結論から言いますとモルジェロンズ病の本性はナノテクノロジーによって作り出されたサイバーロボット菌です - ケムトレイル・HAARP・気象操作・人工地震

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

結論から言いますとモルジェロンズ病の本性はナノテクノロジーによって作り出されたサイバーロボット菌です

「再考:ケムトレイルとモルジェロンズ病」



以前記事にしたモルジェロンズ病だが、再度取り上げようと思う。
昨日記事にしたジョニ・ミッチェルが、モルジェロンズ病のかかっているという・・・
私は、この事実を知らなかった。
これは何もジョニ・ミッチェルだけの問題ではない。
この病気は、この日本でも発症しているのだ。
マスゴミが報道しないだけなのだ。
モルジェロンズ病の症状を訴えておられる方の文面を転載されているサイトがあったので、紹介します。
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/daf7ca8f7be15f6ce5615cd28a951271

私には何の力もないが、少しでもこの病気に関する治療に繋がる知識を持ってる方がおられたら、リンク先のサイトへ連絡してあげてください。
そして、この病気の原因だと噂されているのがケムトレイルである。
ケムトレイルのことをいまだに理解していなかったり、単なる飛行機雲だと思っている人間は、最早救いようがない。
自分や自分の家族がモルジェロンズ病になって初めてケムトレイルの存在に気づくようでは、もう手遅れなのである。
外出する際は、空を見る習慣を持ちましょう。
ケムトレイルが散布されている日は、極力外出を避けるのが身のためである。





http://matome.naver.jp/odai/2142897312259400101
ジョニ・ミッチェルも悩んだ?ネットで広がる奇病「モルゲロンズ病」とは?




http://www.oumaga-times.com/archives/1018007575.html
no.11 モルジェロンズ病/地球外生物兵器論/無視される病

皮膚の下を虫が這いまわっている感覚に襲われる病気。
かくと皮膚から繊維状の物質が出てくる。かぶれ・湿疹等も併発する。
ライム病を併発していることが多い。
その苦しみに睡眠障害や精神衰弱を起こし自分でなくなるケースもある。原因は不明。
麻薬による幻覚“皮膚寄生虫妄想”に似ていることから、
病気の存在を疑う医師がほとんどである。
飛行機から有害物質が撒かれているという陰謀論「ケム・トレイル」が原因とする者もいる。

寄生虫妄想症(Delusional parasitosis)、或いはエクボム症候群に罹った患者は、
寄生虫が体内に寄生している”という奇妙な妄想を生じる。
また虫やヘビの幻触、
あるいは身体中を虫がはいずり回っているといった症状(蟻走感)を併発する。
しばし、患者の家の中や衣服にも寄生虫がはこびっているとと妄想することもある 。
地球外生物物質でできた病気という説も…

モルジェロンズ病は人工的に創られた病気です。
政府はモルジェロンズ病の調査を妨害しています。
モルジェロンズ病の微生物(寄生虫)に感染すると、
皮膚の下を寄生虫のようなものが蠢くようになり、周囲に広がっていきます。
そして突然、皮膚が裂傷し、開口部からモルジェロンズ病の寄生虫が逃げ出します。
約10年前からモルジェロンズ病が流行しています。
しかし、この病気は医学界では存在が認められていません。
(精神病として扱われています。)


モルジェロンズ病の患者は、微生物、寄生虫、蟻のようなものが
皮膚の下を蠢くような感じがすると言っています。
時には針で刺されたような感覚がします。皮膚には病斑ができ、出血したり化膿したりします。
しかし最も異様な症状とは、皮膚の中で大きくなったと思われる、
ふわふわした透明の綿ボールのようなものが皮膚の表面からもくもくと出現し、
周囲を皮膚細胞を壊し、皮膚の患部が治癒するのを妨害します。

モルジェロンズ病の患者は、皮膚から出てきた綿ボールのような物質をマッチ箱、
瓶、ビニール袋などに入れて医者のところに持っていきます。
患者は非常に興奮しながら、このような物質が身体の中から出てきたことを医者に説明します。
一般的な医者はこのような異様な症状を初めて診察するため、
単なる精神病として片付けてしまう場合が多いのです。
何しろ、このような寄生虫は自然界には一切存在しないのですから。
皮膚の裂け目から出てきた綿ボールを検査したところ皮膚がかゆくなるため、
患者は皮膚を掻いてしまいます。
その結果、爪で傷つけられた皮膚が開口してしまい、自然治癒が難しくなります。

モルジェロンズ病で特異な点は、繊維状のものが皮膚から出てくるということです。
専門家は、この繊維状の物質が身体のどの部分で作られているのかを調査しました。
FBIの法医学研究所でこの繊維状のものを分析した結果、
自然界のものや人工的に作られた繊維とも一切符合しないことが分りました。

次に行った分析は繊維組織についてです。
モルジェロンズ病の繊維に共通するものは、患者の皮膚の傷口で作られているということです。
しかし繊維の外観や組織は患者ごとに異なっています。
綿ボールのようなものが皮膚の傷口から出てきます。
周囲の健康的な皮膚からも、透明で先が金色に光った繊維が作られています。
皮膚上で成長する白くてフワフワした繊維状のものは透明であり、
紫外線に当たると成長するということが分りました。
人体には透明の細胞は一切ありませんから、異様としか言いようがありません。
モルジェロンズ病の病原体(寄生虫)は複雑な組織の生き物であり破壊されても複製します。


アメリカで無視されるモルジェロンズ病

欧米では6万世帯でモルジェロンズ病の被害が発生しています。
この病気は、地球外生命体から得た知識と物質を使って創り出したものであり、
その病原体はケムトレイルの中に混入してあります
大気に撒かれているケムトレイルには以下の物質が含まれています。
・300種類の突然変異を起こしたカビ
・乾燥させた赤血球
・地球外バクテリア
・26種類の金属(バリウム、アルミニウム、ウラニウムなど)
・様々な病原菌や化学物質
・鎮静剤などの薬
・カチオン性ポリマー繊維
・繊維に閉じ込められた小さな寄生線虫の卵
専門家は、モルジェロンズ病に感染した患者の体内には、
シリコンや自己複製ナノテクノロジーが存在しており、
あちこちで暴れまわっていることを発見しました。
研究結果によると、モルジェロンズ病の患者の体内で見つかった異様な繊維や赤血球は、
ケムトレイルに含まれている繊維や乾燥した赤血球と同等のものであることが分りました。
彼等は、ケムトレイルを撒き、HAARPの電磁周波数で巧みに大気を調節しながら、
深刻な大気汚染、気象操作、マインドコントロール、人口削減計画を実行しているのです。





(モルジェロンズ病の画像)
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BA%E7%97%85




https://ja-jp.facebook.com/satoru.utsumi/posts/521100434640381
内海 聡
2013年10月7日

昨日の懇親会でモルジェロンズ病の話が出ましたので書いておきます。ケムトレイルの被害が最も深刻なのは、欧米だといわれています。特にアメリカではケムトレイルが原因とされる奇病が大流行してしまっています。モルジェロンズ病です。なんと6万世帯でモルジェロンズ病の被害が発生しています。この病気は、地球外生命体から得た知識と物質を使って創り出したものとされていますが、まだ詳細は不明です。
大気に撒かれているケムトレイルには以下の物質が含まれています(一応アメリカ)。
・300種類の突然変異を起こしたカビ
・乾燥させた赤血球
・地球外バクテリア
・26種類の金属(バリウム、アルミニウム、ウラニウムなど)
・様々な病原菌や化学物質
・鎮静剤などの薬
・カチオン性ポリマー繊維
・繊維に閉じ込められた小さな寄生線虫の卵
主要メディアは、この問題に関して一切報道しません。科学者のクリフォード・カーニコム博士は10年以上に渡り、ケムトレイルとモルジェロンズ病を専門的に研究してきました。その結果、博士はモルジェロンズ病の特質やケムトレイルによる環境や人々への影響について重大な発見をしました。

モルジェロンズ病の患者は、皮膚から出てきた綿ボールのような物質をマッチ箱、瓶、ビニール袋などに入れて医者のところに持っていきます。 患者はこのような物質が身体の中から出てきたことを申告しますが、その結果付けられる病名は統合失調症になります。つまり妄想ということです。このようなものはもともと存在しませんから当然です。
アリゾナ州のフリージャーナリストであり活動家であるアル・ディスィッコ氏は、これら人体に有毒なガスが含まれるケムトレイル汚染を止めさせるために告訴をする準備をしています。彼等は今、11箇所の連邦裁判所と海外の裁判所にケムトレイルに対しての民事告訴を行う計画を立てています。現在までに1000人の原告が集まっていますが、この数はさらに増えるでしょう。




http://www.asyura2.com/07/health13/msg/393.html
皮膚下に繊維が広がる病気・モルジェロンは、やはりケムトレイルによって撒かれたナノテク兵器だった!
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/393.html
投稿者 いんきょ 日時 2007 年 10 月 09 日 13:59:53

原文サイトhttp://www.rense.com/morgphase/phase2_1.htmから、ゼカリヤさんが簡単に要約してくださいました。
-------------------------------
結論から言いますとモルジェロンズ病の本性はナノテクノロジーによって作り出されたサイバーロボット菌です。
今年3月29日 Dr. Hildegarde Staninger(アメリカの女性生物学者)はモルジェロンズ病の原生菌とされているものを調査しました。以下がそれでわかった事実です。( http://www.rense.com/morgphase/phase2_1.htm 参照 )
1.確認された繊維、ジェル物質とジェルによって形づくられた物質は eukaryotic 細胞がなく細胞の完全性を持っていない。
2.繊維のなかに確認された物質はナノテクノロジーによって作り出される未知な機能を持つ特定の構造物を形成するものだった。
3.繊維のもつ化学構成はEDSとRamanが一致せず、よって人体の化学構成物ではなく、それら人体(爪、髪、皮膚、神経など)のどんな部分でもない.
4.ロサンゼルスにあるロサンゼルス・カウンティー消防署のCA職員に確認されている特有な特徴に次のようなものがあげらる。1)皮膚は133度以上度(華氏)で融解あるいは燃焼する。2)人体からのこの繊維は133以上度あるいは1,468度でも融解あるいは燃焼もしないのでヒトの細胞で作られていない。
5.繊維として確認された構造物質は自己組み立て増殖、折り畳めて拡張する機能を備えている。
6.これらの繊維は人工的なナノテクノロジーによって作り出されたもので、eukaryotic 細胞、動物、植物などの構成物質ではなく、さらに生きた生物学的形態でもないことが確認された。
7.いくつかの標本は人工で「生物学的に人工で擬似生命のようなもので知られている容姿をしている. これらのタイプの人工の生命体はウイルス、微生物、動物 / プラントタンパク質そして/あるいは酵素のDNA/ RNA / siRNA あるいは sRNA plasmid テンプレートをナノレベルにおいて人工の技術の構造的な形を構築するために使うことを知られている。

英語がわかる人やバイオテクノロジーなどを専攻している人がいればもっと詳しくわかるかもしれません。
またこれらの物質はケムトレイル(航空機などによる噴霧)によって、テキサスにばら撒かれたものと一致したそうです・・・
------------------------------
(画像は、モルジェロン患者の身体から取り出された青い繊維の「ゴールデン・ヘッド」と呼ばれるナノロボティックセンサー部分のホログラフィックです)




(ケムトレイルの画像)
https://twitter.com/hashtag/%EF%BD%B9%EF%BE%91%EF%BE%84%EF%BE%9A%EF%BD%B2%EF%BE%99?src=hash




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
イルミナティ→CIA→正力→日本テレビ→宮崎駿→風立ちぬ→戦争?
「あの素晴らしい“空”をもう一度」


アメリカで、ケムトレイルによる被害多発:
我々は、今、非常事態であることが明らかになりました。我々はケムトレイルとして大気に撒かれた臭化エチレン、突然変異を起こしたカビ、そして未確認のバイオ・アクティブ物質が混入したアルミニウム、バリウム、カチオン性ポリマー繊維のナノ微粒子を吸い込んでいるのです。我々一般人はこの状況について誰からも警告や忠告を受けていません。我々は被害を被るだけなのです。
大気に撒かれているケムトレイルには以下の物質が含まれています。
・300種類の突然変異を起こしたカビ
・乾燥させた赤血球
・地球外バクテリア
・26種類の金属(バリウム、アルミニウム、ウラニウムなど)
・様々な病原菌や化学物質
・鎮静剤などの薬
・カチオン性ポリマー繊維
・繊維に閉じ込められた小さな寄生線虫の卵

専門家は、モルジェロンズ病に感染した患者の体内にはシリコンや自己複製ナノテクノロジーが存在しており、あちこちで暴れまわっていることを発見しました。研究結果によると、モルジェロンズ病の患者の体内で見つかった異様な繊維や赤血球は、ケムトレイルに含まれている繊維や乾燥した赤血球と同等のものであることが分りました。
彼等は、ケムトレイルを撒き、HAARPの電磁周波数で巧みに大気を調節しながら、深刻な大気汚染、気象操作、マインドコントロール、人口削減計画を実行しているのです。
現在、アメリカには大量のケムトレイルが撒かれており、我々の健康を脅かしています。肺がん、喘息、肺や呼吸器系統の病気、そして異様で恐ろしい新種の伝染病のモルジェロンズ病が大量発生しています。モルジェロンズ病とは、生物実験室で創り出した自己複製ナノテクノロジーと病原体がミックスされた未知の合成物質によって感染する病気です。アメリカでは現在、60,000世帯がモルジェロンズ病に感染していると言われています。私もそのうちの一人です。そのため、私や私の家族の健康は急激に悪化してきています。















COMMENT

貴重な情報、ありがとうございます。私はよく空を見ます。確かに最近飛行機雲のような白い線が空に幾つも残っているのを見かけています。しかも最近ヘリコプターがよく飛んでいます。PM2.5や黄砂で空が霞み、飛行機雲のような白い線が見えにくいので分かりづらいのが難点です。ニュースでは、PM2.5や黄砂の情報は流さないので気をつけて外出しないとダメですね。

MMSか究極ザッパー

お久しぶりです。

こんばんは。

私普段携帯電話からしかネットしていないので、リンク先のサイトをちゃんと見れませんでしたので、私の知っている範囲で効果がありそうな物は、MMS(ミラクルミネラルソリューション)か究極ザッパー
http://blog.goo.ne.jp/zappa01

だと思います。

普通の病気ではないので、どこまで効くかわかりませんが、参考になればと思います。

MMSは、「MMS12」で検索していただければ購入が一番安いページにいけると思います。


もし良ければご確認頂いて、問題なさそうであれば教えてあげてくださいませ。

お手数おかけしますが、宜しくお願いします。

Re: タイトルなし

> 貴重な情報、ありがとうございます。私はよく空を見ます。確かに最近飛行機雲のような白い線が空に幾つも残っているのを見かけています。しかも最近ヘリコプターがよく飛んでいます。PM2.5や黄砂で空が霞み、飛行機雲のような白い線が見えにくいので分かりづらいのが難点です。ニュースでは、PM2.5や黄砂の情報は流さないので気をつけて外出しないとダメですね。

コメントありがとうございます。

私の家の周辺にもヘリコプターがよく来ます。
何しに来てるのかと思います・・・
PM2.5に限らず、今までなかったものが出てきたら、何かあると思ってたほうがいいですよね。

Re: MMSか究極ザッパー

> お久しぶりです。
>
> こんばんは。
>
> 私普段携帯電話からしかネットしていないので、リンク先のサイトをちゃんと見れませんでしたので、私の知っている範囲で効果がありそうな物は、MMS(ミラクルミネラルソリューション)か究極ザッパー
> http://blog.goo.ne.jp/zappa01
>
> だと思います。
>
> 普通の病気ではないので、どこまで効くかわかりませんが、参考になればと思います。
>
> MMSは、「MMS12」で検索していただければ購入が一番安いページにいけると思います。
>
>
> もし良ければご確認頂いて、問題なさそうであれば教えてあげてくださいませ。
>
> お手数おかけしますが、宜しくお願いします。


ご無沙汰してま~す(^o^)

何回かコピペして送ろうとしたんですけど、送れないようなのです。
絵文字の入力とかがよく分かりません。
もし可能でしたら、直接リンク元さんへ送っていただけたら幸いですm(__)m

治療は茨

治し方は、二酸化塩素を摂取すること。ただし、患者さん曰く長期的な治療が必要なうえに大変な苦しみがあるそうです。普通の人相手にお勧めはしないそうです。
治療薬に関しては、現在開発中。副作用がある治療薬ならあるがその後の生存は厳しい。
症状を弱らげる方法。
断食だそうです。食べるものを絶てば寄生虫の活動も抑止できるそうです。
金属系の物なら殺菌作用や抗菌作用として効果が期待できるだろうといわれているものがクエン酸と重曹だそうです。
現時点でまともな治療法
1日1食あるいは2食にしたうえで毎日クエン酸と重曹を飲みつつ入浴剤入りのお風呂に入ればいずれ寄生虫が殺菌される可能性がある。

Re: 治療は茨

> 治し方は、二酸化塩素を摂取すること。ただし、患者さん曰く長期的な治療が必要なうえに大変な苦しみがあるそうです。普通の人相手にお勧めはしないそうです。
> 治療薬に関しては、現在開発中。副作用がある治療薬ならあるがその後の生存は厳しい。
> 症状を弱らげる方法。
> 断食だそうです。食べるものを絶てば寄生虫の活動も抑止できるそうです。
> 金属系の物なら殺菌作用や抗菌作用として効果が期待できるだろうといわれているものがクエン酸と重曹だそうです。
> 現時点でまともな治療法
> 1日1食あるいは2食にしたうえで毎日クエン酸と重曹を飲みつつ入浴剤入りのお風呂に入ればいずれ寄生虫が殺菌される可能性がある。


貴重な情報ありがとうございます。

被害者の方のお役に立てば、私としても嬉しく思います。
但し、情報をどう判断するかは、あくまでも自己責任でお願いします。

No title

デマを拡散するのが楽しいお馬鹿さんが多いね。そんな病気がホントに有れば、パスツール研究所かWHOか、世界中の病理対策機関で、警告が出るわ。
世の中に直ぐに騙される、ど阿呆が大勢居るのが、笑える。

Re: No title

> デマを拡散するのが楽しいお馬鹿さんが多いね。そんな病気がホントに有れば、パスツール研究所かWHOか、世界中の病理対策機関で、警告が出るわ。
> 世の中に直ぐに騙される、ど阿呆が大勢居るのが、笑える。

あえて削除しないで公開しました。
あなたの本性を分かる人には分かってもらうために。
あなたは当ブログに名前を変えて時々コメントしてこられますが、あなたが何者であるかは分かっているんですよ。
アドレスも含めて公開してもいいけれど、やめといてあげます。
病気がちであることを売り物にしているブロガーさんですよね。
詩集も出してましたよね。
FC2のブログランキングにも突然参加したかと思ったら、すぐに雲隠れする人ですよね。
病気がちなのを売り物にして同情をさそるコメントをもらって自己満足してるようですが、
病気なのは体よりも、その精神状態にあるようですね。
もうあなたのお相手をするつもりはないので、
コメントも訪問もしないでくださいね。
では、お大事に。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。