「A Change Is Gonna Come」Sam Cooke、Otis Redding 、Al Green 、The Neville Brothers、Aretha Franklin - 映画音楽・スタンダード・トラディショナル
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「A Change Is Gonna Come」Sam Cooke、Otis Redding 、Al Green 、The Neville Brothers、Aretha Franklin

今日の1曲は、サム・クックの「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」です。
この曲はサムの自作ですが、多くの天才シンガーによって歌い継がれるスタンダード曲となっています。
メロディーの美しさはもちろんですが、そのメッセージは公民権運動の時代を感じさせるものであり、サムの偉大さを改めて感じさせられます。
歌詞にあるように、「変化の時は必ず来る」と、信じたいものです。






オーティス・レディングのヴァージョンです。



アル・グリーンのヴァージョンです。


ネヴィル・ブラザーズのヴァージョンです。



アリサ・フランクリンのヴァージョンです。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント