問題、反応、解決策詐欺確定! - 9.11他やらせテロ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

問題、反応、解決策詐欺確定!

「本当のテロが発生したらどうする?」

先日、取り上げた「問題、反応、解決策詐欺」だが、どうやら詐欺が確定したようだ。
詳細は、「ザウルスでござる」様の「ボストン爆破事件はFBIによる“被害演出”だった」参照 http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/e56b20dae634228ad1207e7f9094ebfb

また、村上春樹氏がボストンテロに投稿しているそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130504/art13050412040002-n1.htm
2013.5.4 12:03

村上春樹さん
 米誌ニューヨーカー(電子版)は3日、連続爆破テロが起きたボストンへの思いをつづった作家、村上春樹さんの寄稿文を掲載した。ボストン・マラソンは市民の「誇りの源」だとし、「人々がどれほど打ちのめされ、落胆しているか、想像できる」と気遣った。
 マラソン愛好家で知られる村上さんはこれまでに33回、世界各地でフルマラソンに出場したが「お気に入りを問われれば、迷わずに答える。6回走ったボストンだ」と称賛した。ボストン近郊に3年暮らした経験もあるという。
 今回のテロで積み重なったような「悲しみ、失望、怒り、絶望」は容易には消え去らないとも指摘。1995年の地下鉄サリン事件の被害者らにインタビューした著書「アンダーグラウンド」をまとめた際、そのことが分かったと明かした。同誌は、寄稿の原文は日本語で、英語に翻訳したとしている。(共同)


そして、気になったのは、太田龍氏の時事寸評・週間日本新聞の記事である。
なんと、「イルミナティ悪魔の13血流」の著者であり、これまた捏造された罪状で服役中(殺害されたのか?)のフリッツ・スプリングマイアー氏が太田氏に村上春樹氏の「ねじまき鳥クロニクル」(私は読んでいない)の内容が、イルミナティのマインドコントロールのことと似通っていると、指摘しているのだ。
私は、村上氏の小説は何冊か読んだが、独特の世界を持った作家だと思うが、正直いって、好きでも嫌いでもない。
何故に、彼は今回のテロ(ヤラセだが)について、アメリカに寄稿文を送ったのか?
彼が、過去にイスラエルから表彰されていたのも気になる・・・そういえば、地下鉄サリン事件(あれもヤラセ)を題材にした小説も書いていたそうだ・・・
http://www.ohtaryu.jp/blog/2601-2700/j-1230386864.html


米国(イルミナティ)によって無実の罪をでっち上げられて、懲役九年半の刑で米国の刑務所に収監されている、フリッツ・スプリングマイヤーさんからの手紙。
公開日時:2008年12月27日 23時07分
更新日時:2009年02月08日 20時33分

平成二十年(二〇〇八年)十二月二十七日(土)
(第二千六百四十九回)

〇米国(イルミナティサタニスト権力)のロンポク刑務所に、米国国家権力によって、
でっち上げられた無実の罪で、二〇〇三年から懲役九年半の刑で政治的囚人として
収監されている筆者(太田)の親しい友人、フリッツ・スプリングマイヤーさんから、
十二月二十二日付の消印のある封書が、今日(20.12.27)届いた。

〇これは、ロンポク刑務所発の第3信である。

〇この封書には、私あての手紙と週刊日本新聞への寄稿記事(第3信)とが入っていた。

〇ここでは、スプリングマイヤーさんの私あての手紙を要約紹介し、論評する。

〇短い論説については、後日、
日本語に翻訳して、週刊日本新聞に掲載することにしたい。

〇手紙の要約。

(1)あなた(太田)がご存じのように私(スプリングマイヤー)は、米国に於ける
イルミナティーの「トラウマベースド・トータル・マインドコントロール」に
ついて、非常に深く、情報に通じています。

(2)それで、イルミナティのトラウマベースド・トータル・マインドコントロールは、
中国にも発生しつつあることに私は気付いています。

(3)しかし、日本では、それはごく少ない。
と、私は見ていた。

(4)ところが、ハルキ・ムラカミ(村上春樹)の有名な小説
「ねじまき-どりくろにくる」[ここのところ、スプリングマイヤーさんは、
ひらがなで自筆している]は、私にイルミナティのトラウマベースド・トータル・
マインドコントロールが、日本にも到達していることを気付かせた・・・・・・。

以下省略。

〇スプリングマイヤーさんは、村上春樹のこの小説の英訳、
(The Wind-Up Bird Chronicle)を読んだようである。

〇私は長いこと、日本人の小説とくにベストセラー小説は、一切、
読まないことにしている。

〇イルミナティの走狗が書いたゴミなど読むひまはない!! と。

〇と言うわけで「有名な」村上春樹の小説も一冊も読まない。

〇しかし、スプリングマイヤーさんのこの手紙を読んで、近くの小さな書店で
新潮文庫版「ねじまき鳥クロニクル」(全3巻)を購入した。

〇スプリングマイヤーさんは、

「NEJIMAKI-Dori Kuronikuru は、多数のマインドコントロールのテーマを取り上げ
ている。失われた時間、入念なマインドコントロール、オズの魔法使い、オカルトパ
ワー、からだにつけられた神秘的なしるし、鏡のはなし、多重人格障害
、......」
と書いている。

〇たしかにこれは、普通の娯楽小説ではないようだ。
一見して、ひどくイヤらしい。

いかにもこれは、スプリングマイヤーさんの言はれるように、
イルミナティのマインドコントロールかも。

〇つまり、村上春樹は、イルミナティサタニスト世界権力のお気に入りとして、
もてはやされているのかも知れない。

〇この問題は、後日、検討したい。


最後に、「ボストンやらせテロ」の動画を紹介する。
しかし、こう「やらせテロ」ばかりが続発すると、狼少年の話じゃないが、本当のテロが発生しても、「どうせ、またヤラセだろ」と、思ってしまう自分がこわい?












COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。