合法に政権を略取したブッシュが、アフガンとイラクに関し、何等大統領としての権限が無いにも関わらず、戦争を行い、多数の死者を出している。

これは非合法な殺人事件であり、ブッシュは直ちに殺人犯として逮捕、立件されるべきである。



2、1970年、フロリダ州デイド郡選挙で投票終了3分後にチャンネル7は、ある候補者が9万6499票獲得と報道した。


3分で10万票近い集計は物理的に不可能である。

これは「当選者が最初から決まっており」、その決められた当選者の獲得票が、最初から「何者か」によって決められている事、それが事前にマスコミに渡され「この当選者と獲得票数を報道するように」と命令が行われている事を明確に示している。



3、1988年11月2日、米国ABC放送は、米国中間選挙の投票「前日」に「当選者と、その獲得票数、選挙結果」を報道した。
4、2004年の米国大統領選挙では、黒人が投票所に行けないように黒人居住区周辺の至る所で道路封鎖が行なわれ、事実上、黒人から選挙権が剥奪された。


5、米国大統領選挙ではディーボールド社の選挙投票マシーン等が使用されている。

2004年の、ブッシュ大統領が選出された大統領選挙では、ガハナーという地域で638人が投票すると、この選挙投票マシーンは「自動的にブッシュに4258票と加算の表示を行った」。

3600票も水増しされ、投票は全てブッシュになっていた。


この「選挙マシーン」を開発したボブ・ウロセビッチ、トッド・ウロセビッチ兄弟は、現在、選挙マシーン製造メーカーのカウンシル・フォー・ナショナル・ポリシー社に「所属し」、新しいマシーン開発を行っている。

この企業の経営者ハワード・アーマンソンは、黒人奴隷制度復活論者として「有名」である。

黒人居住区での道路封鎖による黒人の投票妨害と、このマシーン製造は「連動」していた。


6、2004年、大統領選挙で、米国ヤングスタウンでは、25の選挙マシーンでケリーに投票すると、「不思議な事に」全て「ブッシュ」と表示される事態が発生した。

また、ケリーの支持者の多い地区では投票のために10時間以上、行列で待たされる事態が発生した。長時間、待たされ嫌気がさし、投票をやめて帰宅する人間が続出した。

なお、ブッシュの支持地区では、こうした行列は「全く無かった」。

また、ニューメキシコ州では、民主党支持者の多い地区の投票場で、「投票用紙ではない紙」が渡され、それで投票した人達の「投票が全て無効になった」。

 この選挙において、ノースカロライナ州カーテレット郡では、4500票の入った「投票箱」が「いつの間にか消滅した」。

 さらに、オハイオ州フランクリン郡では、マイティ・テキサス・ストライク・フォースという武装組織が投票所前で、マシンガン等で武装して待機し、「民主党に投票した人間を、その場で射殺する」と拡声器で、投票時間の開始から終了まで継続して投票に訪れた人々を「脅迫」し続けた。

オハイオのウォーレン郡では、投票途中で、突然、国土安全保障省の人間達が姿を現し、投票マシーンを持ち去ってしまった。


その結果、大部分の人間達が、投票不可能になってしまった。

この圧倒的多数の選挙民が「投票出来なかった」地域での「開票結果は、投票していない人々の圧倒的多数がブッシュに投票した事により、ブッシュの圧勝」であった。

オハイオ州マホニング郡では、ケリーと投票すると自動的にブッシュと表示される「選挙マシーン」が使用されていた。

このマシーンでは、「ケリー」に投票しても「ブッシュ」と表示され、「ブッシュ」に投票しても「やはりブッシュ」と表示され「票が集計されて行った」。

この民主党が強いオハイオ州では、投票された用紙が58000票「行方不明」になった。



7、1996年、ジョージア州のマックス・クレランド民主党・上院議員の選挙では、「投票マシーン」を用い、民主党に投票すると6割が自動的に共和党になる事態が発生した。

同年、チャック・ヘーゲル上院議員は、自分の選挙で、ヘーゲル自身の経営する企業が製造した投票マシーンを使用した。
「不思議な事に」投票結果は100%全て、ヘーゲルに「票を投じていた」。「歴史上初めて」全投票を獲得し圧勝するという「偉業を成し遂げた」ヘーゲルは、議員として再選された。

このヘーゲルは、オバマ大統領によって、やがて国防長官に任命される。


 米国において選挙は「最初から何者かによって結果が決められている事」、選挙によって政治に民意が反映する事など、「一切無い」事が分かる。






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1312.html
「9.11」の「公式ストーリー」を肯定している人間が、「彼ら」と敵対しているはずがないでしょう
「ドナルド・トランプの正体を探る」
















もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「青い車」スピッツ】へ  【「Yolele 」「Maria Valencia」「Fa Fa Fa」Papa Wemba 】へ

~ Comment ~

アメリカは、全ての悪行をフリーメイソンイルミナティが起こしていると考えれば全ての謎とパフォーマンスの意味が解けます。そうでなければ余りにも非常識過ぎて、性善説では決して理解し難い行いですからね。ヒラリー、トランプどちらが大統領になっても同じでしょう。結局誰がなっても同じでしょう。選挙も操作されてしまうのですがらね。日本はどうなんでしょうかね?安倍総理のことアメリカの真似して操作しかねないですね。本当におかしな国になってしまいました。日本は、リトルアメリカになってはいけないと親日家のアメリカ人が警告していましたが、正に安倍総理になってから益々リトルアメリカ化して来ました。恐ろしい事です。

Re: タイトルなし

> アメリカは、全ての悪行をフリーメイソンイルミナティが起こしていると考えれば全ての謎とパフォーマンスの意味が解けます。そうでなければ余りにも非常識過ぎて、性善説では決して理解し難い行いですからね。ヒラリー、トランプどちらが大統領になっても同じでしょう。結局誰がなっても同じでしょう。選挙も操作されてしまうのですがらね。日本はどうなんでしょうかね?安倍総理のことアメリカの真似して操作しかねないですね。本当におかしな国になってしまいました。日本は、リトルアメリカになってはいけないと親日家のアメリカ人が警告していましたが、正に安倍総理になってから益々リトルアメリカ化して来ました。恐ろしい事です。

コメントありがとうございます。

アメリカは建国のときから「彼ら」が関わってますから、その影響たるや凄まじく、恐ろしいほどのカルト国家であるようです。
大統領などといった肩書を与えられた人物も操り人形に過ぎないわけですから、どちらになっても同じでしょうね。
日本が「彼ら」の傀儡国家となったのは、明治維新が最大のきっかけになったと察しますが、
安倍が総理になってからは、今まで以上の最悪体制、リトルアメリカというよりも、リトルイルミナティ国家といった、国家のカルト化が加速しているような気がしています・・・
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「青い車」スピッツ】へ
  • 【「Yolele 」「Maria Valencia」「Fa Fa Fa」Papa Wemba 】へ