そりゃ「売れる」はずである。これ以上の宣伝効果はないだろう・・・。 - デヴィッド・ボウイ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

そりゃ「売れる」はずである。これ以上の宣伝効果はないだろう・・・。

「デヴィッド・ボウイは死んでいない?」



これだけこの世界の嘘を暴いてきた私だが、今回は騙されていたかもしれない。
デヴィッド・ボウイは死んでいない、という情報が出回っているようだ・・・。
「なんぼなんでも、それはないやろ」と思いながらも動画(相当数有ります)を見ていくと、
「ひょっとしたら、ホンマかもしれへん」ちゅー気になってきました。
何せ「この世界は嘘八百」ですから!
メディアが報道するニュースは嘘だらけですから!
ボウイが亡くなる直前に新譜を発売するのが「計画」だったとしたら・・・。

そりゃ「売れる」はずである。これ以上の宣伝効果はないだろう・・・。

前の記事でも書こうと思って実は止めたんだが、どう考えても、ボウイはイルミの匂いがプンプンします。
正直言って熱烈なファンではなかったのだが、それなりに聴いていたミュージシャンであり、特異な才能の持ち主であることは認めている人なので、めちゃショックである。
ジギーの頃もそうだが、新譜の動画を見てもホラー映画と間違いかねない内容であり、イルミの悪魔的メッセージが満載である。
ブラックスターというアルバム・タイトル自体が非常に怪しい。
ボウイはビートルズのサージェントペパーのジャケットにも登場している、あの悪名高き悪魔崇拝主義者であったアレイスター・クローリーに傾倒しておりクローリーに関する曲も歌っていたようである
ジミー・ペイジがクローリーに傾倒していたのは有名だが、「ボウイよ、お前もか」といった感である。
熱心ではないがそれなりに聴いていたミュージシャンであり、亡くなったとされる人を悪く言いたくはないのだが、冷静に判断して、ボウイは明らかにクロですナ。

西側メディアがあれだけボウイの死を取り上げるということは、「彼ら」と関係してなければあり得ないことなのです。

Space Oddity 」の頃から、月面着陸の嘘報道にボウイも「協力」していた可能性が高そうですナ。
亡くなったという報道が嘘か本当かは分かりませんが、この公式報道に裏があることは、残念だが間違いないでしょう。
かといって私は今後一切ボウイを聴かない、なんてことはないですよ。
これからも“それなりに”聴いていくつもりです。
ただ疑念の気持ちを持って聴かざるを得ませんが・・・。
こういった告発をしている動画を複数アップします。
字幕を付けて見ると理解しやすいですよ。
それにしても追悼報道さえ嘘であるのなら、我々音楽ファンは何を信じたらいいのでしょうか・・・。
最後に、デヴィッド・ボウイに訊きたい。

本当に、あなたはアリゲーターだったんですか?と。



















COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Starman の右下の写真

音楽音痴でそもそも顔がよくわからないのですが、右下の写真が
ボウイなのですか?写真の人の左目が、縦線が入っている、「宇宙への旅立ち」さん(オバマをもちあげいて、よくわからない方ですが)がよく
指摘している○プの目ですが???
 

Re: Starman の右下の写真

「katsukoのブログ」 さん

> 音楽音痴でそもそも顔がよくわからないのですが、右下の写真が
> ボウイなのですか?写真の人の左目が、縦線が入っている、「宇宙への旅立ち」さん(オバマをもちあげいて、よくわからない方ですが)がよく
> 指摘している○プの目ですが???
>  

コメント有難うございます。

偽造でなければボウイでしょう。
ボウイは若いころの喧嘩が原因で左目をやられたらしいので、義眼説がありますが、真偽のほどは不明です。
義眼を入れ替えたのか、コラージュなのか、まさか「本当の目」ということはないでしょうが・・・。
「アイム アリゲーター」の歌詞が非常に気になります(笑)



 

"i陰謀"と"陰謀論"

『マスコミとお金は人の幸福をこうして食べている』
さんに、日本には両者が同時に入ってきたので
混同している人が多いという趣旨の指摘が・・・
 最近陰謀論が多いと言ってわたしのブログから
離れてしまった方も散見されるのですが、
めげずに八百の嘘の暴露のためにがんばります~
(デビッド・ボーイの件はよくわからないので
触れないことにしますが)

Re: "i陰謀"と"陰謀論"

「katsukoのブログ」さん

コメントどうもです。

> 『マスコミとお金は人の幸福をこうして食べている』
> さんに、日本には両者が同時に入ってきたので
> 混同している人が多いという趣旨の指摘が・・・
>  最近陰謀論が多いと言ってわたしのブログから
> 離れてしまった方も散見されるのですが、
> めげずに八百の嘘の暴露のためにがんばります~

そもそも「陰謀論」という言葉自体が陰謀なんですよ。
この世界が何の陰謀もない社会だと信じ込んでいるオメデタイ人は、真剣に相手にしない方がいいですよ。
当ブログにも時々その手の「自分が洗脳されていることにも気付いていないオメデタイ方」が低レベルの糞コメントをしてこられますが、相手をしてあげるだけで本当に疲れます。
そういったオメデタイ方は無視するか、「どーぞ速やかに立ち去ってください」と、はっきり言った方がいいですよ。
そういった方とマトモにやり取りするということは、迷惑メールにマトモに向き合うするようなものでょう。

> (デビッド・ボーイの件はよくわからないので
> 触れないことにしますが)

そうですね。絶対的真実は、当事者しか分かりませんよね。
でも、この件に裏があることは、間違いないでしょうね。
私のような音楽ファンが真相に触れることは、本当は辛いことなんですよ。
どうしても「個人的なミュージシャンへの思い入れ」と「嘘社会を許せないという思い」が交錯してしまいますので・・・。
この記事を書くか書かないかは、正直言って少し悩みました。結局、後者の思いが勝りました。

kusoコメント

陰謀論言うな、という内容ではないのですが、
ブログの性質上原発推進派から2011前はときど来てました。
それで“彼ら”が最も触れられたくないのは内部被曝とチェルノブイリ事故だと判りました。感謝しています(笑)

Re: kusoコメント

「katsukoのブログ」さん


> 陰謀論言うな、という内容ではないのですが、
> ブログの性質上原発推進派から2011前はときど来てました。
> それで“彼ら”が最も触れられたくないのは内部被曝とチェルノブイリ事故だと判りました。感謝しています(笑)

そういったことを「業務」として行っている者と、救いようのないほどに理解力のない者の、二通りが存在しているようですね。
先日も、そういった方から樋口裁判長を批判するコメが来ました。
調べてみると、TPPには反対することでマトモな思考を持った人間であるように思わせながら、原発は推進しており、樋口裁判長を批判する記事を書いている不可解な人物が存在していることに気づきました。
この人物は、「福島原発の事故では直接的には放射能被害で誰も亡くなっていない」などと語っているようです・・・。
まぁ、山下センセと同一のチームに属しているとしか思えません。
この人物が上記のどちらのタイプなのかは不明ですが、注意が必要のようです。
「彼ら」は、いろいろなタイプの工作員をメディアに忍ばせているようです。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12110354220.html

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12019829489.html

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。