トップ・ミュージシャンに敬愛される天才ミュージシャン、Curtis Mayfield - カーティス・メイフィールド、ジ・インプレッションズ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

トップ・ミュージシャンに敬愛される天才ミュージシャン、Curtis Mayfield

「All Men Are Brothers:A Tribute To Curtis Mayfield」Curtis Mayfield


12月26日は、カーティス・メイフィールドの命日である。少々日が経ってしまったが、カーティスを追悼して1994年のトリビュートアルバムである本作を取り上げたいと思います。
トリビュートアルバムといっても、当時まだカーティスは生きていました。
1990年に遭遇した不慮の事故によって打ちのめされたカーティスを応援しようと、カーティスを敬愛するミュージシャンがカーティスの曲をカヴァーしたものなのです。
参加したのはトップ・ミュージシャンばかりで、改めてカーティスが多くのトップ・ミュージシャンに愛され、多大な影響を与えていたということを、思い知らされます。

個別の曲については、明日からの1週間の「今日の一曲」で取り上げたいと思います。
できれば、聴き比べの形式にしたいと思っています。
今日は「ウーマンズ・ガット・ソウル」と、カーティス自身もリカーパッションズとともに参加している「レッツ・ドゥ・イット・アゲイン」をアップします。

「ウーマンズ・ガット・ソウル」カーティスが在籍していたインプレッションズ時代のヴァージョン



「ウーマンズ・ガット・ソウル」B.B.キングのヴァージョン



「レッツ・ドゥ・イット・アゲイン」カーティス・メイフィールド&リカーパッションズ



おまけに「レッツ・ドゥ・イット・アゲイン」のステイプル・シンガーズのヴァージョンです





評点:100点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。