最高のジャズ・シンガー、JAMES BROWN - ジェームス・ブラウン
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

最高のジャズ・シンガー、JAMES BROWN

「getting’ down to it」JAMES BROWN



1969年のジェームス・ブラウンのジャズ・アルバムである。
JBがジャズ(?)、何かの間違いとちゃうの?、と思われる方もおられると思うが・・・・・ジャズなのである。それがまた実に素晴らしい出来であるのだ。一曲目の「サニー」はマーヴァ・ウィットニーとのデュエットだが息がぴったりだ。代表曲の「コールド・スウェット」もジャズアレンジされているがJBのヴォーカルが熱くハスキーで素晴らしい。「タイム・アフター・タイム」はシンディー・ローパーのカヴァーかと一瞬思ったが当然全く別な曲でありアレンジが実にいい。インストの「デア・ワズ・ア・タイム」「アンクル」もさりげなく味がある。バックを務めるピアノ・トリオ(ピアノ・ベース・ドラムス)とJBのヴォーカルが最高の化学反応を起こしている。
JBは最高のソウル・ファンク歌手であると同時に、最高のジャズ・シンガーでもあった。隠れた名盤である。











評点:100点



Gettin Down to ItGettin Down to It
(2005/09/22)
James Brown

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント