ストレートで、単純明快なロックンロール DAVE EDMUNDS - ロック
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
★☆★☆★☆★花粉症やアレルギー持ちの方必見!★☆★☆★☆★ 身につけるだけ!電源不要のカード型空気清浄器【イオニアカードPLUS】 消臭作用や空気トラブル軽減に効果が期待できます! 購入はこちらから! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H9N6S+1JDC1E+4P9W+5YZ77 おうち生活を彩る海外インテリアショップ【Le roman】 無料でコーヒー診断ができる!【TAILORED CAFE Online Store】

ストレートで、単純明快なロックンロール DAVE EDMUNDS

「D.E.7th」DAVE EDMUNDS



1982年のデイヴ・エドモンズのソロとしての通算7作目のアルバムである。
デイヴはパブロックの代表的なミュージシャンでもあるのだが、当時私が主に聴いていたのは、同じパブロックでもエルビス・コステロであり、ニック・ロウであり、イアン・デューリーだったのだ。何故かデイヴ・エドモンズとドクター・フィールグッドはほとんど聴いていなかった。ただ、デイヴ・エドモンズとニック・ロウが組んだバンドであるロック・パイルは聴いていた。今改めて本作を聴くと、ストレートで、単純明快なロックンロールで、実にいいのだ。何故に当時、聴かなかったのだろう? という気にさせられる。ただ自作の曲が少なく、ほとんどがカヴァーなのが少し気になる。

「フロム・シングス、ビッグ・シングス・カム」は、ブルース・スプリングスティーンのアルバム「ザ・リヴァー」の未発表テイクだったものであり、デイヴがロンドンのブルースのコンサートに行った際に楽屋に招待され、ブルースが歌って聴かせ、その後、デイヴに提供されたとのことである。最近になってブルースは「ザ・リヴァー」の未発表曲を含めたアルバムを発表したが、この曲も含まれている。それにしても、どうしてブルースはこの曲をお蔵入りにしたのだろう。実にゴキゲンなロックンロールである。

「ミー・アンド・ザ・ボーイズ」は、NRBQ(ニュー・リズム&ブルース・カルテット)のカヴァーである。イントロのギターリフがメチャカッチョイイ。

「アザー・ガイズ・ガールズ」は、ザ・レコーズのヴォーカルだったクリス・ゲントの曲。他人の彼女の方がよく見えるという一風変わった曲。ただ、他人からは自分の彼女がよく見えるらしい。

「ウォームド・オーヴァー・キッシズ・レフト・オーヴァー・ラヴ」は、アメリカのアイドル歌手ブライアン・ハイランドが1952年にヒットさせた曲。カントリー調で、ノリが実にいい。

「ワン・モア・ナイト」は、キーボード担当のリアム・グランディの曲。アルバムの中に埋もれているのがもったいないと思われる、美しいバラードだ。しっかりと宣伝すれば、間違いなく大ヒットするだろう。隠れた名曲。












評点:90点













COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント