戦争

シリアの真実を知りや? パート3

 ←「Memphis Soul Stew」King Curtis & The Kingpins →「Baby I Love You」Aretha Franklin、B.B. King & Bonnie Raitt 、 Angelique Kidjo
「嘘八百のシリア報道、嘘八百の国境なき医師団」



戦争というものが昔も今も「彼ら」によって創作された八百長だということは、繰り返し書いてきた。
この「常識」は、皆さんも十分にご理解いただいているだろう。
ただ、実際に戦争を経験していない我々は、戦争というものがどういうものなのか、今一つ理解できていないのではないだろうか?
新聞・テレビは嘘ばかり報道しているが、戦争がどれだけ悲惨なものかということも、故意に隠しているのではないだろうか?
地球情報局さんの発信しているシリアの動画を見て、改めて、戦争の恐ろしさを思い知らされた気がする。
空爆によってゴーストタウンとされた街並み、一瞬で破壊された建造物・・・
「百聞は一見にしかず」である。
この映像を、しっかりと見て欲しい。そして、戦争の恐ろしさ感じて欲しい。
この恐ろしい状況は決して他人事ではないことを、理解してほしい。
「彼ら」の操り人形にあやつられ、マスゴミが垂れ流す嘘ニュースに騙され続けている間に、この恐ろしい状況は、この日本でも再現されてしまうかもしれないのだ・・・
そして、以前にも国境なき医師団の正体については記事にしたが、この団体も「彼ら」に操られた傀儡組織であることを、覚えておいてもらいたい。




(地球情報局)さん
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52026199.html
2016年02月23日14:22
シリア内戦で空爆を受けた街並みが地獄すぎる
まるで「この世の終わり」! シリア内戦で廃墟と化した街の空撮映像が地獄すぎる


シリア第三の都市ホムス。首都ダマスカスとアレッポの中間に位置し、内陸部の各都市を結ぶ要所として栄えている――という話は今や昔。2016年現在、ホムスの街は内戦によって完全に“死んだ街”になってしまった。ドローンによる空撮映像が捉えているのは、もはや人が住めるような建物が一軒も残されていない絶望的現状だ。爆撃によって瓦礫の山と化した街は、人口100万人を誇っていた過去がまるで嘘のように閑散としている。まさに「この世の終わり」としか喩えようのない光景だ。



http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52017558.html
2015年11月18日01:18
【衝撃映像】(シリア)カメラマンの至近距離で激しい空爆

http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52017624.html
2015年11月18日21:12
シリア人女性がロスチャイルドの新世界秩序(NWO)がシリアを嫌う理由を説明



(櫻井ジャーナル)さん
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201602220000/
2016.02.22
シリアを侵略している傭兵集団を支えているトルコのエルドアン大統領はシリア侵略の権利を主張

2月20日にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はUNESCOのイベントで演説、トルコはシリアで作戦を遂行する全ての権利を持っていると言ってのけた。軍事侵攻する権利があるというわけだ。

 トルコが直面する脅威と戦うためだというが、シリアを侵略しているワッハーブ派/サラフ主義者を中心とする武装勢力、つまりアル・カイダ系武装勢力やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILなどとも表記)を支えてきた国のひとつがトルコであり、シリアから見ればトルコは脅威どころか侵略者だ。エルドアン大統領はシリアやその同盟国がトルコを破壊することを受け入れなければならないことになる。

 2011年3月にシリアへの侵略戦争が始まった当時からトルコのインシルリク空軍基地は侵略軍の拠点で、アメリカの情報機関員や特殊部隊員、イギリスとフランスの特殊部隊員が戦闘員を軍事訓練しているとも伝えられていた。シリアへ侵攻した戦闘員への兵站線はトルコから延びている。昨年9月30日にロシア軍が空爆を始めるまで、シリア北部の制空権はトルコ軍が握っていたので、この兵站線は守られていた。

 侵略軍がシリアやトルコで盗掘した石油はトルコへ運び込まれているが、この密輸で黒幕的な役割を演じているのがエルドアン大統領の息子であるビラル。この人物が所有するBMZ社が盗掘石油を輸送、その背後にはジェネル・エネルギー社が存在していると言われ、現在イタリア当局からマネー・ロンダリングで捜査の対象になっている。

 ジェネル・エネルギー社はロンドンを中心とするタックス・ヘイブン網の一角を占めるジャージー島に登記されている。投資会社のジェネル・エネルジ・インターナショナルがバラレスに買収されたのだが、この投資会社を創設したのはアンソニー・ヘイワード(元BP重役)、金融資本の世界に君臨しているナサニエル・ロスチャイルド、その従兄弟にあたるトーマス・ダニエル、そして投資銀行家のジュリアン・メセレルだという。

 侵略勢力はシリアのバシャール・アル・アサド体制を倒し、傀儡政権を樹立させるか、リビアのような無政府状態の破綻国家にしようとしているのだが、その目論見を潰しかけているのがロシア軍の空爆。これを止めさせようと侵略勢力は必至。

 そうした中、「国境なき医師団」の病院が爆撃され、例によって西側はロシア軍を批判する。ただ、病院スタッフの証言以外に証拠はなく、しかも病院にはジュネーブ諸条約が定める特殊標章が表示されていないことも判明した。通常、こうした施設はGPSで関係国に正確な位置を伝えておくのだが、この病院はそうしたことも行っていなかった。これは地元スタッフが要求したからだという。ロシア側は病院の空爆を否定している。

 ちなみに、「ジュネーブ諸条約第2追加議定書」の第12条は次のように書かれている。

「医療要員及び宗教要員、医療組織並びに医療用輸送手段は、権限のある関係当局の監督の下で、白地に赤十字、赤新月又は赤のライオン及び太陽の特殊標章を表示する。特殊標章は、すべての場合において尊重するものとし、また、不当に使用してはならない。」

 シリアを侵略している国々は、政府軍による住民虐殺や化学兵器の使用を口実にして自らが軍事介入しようとしたが、いずれも嘘だということが発覚している。化学兵器を政府軍が使用したという偽情報は2013年8月に流されたが、その発信元も今回と同じ「国境なき医師団」だった。


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201602210000/
2016.02.21
シリアで侵略戦争が始まった直後から潜入していた米特殊部隊の位置をロシア側へ通告すると発表

アメリカ空軍のチャールズ・ブラウン中将は2月18日、国防総省におけるブリーフィングで、ロシアに対してアメリカの特殊部隊が活動している位置をロシア側へ通告していると発表した。ミスでアメリカ軍部隊を攻撃しないようにということだが、通告されるまでもなくロシア軍はその位置を把握、そうしたことをアメリカ側も承知していたはずで、ここにきてそうした話を表に出した理由が何なのか、興味が持たれている。

 2011年3月にシリアのバシャール・アル・アサド政権を倒す目的で外国勢力が戦闘を始めた時から、そうした勢力は自国の特殊部隊を潜入させていたと見られている。例えば、イスラエルでの報道によるとイギリスとカタールの特殊部隊が潜入、WikiLeaksが公表した民間情報会社ストラトフォーの電子メールによるとアメリカ、イギリス、フランス、ヨルダン、トルコの特殊部隊が入っている可能性がある。

 また、イギリスの特殊部隊SASの隊員120名以上がシリアへ入り、ダーイッシュの服装を身につけ、彼らの旗を掲げて活動しているとも報道された。流れから考えて、ダーイッシュの内部に入り、政府軍側との戦闘に参加していた可能性が高いだろう。

 昨年10月にバラク・オバマ米大統領は50名近いアメリカの特殊部隊をシリア北部へ特殊部隊を送り込むことを承認したと伝えられている。「訓練、助言、助力」が目的だとしているが、それだけで納まっているとは考え難い。



(マスコミに載らない海外記事)さん
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-3079.html
2016年2月22日 (月)
売女マスコミ、活動中

Paul Craig Roberts
2016年2月19日

私は今朝、短時間、フォックス“ニューズ”放送、次にNPRの報道番組の前で釘付けになった。アメリカ・マスコミによって絶えず垂れ流される危険なウソのきりのない流れに比べれば、ヒトラーの第三帝国時代のナチス・プロパガンダは、ずっと穏やかだったと確信するには、それで十分だった。
ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストや、NPRに登場するいくつかのシンク・タンクの類。連中は考えられる限り最も露骨なプロパガンダを送り出すが、アメリカ政府のいかなる声明にも疑問は投じない。
シリアにおけるあらゆる問題は、ロシアとアサドのせいなのはご存じだろうか? アメリカは全く悪くない。アメリカは、(アメリカが作り出し、支援し、ほう助している)ISISと戦おうとしているが、邪悪なロシアとアサドは(大多数の票を得て選出された)“残虐な独裁者”の代わりに、シリアに民主主義をもたらそうとしている無辜の“民主的反政府派”と戦っている。ロシアは学校や病院も爆撃し、“巻き添え被害”は、アメリカが引き起こしているのに、ロシアがそれをしたと非難される際には戦争犯罪になる。ロシアを非難している連中の非難には、アメリカ政府による確認できない主張以外は何の証拠もない。ありもしないイラク“大量破壊兵器”、ありもしないイランの核、そして、アサドによるありもしない“自国民に対する”化学兵器使用にもかかわらず、テレビの評論家連中は、アメリカ政府政府が言うことを何でも疑問を持たずに受け入れている。私が特に失望したのは、カレン・デヤングだ。若手記者時代、彼女はニカラグアにおけるネオコンの失敗を積極的に報道していた。ところが、ワシントン・ポストの上級外交問題記者になるには、彼女は屈伏し、売女マスコミに与せざるを得なかったのだ。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
シリアの真実を知りや?


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1133.html
シリアの真実を知りや? パート2

以前から当ブログを見ていただいている方ならばこんな説明など不要であるだろうが、一応、「私の見解」を述べておきます。このニュースを世界各国の西側マスメディアがいっせいに報道している背景を探ってみました。以前、「シリアの真実を知りや?」という記事を書いたが(笑)、今回は「パート2」とさせていただきます。今このタイトルでヤフー検索したら、一番初めにアップされていた(爆)。シリアで反政府組織を“自ら創作した”西側世界(=「彼ら」)は、反政府組織が壊滅状態になると、今度はまたもや“自ら創作した”イスラム国(そもそもイスラム国の指導者だったバグダティがモサドのエージェントだったことはバレてしまってますよ)を使ってシリアで内戦を演出し、表向きはイスラム国を攻撃する“ふり”をしながら、実際はイスラム国を“援助”しているというのが「シリアとイスラム国の内戦の真実」である。
「内戦状態及びシリア国民を難民にさせているのはシリア政府であり、アサドは独裁者である」という嘘八百の報道を拡散するために、今回の詐欺報道が、“いつものごとく”拡散されたというわけである(呆れ)
西側世界(=「彼ら」)が本気でイスラム国を倒そうと思っているのなら、補給路を断つことで兵站を粉砕すれば済むことである。この“誰でも分かること”を一切報じない、西側バカマスゴミには、E加減うんざりさせられますね。







もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「Memphis Soul Stew」King Curtis & The Kingpins】へ  【「Baby I Love You」Aretha Franklin、B.B. King & Bonnie Raitt 、 Angelique Kidjo 】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「Memphis Soul Stew」King Curtis & The Kingpins】へ
  • 【「Baby I Love You」Aretha Franklin、B.B. King & Bonnie Raitt 、 Angelique Kidjo 】へ