「それでも私は」頭脳警察  - 頭脳警察・PANTA
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「それでも私は」頭脳警察 

今日の1曲は、先日ルー・リードのアルバム・レビューで歌詞の一部を紹介した頭脳警察の「それでも私は」です。
先日の記事では「暖かい籠に包まれた幸せな家庭が人生か」と紹介してましたが、「籠」じゃなくて「加護」だったんですね。
修正しました・・・。
私は長年この曲を聴いていますが、歌詞カードなどはほとんど見ていなかったため、歌詞をちゃんと理解していませんでした。
間違えたものの、「まだ22歳のガキが「加護」なんて難しい言葉を歌詞に使うか」などと思ってしまう。
自分が間違えたくせに、歌詞のせいにするとは・・・。パンタさん、すみません(笑)

それにしても、改めてパンタというミュージシャンは凄い人ですね。
40年以上前の曲なのに、全く古さを感じさせない。
「今」のパンタが歌っても、ビンビンに聴き手にメッセージが伝わってくる。
以前、何歳だったかは忘れたが、 パンタのバースデイ・ライヴを見に行った時に、パンタがボブ・ディランやストーンズの名前を挙げて、「まだまだ俺より年上で、現役で頑張っているミュージシャンがいるのだから、俺も負けずに頑張っていきます」といったことを話したことを覚えています。

パンタはボブ・ディランやストーンズを、ライバル視しているんですね・・・。

これだけの発言をしても様になる日本のミュージシャンは、パンタと清志郎ぐらいしか存在していないだろう。
私はもっともっと多くの人に、パンタの、頭脳警察の音楽を聴いてもらいたいと思っています。







COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント