「9.11」の「公式ストーリー」を肯定している人間が、「彼ら」と敵対しているはずがないでしょう - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「9.11」の「公式ストーリー」を肯定している人間が、「彼ら」と敵対しているはずがないでしょう

「ドナルド・トランプの正体を探る」


トランプが「イスラム国(本当はイスラエル国)を作った張本人はヒラリーとオバマだ」と暴露したらしい・・・。


(スプートニク)さん
http://jp.sputniknews.com/us/20160103/1400548.html
トランプ氏、「ダーイシュ(IS)」の真の創設者の名を明らかに
2016年01月03日 18:59(アップデート 2016年01月03日 19:33)

米大統領選挙に共和党から立候補しているドナルド・トランプ氏は、国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」を作った張本人はヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏だと暴露した。

AP通信はトランプ氏がミシシッピーで支持者を前に演説しているビデオをYoutube上の自社チャンネルにアップした。そこではトランプ氏はシーア派の指導者のニムル師の処刑に激怒したイラン市民がテヘランのサウジアラビア大使館を襲撃した事件についてエネルギッシュに語り、「ヒラリー・クリントンがIS(ロシアで活動が禁止されているテロ組織「ダーイシュ」)をオバマと一緒に作ったんだ」と豪語している。
元米国務長官だったクリントン氏は米大統領選挙での民主党から有力候補と目されており、トランプ氏とは常に互いを攻撃しあっている。特にトランプ氏がイスラム教徒の米国への入国を禁止する希望を表した直後、クリントン氏はトランプ氏を「ISの最良のリクルート人」と揶揄。クリントン氏のこの非難は、トランプ氏の演説の一部をアルカイダと関係する組織のテロリストらが自分のプロパガンダビデオに使用したことを受けて行われたもの。




この記事を見て「真実を語る男・トランプ、オバマやヒラリーが企むNWOを粉砕してくれ!」といった趣旨の記事を書かれている陰謀系のブログも多々見られる。
いつも秀逸な記事を書かれているポール・クレイグ・ロバーツ氏も、例外ではないようだ。




(マスコミに載らない海外記事)さんより一部抜粋
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-dad4.html
トランプを大統領に
Paul Craig Roberts
2015年6月20日
アメリカでは、“指導者”の地位は、支配的な経済的利権集団の資金援助に依存している。アメリカ大統領や政治家連中は、他の何者でもなく、およそ6つの強力な私的利益集団を代表している。
セレンテの記事が刊行された後、ドナルド・トランプが歓喜を受けながら、立候補を発表した。“ペテン師”と皆言うが、アメリカ大統領は、他の何者だろう? クリントン、ジョージ・W・ブッシュや、オバマにだまされなかったとお思いだろうか? 一体どこの世界に皆様は住んでおられるのだろう?
事実、トランプは、これまでで、最善の候補者かも知れない。誰に聞いても、彼は非常に裕福だ。だから、彼には、アメリカを利権集団に売り渡して、金持ちになるために、大統領の座につく必要はないのだ。
誰に聞いても、トランプのエゴは健全だ。だから彼は、いつも、アメリカ人奴隷の統治を決定している、強力な利権集団に抵抗することが出来るかも知れない。
私の元同僚、統合参謀本部議長トーマス・モーラー海軍大将は、イスラエル・ロビーに抵抗することが出来るアメリカ大統領はいない、と公式の場で言ったが、トランプのエゴは、イスラエル・ロビーに抵抗できる程の強さがあるかも知れない。

セレンテが、今号のトレンド・ジャーナルで明らかにした通り、全ての政治家は、詐欺男か、詐欺女なのだ。それでも、我々は彼等を大統領にすることになるのなら、伝統を破って、国民の利益に役立とうと決めるかもしれない金持ちで試してはどうだろう。これは、トランプが歴史書に載るのを可能にして、彼のエゴを満足させる比類ない成果になるだろう。人がトランプの立場に到達した場合、彼は更に数十億ドル必要なのだろうか、それとも、どれほど短期間とは言え、歴史的に救世主として認められる方が、より重要なのだろうか?
私がトランプを大統領として推薦するわけではない。大きなエゴを、いかにして我々の役に立つようにできるか考えられるかという私の憶測に過ぎない。我々がクリントン夫妻を大統領に送り込むと、娘の結婚式に、300万ドル使って、ハリウッドを出し抜き、自分達の到着を見せびらかすことができる様に、二人は金儲けをすることに決めたのだ。
トランプにとって、300万ドルは、はした金だ。
金持ちは至る所で、悪魔化されるが、実行してはいない。そこで、トランプに投票することを検討してみよう。優れたローマ皇帝達の中には裕福な人々がいた。彼らの富で、連中は、国の安定を維持し、その長期的存続について考えることができたのだ。彼等は、自分達の為の、すぐさまの、非常にえり好みの儲けを狙って、彼等を打倒しようと願う私的利益集団を出し抜くことができた。
トランプを出し抜くには、かなりの金が必要だろうが、もし彼がシークレット・サービスや、CIAを無視すれば、彼もジョン・F・ケネディや、ボビー・ケネディと同じ目にあいかねない。万一、彼が軍安保複合体の予算を削減する場合は、彼は自分がしっかり守られるようにしなければなるまい。
お金がたっぷりある場合、一つ大きな利点がある。十分な量のお金は独立を意味している。トランプは、もしマスコミ報道が正しければ金持ちだ。つまり、もし正しければ、トランプは他の全ての候補者達と違い、少数の支配的私的利益集団から独立しているのだ。
もしトランプが、独立した思想家達を顧問として集めて、彼自身が、いつもの利益集団の手中に落ちないようにできるなら、彼が選出されることがあれば、彼の政権は、アメリカを、より有望な方向に導くことに成功するかもしれない。

重要な質問はこうだ。本当に豊かな人物が、本当に金持ちではない仲間達と打ち解けることができるのだろうか? もしそうできなければ、トランプは我々の意中の人物ではない。だが、もしもトランプが我が国を救いたいのであれば、彼にはお金とエゴがあり、彼を助けようとする十分な数の人々を探しだせるだろう。
この機会も、必ずしも実現したり、成功したりする保証はない。もしトランプが我々にとって最高の選択肢なのであれば、我々の状態がいかに惨めか考えよう。




本当だろうか?
いつも的確な政治分析をされておられるポール・クレイグ・ロバーツ氏も、トランプに関しては、騙されているのではないだろうか?
私は、突然、大統領選挙に出馬し、マスゴミに注目され出したこの男を信用することはできない。
もしトランプが「彼ら」と敵対する人物であったとしたら、「彼ら」の下請であるマスゴミがトランプを何度も取り上げたりはしないだろう。確かに、好意的には取り上げられていないが・・・。
そもそも西側世界(「彼ら」が支配する世界)においては、「彼ら」の息のかかっていない大富豪などは、ほぼ存在していないと、私は思っている。
その代表格が、ビル・ゲイツであるわけだが・・・。
ポール・クレイグ・ロバーツ氏が指摘しているような「金を持っているから、「彼ら」に対抗できる」という考えは、「彼ら」の存在を甘く見すぎていると、私は感じる。
ケネディー暗殺で分かるように、「彼ら」に逆らった人物は、例えケネディー家のような“イルミナティー血流”の人間でも、始末されてしまうのである。
それでは(トランプが「彼ら」の傀儡ならば)何故にトランプは、あのような発言をしたのだろう?
私が思うに、トランプは“お化け役”として「彼ら」に利用されたエージェントなのではないかと思う。
「ムスリムをアメリカに入国させるな」などと人種差別的な発言をするトランプと比べて、よほどにオバマやヒラリーのほうが“マトモな”人間であるかのように映る。そういった危険発言をする人間が「イスラム国(本当はイスラエル国)を作った張本人はヒラリーとオバマだ」などと発言することで、“良識ある(洗脳された)”アメリカ人は、「やっぱり、トランプは“トンデモ人間”だ。ネットで『イスラム国はアメリカが作った組織だ』と書かれた記事を見たが、トランプのような危険人物が同様の発言しているのだから、ネットの記事はガセネタに違いない」と、思わせることを目的とした“ヤラセ発言”だったのではないでしょうか。
こういった危険人物に危険発言をさせることで、トランプよりは“マトモ”に映る、ヒラリーやジェブ・ブッシュを、次期大統領にさせるつもりなのではないでしょうか。
ウィキに掲載されているこの発言も、同様の「彼ら」の目的が隠されているのでしょう。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97
• リビアを見なさい。イラクを見なさい。イラクに昔はテロリストなどいなかった。フセインならテロリストを即座に殺害していただろう。それが今や、テロのハーバード大学のようなものだ"彼が良い人物だったと言っているわけではない。彼はひどい奴だが、昔は今よりずっとましだった。今や、イラクはテロリストの教練場だ。今やリビアを、誰も知らず、率直に言って、イラクも、リビアもなくなったのだ。皆崩壊してしまった。両国はどうすることもできない。何が起きているのか誰にもわからない。
• 人々は首を切り落とされ、おぼれさせられている。現在、彼らは、サダム・フセインやカダフィ支配下より、かつてなかったほど酷い状態にある
• リビアは大失敗だ。イラクは大失敗だ。シリアもだ。中東中が。そしてこれは皆ヒラリー・クリントンとバラク・オバマが台無しにしたのだ。




一見、マトモな発言のように映るのですが、こういった“トンデモ人間”の発言であれば、アメリカ知識人(洗脳ピープル)には、真逆な印象を与えるのでしょう。
「“トンデモ人間”のトランプの発言が正しいはずがない。オバマのイラク政策、リビア政策を支持するべきだ。アメリカを独裁国家にしてはいけない」と。
さらに、馬鹿なアメリカ人は、こう思うのです。
「我々はリベラルな大統領を選んだ。アメリカは民主主義国家である。アメリカ及び民主主義国家を脅かすテロリスト・イスラム国(本当はイスラエル国)を倒してくれ。そのためにはテロを未然に防止するための法律の整備が必要である!」と。
だいたい「9.11」の「公式ストーリー」を肯定している人間が、「彼ら」と敵対しているはずがないでしょう
娘もユダヤ教らしいですしね・・・。
誰かポール・クレイグ・ロバーツ氏に、真実を教えてあげてください。



http://www.afpbb.com/articles/-/3070334?pid=0&page=2
ドナルド・トランプ氏語録 ─ 止まらない「暴言」の嵐
2015年12月15日 15:34 
■過激派の脅威について
「(2001年9月11日の同時多発テロで崩壊した)世界貿易センター(World Trade Center)のようなことがさらに起きる。事態は悪くなる一方だ。政治的に正しいことばかり言い、間抜けなことをすることはできるが、状況はますますひどくなっていく」
 ── 12月7日の選挙集会での発言
「私だったらどう対処するかは、みなさんは聞きたくはないだろう。(それを言えば)相当な面倒を起こすことになる。われわれは、とても厳しく対応していく」
 ── 14人が犠牲になったカリフォルニア(California)州銃乱射事件の2日後の12月4日、テロリストの脅威についての発言




(美女見聞録)さんより抜粋
http://kifemale69.seesaa.net/article/411674013.html
2015年01月02日
米富豪の父ドナルド・トランプ(Donald Trump)を父に持つイヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)は、エレガンスの極み TPOを心得る

イヴァンカ・トランプ(Ivanka Marie Trump、1981年10月30日 - )はアメリカ合衆国の女性実業家、ソーシャライト、女性相続人、ファッションモデル[1]。彼女は不動産王ドナルド・トランプと実業家イヴァナ・トランプの娘であり、トランプ・オーガナイゼイションの副社長を務める
宗教
ユダヤ教
長老派のキリスト教徒として育てられ、結婚に先立つ2009年7月、ユダヤ教に改宗し、ヤエルというユダヤ名を選んだ




http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/keimason.html
アメリカ経済を支配するフリーメーソン、ユタヤ人

アメリカのメーソン人脈のすごさは、私の取材したところ(一九九九年)、グランド・
マスターのクライプ氏が、
 今から十年ほど前、米国のある雑誌が全米トップ企業五百社のトップビジネスマン
一万五千人を対象にアンケートをとったところ約一万人がメーソン会員であると判明
しました
」というように、
 アメリカの財界はフリーメーソンがひしめいている。フリーメーソンの経営する企業
も多いが、その資産は数千億ドルといわれる。


次にユダヤについて語ろう。
ユダヤのアメリカ征服は次のようにして始まった。
一八七五年、クーンロエブ、ウォルフという三人のドイツ系ユダヤ人によって「クー
ン・ロエブ・カンパニ-」銀行がニューヨークに創設された。一八九五年、ロスチャイ
ルドはフランクフルトからユダヤ人ヤコブ・シップをこのクーン・ロエブ商会に派遣
した。ユダヤ人のアメリカ占領作戦の開始である。        
 当時のアメリカの金融界は個々の企業の割拠主義で分散状能にあった。この弱点を
看破したシップは、在米ドイツ系ユダヤ銀行の大連盟計画を策し、電光石火的活動にとり
かかった。
すなわち彼は同郷のユダヤ人スペーヤーの経営する、当時の全米有数の大銀行スペー
ャー・エンド・カンパニーに働きかけて砲さ込みに成功し、さらに同じくユダヤ人セリ
グマンの支配する、これもアメリカ屈指の大銀行セリグマン・エンド・カンパニーに誘
                
いかけて不可分一体の関係を結び、ここに強力な一大ユダヤ人銀行トラストを完成し
た。
 シップはまた全世界のあらゆるユダヤ系銀行と連携し、全米ユダヤ人銀行トラストの
絶対不動の地盤を築いた。
 ここに確立されたクーン・ロエブ金融財閥の実体は、ロスチャイルドのアメリカ支店
である。そして一九世紀から二〇世紀初頭にかけてロスチャイルド帝国の対アメリカ作
戦総指令官の役割を果たしたのがヤコブ・シップであったのだ。
 アメリカ北東部のユダヤ教徒が、一八七七年にはわずか十七万五千人であったのが、
五十年後の一九二七年には四百万人に達している。
こうしてユダヤ人はアメリカ経済を支配していったのだが、読者の中にはユダヤ人の
独占状態を信じない人々もあると思うので以下アメリカの大企業を牛耳るユダヤ人の名
を具体的に列挙してみよう。
【流通】
 ブルーミンデール (ライマン・ブルミンデール)、ギルブル・プラザーズ (アダム・
ギンブル)、シアーズ・ロドバック(ジユリス・ローゼンワルド)、エンポリアム(ヤコ
ブ・カウフマン)、メーシーズ(ラザラズ・ストラウス)、ウールワース(ユージン・フアー
カウフ)、ホーム・デボ(バーナード・マーカス)、セール (モーリス・ゼール)、プレ
ンタノ書店(オーガスト・プレンタノ)
【報道】
 ニューヨーク・タイムズ (アドルフ・オックス)、ワシントン・ポスト(ユージン・
メイヤー)、CBS(ウィリアム・バレイ)、NBC、RCA(サーノフ親子)、ABC
(レオナルド・ゴールデンソン)、ターナー・ブロードキャスティング、CNN(テッ
ド・ターナ⊥、ニューズコープ(ルパート・マードック)
【エンターテイメント】
 バラマウント(アドルフ・ザッカー、ジエシー・ラヌキ⊥、デイズニー(マイケル・
ァィズナ⊥、ユナイテッド・アーチスト(アーサー・クリム)、ドリーム・ワークス(ス
テイーヴン・スピルバーグ)、コロンビア(ハリー・カーン)、20世紀フオツクス(ウイ
リアム・フオツクス)、メトロ・ゴールドウイン・メイヤー(サミユエル・ゴールドフィッ
シュ、ルイス・メイヤ⊥、ユニバーサル(カール・レンメル)、MCA、ポリグラム(エ
ドガー・ブロフマン)、ワーナー・プラザーズ(ハリー・ワーナ⊥、タワー・レコード
(ラッセル・ソロモン)、パイアコム(サマー・レッドストーン)
【出版】
 フイアデルフイアー・インクマイア、トライアングル出版(モーゼス・アネンバー
グ)、タイム・ミラー、ニューハウス出版(サミユエル・テユーハウス)、ジフ・デイビ
ス出版(ウィリアム・ジフ)、ランダム・ハウス(ベネット・サウス)
【石油鉱山】
 アモコ石油(ヤコブ・ブロースタイン)、テキサコ(カール・アイカーン)、オクシデ
                
ニクル石油(アーマンド・ハマー)、アラメダ・ヘス(レオン・ヘス)、アメリカン・ス
メルティング・アンド・リファイニング、チリ・コツバー、ケネコツト・コツバー(メ
イヤー・グツゲンハイム)、エンゲルハート(チャールズ・エンゲルハート)
【ファッション】
 リーパイス(レビ・ストラウス)、カルバン・クライス(カルバン・クライス)、ラ
ルフ・ローレン(ラルフ・ローレン)、ギャップ(フィッシヤー家)、リーボック(ポー
ル・ファイン)、ストライド・ライト(ロバート・シーゲル)、シンプリシティ・パター
ン(ジエームス・シヤピロ)、ヴイクトリア、シークレット(レスリー・ウエクスナー)
【コンピューター】
 DEL(マイケル・デル)、インテル(アンドリユー・ゴーブ)、マイクロソフト(ポー
ル・アレン)、オートマチック・データ・プロセッシング(フランク・ローテンバーグ)、
ユニシス(マイケル・ブルメンサール)、TRB(サイモン・ラモ)、IBM(ルイス・
ジャーズ)、パッカード・ベル(ペニー・アラヴエム)、オラクル(ラリー・ユリクソン)、
ペロー・システムズ (ロス・ペロー)
【製造】
 プレミア・インダストリアル(ジャック・マンデル)、GM(ジエイ・フインゲルス
タイン)、USX(カール・アイカーン)、ポラロイド(エドウイン・ランド)、テクス
トロン(ロイ・リトル)、リットン(ロイ・アッシユ)、クライスラー(ロバート・イー
トン)、ノースウエスト・インダストリー(ペン・ハイネマン)、メゴ(デビツド・アブ
ラムス)、シヤロン・ステイール(ビクター・ボスナ⊥、バルポア時計(ローレンス・
ティッシュ)、リースコ(ソール・スタインバーグ)、ゼロックス(マックス・バレブス
キ-、ゼ、ナラアル・ダイナミックス(ヘンリー・クラウン)、デユボン(アービング・シヤ
ピロ)、フィラデルフィア・アンド・リーディング(ハワード・ニューマン)、ガルフ・
アンド・ウェスタン(チャールズ・ブランドホーン)、ラビツド・アメリカン(ミシエ
ラム・リクリス)
【化粧品】
 レブロン(チャールズ・レブロン)、エスティー・ラウダー(エスティ・ラウダ-)
パイダル・サッスーン (パイダル・サッスーン)
【観光交通】
 ハイアット・ホテル・チェーン(アブラム・ブリッカ-)、カーニバル・クラーズ(テッ
ド・アリソン)、ホテル・ミラージユ(ステイーブン・ウイン)、アラデイン・ホテル
(ジャック・ソマー)、ホテル・フェアモント、アムトラック(リチヤード・ソマー)、
                               
WA(カール・アイカーン)、ローズ・ホテル (ローレンス・ティッシュ)
【建設不動産】
 オリンピア・アンド・ヨーク(サミユエル・レイヒマン)、カウフマン・アンド・ブ
ロード (ウィリアム・カウフマン)、トランプ・エンタープライス(ドナルド・トラン
プ)
、エンバイヤステート・ビルディング(ヘンリー・ブラウン)、レフラック(サミユ
エル・レフラック)、レビツド・アンド・サンズ (アブラハム・レビツド)
【食品】
 マクドナルド(ジャック・グリーンバーグ)、コンソリデイッド・フード(ナサン・カ
ミングス)、コングレス・シガー(ウィリアム・ペイレー)、コンチネンタル・グレイ
ン(マイケル・フリバーグ)、ハーツ・マウンテン(レオナルド・スターン)、ペン・ア
ンド・ジユリー(ペン・コーヘン、ジユリー・グリンフィルド)、スターバックス(ケ
ビン・プラニコフ)、ジエームス・ビーム(マーティン・レウイン)、シーグラム(エド
ガー・ブロフマン)、ロリロード・タバコ (ローレンス・ティッシュ)、カーゲギ(カー
ギル)
【玩具】
 マテル (エリオット・ハンドラー)、トイザラス (チャールズ・ラザウス)、ハスプ
ロ (ハッセンフィールド)
【保険】
 AIG(モーリス・グリーンバーグ)、リライマンス(ソール・スタインバ-グ)
【プロフェッショナル・サービス】           
 H&Rブロック(ブロック兄弟)、ジャイアツト・デイ(シエイ・ジャイアツト)、マ
ン・パワー(シエインフエルド・ウインターズ)
【船舶】
デ・バス・スペイン商会(マーロン・デ・バス)
【その他】
 アメリカン・エクスプレス(サンフエルド・ウェイル)、CNAファイナンス(ロー
レンス・ティッシュ)、コンチネンタル(フリホーグ家)以上のようにアメリカ経済を
牛耳るユダヤ人の大企業はそうとうな数にのぼる。『アメリカ・ユダヤ人の経済力』(佐
藤唯行著 PHP)という本がある。いわゆる「反ユダヤ本」ではないが、アメリカの
ユダヤ人の経済力をモ中立的モな立場で論じている。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。