ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

自分の子供に「嘘をつくな、正しい人間になれ」と教えているくせに、自分が嘘社会を黙認し、“気づかなかったフリ”をしていてどうするのですか

 ←「シカゴバウンド」憂歌団  →「ガッツだぜ!!」ウルフルズ
「毎日がエイプリルフールなんてもんじゃない、毎日がエブリデイフール、毎日が監視社会・・・」


まずは、こちらをどうぞ↓



嘘世界の中でも最大級の嘘国家・日本の中で、唯一と言っていいぐらいの「真実を語る政治家」である山本太郎が、「自民党は毎日がエイプリルフール」と語ったそうです。





(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2016/04/00013329
NHK日曜討論 山本太郎「自民党は毎日がエイプリルフール」
2016年4月3日 15:59

TPP断固反対と言ってたの自民党ですよ。山本議員は生放送中、2012年の総選挙で自民党が用いたポスターをかざした。

 「3年間の安倍政権を振り返ってみたら、憲法に基づいた政治運営がされていたか? 弱い者から切り捨てる政治が行われていた。このような者たちに憲法を変える資格はない」。
 山本太郎議員の政治姿勢がその言葉には込められていた。けさ放送された『NHK日曜討論』で憲法改正について聞かれた時のコメントだ。
 小雨にけぶる東京・紀尾井町。午前8時24分、山本議員はNHK千代田放送会館に到着。ネクタイを締め直してスタジオのある4階に向かった。
 「めったに呼んでくれないNHKが呼んでくれた…」。胸中には秘めるものがあった。
 「安倍政権は異次元緩和をやりまくった。お金を刷りまくった・・・その一方で3年間社会保障を削り続けた。労働を流動化、不安定を加速させている。これでどうやって景気を上げるのか?
山本議員はフルスロットルでタブーに切り込んだ。司会者のしまだ寿司こと島田敏男解説委員が顔をひきつらせてもお構いなしだ。
 「待機児童問題」「同一労働・同一賃金」も討論のテーマとなった。山本議員は政府が保育士の雇用実態について把握していないことを明らかにした。
 「有期雇用なのか、派遣なのか、パートなのか。政府は細かく実態を把握しなければならない。でも調査さえしていない。同一労働・同一賃金というなら、さっさと調査してください」。
延期か予定通り実施かが取りざたされている消費税についても、次のように指摘した ―
 「大企業減税のたびに庶民に対して増税なんて筋が通りませんよ・・・過去最高益をあげている企業からしかるべき税金を頂きます。ない所から取らないで下さい」。
 山本議員は国民の悲痛な思いを代弁した。
 3ヶ月後に近づいた参院選についても見解を求められると、「自民党は毎日がエイプリルフールみたいな政党になっている」と切り出した。
 政府与党は児童手当を新年度予算で28億円つけたが、その前の3年間は51億円減額している・・・山本議員は選挙目当て予算の実態を明らかにしながら、有権者に「騙されないで下さいよ」と呼びかけた。
 「奨学金無利子化(の対象)は1・26%(増)」「キャリアアップ助成金で正規になったのは0・07%」・・・山本議員は安倍政権のウソを次々と暴いていった。胸中に秘めていたものは見事に炸裂した。
 マスコミ中のマスコミである国営放送で真実を暴露する。あまりにも皮肉だ。権力にとって最も不都合な男が、今回も面目を施した。

  




「周囲が嘘つきだらけの中で、本当のことを語る貴方はエライ!」と、私は言いたい。
ただ「毎日がエイプリルフール」なのは、自民党だけではありませんよ。
民進党かなんか知らないが、与党と対立している芝居をしておきながら実際は裏で繋がっている大多数の野党政治家にも、同じことが言えるでしょう。
洒落じゃないけれど、山本太郎の発言と併せて、「国民は学校教育・マスゴミ・与野党政治家等で構成されている詐欺集団(=チーム・イルミナティ)により毎日がエブリデイフール(FOOL)にさせられている」と、付け加えておきます・・・。

私は変化球が苦手なもんで、なんでもストレート一本槍で思ったことをそのまま書いてしまいますが、こういった態度を良く思っていない人もいるようです。
例えば「与野党の対立も嘘」ということを理解していたとしても、「そんなことをブログで書くと読者は野党にも幻滅してしまうので、与党を倒すことができなくなる。だから“八百長与野党対立”に気づいたとしても、“気づかなかったフリ”をして野党を応援した方がいい」といった考えの持ち主がいるようなのです・・・。
さらには「不正選挙の存在」を理解していたとしても、「そんなことをブログで書くと誰も選挙に行かなくなるから、不正選挙には“気づかなかったフリ”をして野党に投票するように呼びかけた方がいい」といった考えの持ち主がいるようなのです・・・。
これって、どうなんでしょう? “大人の考え”なんでしょうかね・・・。
私にはとても持ち合わせていない思考形態であり、そのような“大人の考え”を持つ気もさらさらありません。

以前仕事上の営業先で相手に理不尽な因縁をふっかけられたことがあり、明らかに相手の言い分が間違っているにも関わらず、ある上司から「君の気持ちは分かるが、ここは頭を下げた方がいい。君も大人にならなあかんで」といった内容の説教をされたことがあります。当時は渋々その言葉を受け入れ相手に謝罪したのですが、いまだに納得できないどころか、思い出すだけでも腹が立って来ます。
そして今の私はいい歳ですが、いまだに“大人の考え”にはなれません。
多分、一生なれないでしょうし、そのような“大人になる”つもりもありません。
懲りもせずに当ブログにご訪問いただいている読者の方は気づいておられると思いますが、
恐らくこの性分は、一生変わらないでしょう(笑)
まぁ、サラリーマンには向いていないということでしょうね。
その割には、けっこう長いことサラリーマンをやってたんですけどね(笑)
営業成績は誰にも負けないぐらいの自信がありましたし、実際に、周囲の誰よりも成果も残してきたつもりですけどね。
今考えてみると、この“大人の考え”というのは、「彼ら」イルミナティ勢力によって創作された“一種のマインドコントロール”なのではないのだろうかという気がしています。
「“大人になる”というのは、「彼ら」の創作した嘘社会に疑問を持たずに同化するか、又は仮に疑問を感じたとしても“気づかないフリをして”従順なイエスマン(=シープル)になるということなのではないのだろうか」という気がしています。
「作戦」として“気づかなかったフリ”をするというのも分からないわけではないですが、やっぱり、間違っていると思います。
「間違っているものは間違っている」と、はっきりと言わなければならないのです。

学校教育・新聞・テレビが嘘を言っていると気づいたら、「嘘をつくな」と言わなければいけないのです。

不正選挙が存在していると知ったなら、「不正選挙を許すな」と言わなければいけないのです。

ワクチンが毒だと知ったなら、「ワクチンを打つな」と言わなければいけないのです。

人工地震の存在を知ったなら、「人工地震をするな」と言わなければいけないのです。

テロが偽旗だと知ったなら、「偽旗テロをするな」と言わなければいけないのです。

戦争が八百長だと知ったなら、「八百長戦争をするな」と言わなければいけないのです。

自分の意思をはっきりと相手に伝えることができてこそ人間であり、それを隠して利口に立ち回っている者は、最早人間とは言えないのです。

自分の子供に「嘘をつくな、正しい人間になれ」と教えているくせに、自分が嘘社会を黙認し、“気づかなかったフリ”をしていてどうするのですか。


私は死ぬまで“大人の考え”は持てませんし、“大人になる”こともないでしょう。
“見た目”は別としてね(笑)

ただ残念ではありますが、このファシズム国家は国民が強制的に“大人になる”(=従順なイエスマン(=シープル)になる)ことを、本格的に打ち出してきているようです。
このブログも、そんなに長くは続けられないかもしれません・・・。




http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2001Z_Q3A620C1000000/
自民党、ネット選挙の専任チーム発足 口コミ動向を分析
2013/6/20 23:00
自由民主党は2013年6月19日、参院選でネットを活用した選挙活動を推進する特別チーム「Truth Team」を発足させた。主な業務は、自民党と立候補予定者79人に対するネットでの書き込みを分析、監視すること。書き込みの分析結果は毎日、立候補者に伝えて、機動的な選挙活動やネットでの情報発信に役立ててもらう狙いだ。Truth Teamという名前はバラク・オバマ米大統領が大統領選で立ち上げた「Obama Truth Team」にちなむという。
チームのトップにはIT政策を担当する平井卓也衆院議員が就任した。チームは自民党のネットメディア局の議員約20人のほか、選挙スタッフやITベンダーのスタッフらで構成する。顧問弁護士2人も参加し、誹謗(ひぼう)中傷の書き込みを発見した場合は、速やかに法的手段を取ったり削除要請をしたりするかを協議し、決断できるようにする。立候補者らがアカウントを持つFacebookやTwitter、ブログのほか、2ちゃんねるなど一般の掲示板も分析、監視の対象にする。





(人民新聞オンライン)さん
http://www.jimmin.com/htmldoc/157501.htm
超監視社会へのインフラ整備
個人情報大量流出避けられず経済的損失も


プライバシーアクション代表 共通番号いらないネット世話人 白石 孝さん

マイナンバー制度の運用が始まった。法案審議の際、2~4千億円とされていた導入経費は、地方自治体の持ち出し分=3千億円、民間の経費も含めると、1兆円を超える巨大公共投資となる。「社会保障と税の一体改革」という当初の目的は、「IT国家戦略」に変質し、庶民のふところを狙った「課税の適正化」となる。「いらんわマイナンバー討論・交流集会」(2/22大阪)での講演要旨を紹介する。(文責・編集部)

到来する超監視社会
身分証カードについて世界を見ると、①義務制、②選択制、③なしという3種があります。①の典型例は韓国です。軍事クーデターで政権を握った朴正煕政権が「北からのスパイを摘発するため」として導入。1997年まで常時携帯義務を課しました。国防と治安管理のための制度です。他にも国内に多数の人種・宗教・民族が混ざり合っている国では、個人を識別するためとしてカードを持たせるという場合があります。

ワンカード化そして義務化へ
日本は、現在②選択制ですが、義務制に向かう危険な兆候があります。昨年5月、自民党は「マイナンバー制度の利活用推進ロードマップ案」を発表。6月の閣議で政府方針に格上げされました。同案では、「マイナンバーカードの全員所持」が目標として明記されています。2017年3月までに2500万枚、19年の3月までに8700万枚のカード発行を目指し、在留外国人を含めて全住民の7割にカードを持たせることを目標にしています。
さらに2018年前後には、マイナンバーカードに埋め込まれたICチップ全領域を活用して、免許証・健康保険証、民間のキャッシュカードやポイントカードの機能を併せ持たせた「ワンカード化構想」が既に始動しています。こうなると、カードを持たずに社会生活を営むことはほぼ不可能になり、全員所持となりますし、その時点で「義務化法案」が出されると予想しています。
2020年東京オリンピックが、カード拡大の着地点とされ、カード不所持者に対し「入場規制」が行われます。入場券の他に本人確認カードを所持しない人は、テロリストおよび関係者とみなして入場を拒否するという構想です。
ただし政府は、「生体認証」を併用することも検討しています。カードがなくても指紋や顔認証によって個人が確認されれば、入場できるというものです。既に全国の自治体窓口へは、顔認証装置の導入が始まっています。
ちなみに、マイナンバーカード申請時に提出した顔写真は、15年間保存されることになっています。監視カメラがあちこちに設置され、顔認証技術の開発も急ピッチで進んでいます。こうして収集された顔写真データが、将来警察にも共有され、不審人物の割り出しに活用されることも想定されます。マイナンバーカードは、管理・監視社会にむけた基盤となる道具として利用される可能性が高いと思っています。


マイナンバー制度の本質とは

マイナンバー制度は、①個人情報の大量流出による経済的損失に加え、②超監視管理社会に道を開くという危険性があり、それは他国と比べて際だっています。例えばスエーデンやデンマークは、福祉国家のためという目的が明確です。全ての人が福祉・保健・教育を公平に享受するための財源として税金徴収が合意され、番号制度が受け入れられています。このため、痛税感は日本よりも低く、権利と義務が公正に機能していると言えます。
しかし今の日本政府は、福祉国家を目指していません。小さな政府で市場原理主義に基づく競争社会という方向です。番号制度を肯定しうる唯一の大義名分である福祉国家をめざさない以上、番号制度の真の目的とは、①民間企業の利益に資する、②国家による管理・監視の道具でしかない、ことがはっきりしてきています。これが、日本のマイナンバー制度の特徴であり本質です。



<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
戦争は平和なり 、自由は隷従なり 、無知は力なり
「あなたはビッグ・ブラザーに見張られている、「1984」の監視社会が本格化する」




「本当の事なんか言えない、言えば殺される」と、清志郎は歌っていましたが、この歌詞がやけに真実味を増してきたように感じるのは私だけでしょうか・・・。
「本当の事が言えない社会」は嫌ですよネ・・・。












いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。






もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png お前が言うな!
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「シカゴバウンド」憂歌団 】へ  【「ガッツだぜ!!」ウルフルズ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「シカゴバウンド」憂歌団 】へ
  • 【「ガッツだぜ!!」ウルフルズ】へ