お前が落ち込み、全ての夢を失っても、キャンプファイアーと豆の缶詰だけは無くならないのさ TOM WAITS - トム・ウェイツ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

お前が落ち込み、全ての夢を失っても、キャンプファイアーと豆の缶詰だけは無くならないのさ TOM WAITS

「THE BLACK RIDER」TOM WAITS



1990年のミュージカル『ブラック・ライダー』の音楽を担当したトム・ウェイツが、その音源を元に、1993年に新たに録音、リミックスしたアルバムである。
もちろん、私はこのミュージカルを見たことはないのだが、なんでも「悪魔と取引をして、射撃技術を手に入れた若者」の話らしい。例のロバート・ジョンソンの「悪魔と取引をして、卓越したギター演奏技術を手に入れた」という話(クロスロード伝説)に相通ずるものがある。この伝説を元にしたと思われるロバート・ジョンソンの曲と同名の、「クロスローズ」という曲も収められている。

アルバム冒頭の「ラッキー・デイ・オーヴァーチュア」は、曲というよりもサーカスの呼び込みが叫んでいるような内容であり、ウェイツのあの声であれば、迫力十分であることは言うまでもない。

「ザ・ブライアー・アンド・ローズ」は、哀愁を帯びたスローな名曲である。

「ゴスペル・トイレイン」は、インストと歌詞入りの2ヴァージョンが収録されており、ともに汽車が迫って来るかのような迫力を感じさせる。

「アイル・シュート・ザ・ムーン」は、「君のためなら、月だって射ち落してみせるよ」と歌う、甘いバラードである。

「ラッキー・デイ」は、本作のハイライト曲である。後半の歌詞が印象的である。


俺が少年の頃、親父が俺を膝の上に乗せ、話してくれた。色々な話をしてくれた。
「この世界にはお前がどうすることもできない物事がたくさんあるんだ。お前が落ち込み、全ての夢を失っても、キャンプファイアーと豆の缶詰だけは無くならないのさ」













評点:80点












COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。