RIP Prince - プリンス

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

RIP Prince

「偉大なる天才ミュージシャン、プリンス、貴方の名前と勇気ある行動は、永遠に語り継がれることでしょう」



21日、プリンスが自宅で亡くなりました。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/21/prince-passed-away_n_9751184.html
プリンスさん死去、57歳「パープル・レイン」など世界的ヒット
2016年04月22日 03時20分


「パープル・レイン」「ビートに抱かれて」など数多くの世界的なヒット曲で知られるアメリカのミュージシャン、プリンスさんが4月21日、死去した。57歳。

プリンスさんの広報担当者が、ハフポストUS版に事実を認めた。アメリカ・ミネソタ州の「ペイズリー・パーク」と呼ばれるプリンスさんの自宅で亡くなったという。死因などは明らかになっていない

プリンスさんは4月14日、アトランタでのコンサート中に体調を崩して残りのツアー日程をキャンセル。15日にはプライベート・ジェットに乗っている途中でインフルエンザが悪化し、緊急着陸してイリノイ州の病院に救急搬送されていた。その後、容体が回復し、自宅に帰っていたという。



プリンスがケムトレイルについて語っていたことを、当ブログでも紹介しました。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
ジョージ・ワシントンの前には8人の大統領がいた!?
「プリンスが語るイルミナティの陰謀。“ケムトレイル”“歴史捏造”“アメリカは植民地であり、国民は使用人である”“オバマを信じない”“国連による宗教洗脳”」



プリンスの死は、決して「偶然」ではないと思います。
「彼ら」はジョン・レノンやジョージ・ハリソンやマイケル・ジャクソンのときと同じく、ミュージシャンが真実を語ってからしばらく日数を置いて、忘れたころに「行動」に移すのです。
音楽業界を支配している「彼ら」は、ミュージシャンが真実を語ることを許さないのです。
真実を語らず、大衆を洗脳する人形のようなミュージシャンだけが、生き残れるようにされているのです・・・
プリンスはその才能は勿論、真実を語る勇気を持った偉大なミュージシャンでした。
私がアメリカ旅行に行った際、メンフィスで出会った20代の黒人男性に一番好きなミュージシャンは誰かと尋ねたら、プリンスの名前が出て来たことを覚えています。
偉大なる天才ミュージシャン、プリンス、貴方の名前と勇気ある行動は、永遠に語り継がれることでしょう。














ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。