最後の砦、「言論の自由」を死守しよう! - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

最後の砦、「言論の自由」を死守しよう!

「“イルミナティによる極悪人類支配計画”の情報拡散を取り締まる法案が特定秘密保護法である」




ケムトレイル、人工地震、医療詐欺、ワクチン、原発問題、放射能汚染、遺伝子組み換え食品、不正選挙、マネー詐欺、自作自演テロ、八百長戦争・・・etc、「彼ら」の極悪計画を地道にコツコツと暴いてきた私だが、そろそろヤバそうである。「彼ら」の極悪計画を暴いた者(私?)を取り締まる法案「特定秘密保護法」が閣議決定したようである。
私は元来脳天気な性格なものでそんなことは全く気にしていないが、皆さんは、自分や身近な人が「彼ら」の仕組んだ八百長戦争に巻き込まれないために、精一杯抵抗して下さい。「彼ら」の悪事はネット上ではかなりの人間に知れわたっています。「彼ら」及びその手先である売国奴連中は1%にも満たないのです。数の力では決して負けないはずです。「言論の自由」を守りましょう!
「正義は勝つ」と、私は信じています。







http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013102602000150.html

 政府が秘密独占 秘密保護法案 国会審議へ

機密情報を漏らした公務員らに対する罰則を最高で懲役十年に強化することなどを柱にした特定秘密保護法案は二十五日、閣議決定され、衆院に提出された政府が恣意(しい)的に秘密を指定し、際限なく秘密の範囲が広がる恐れがあるなど「国民の知る権利」を制限する内容は変わらないまま、議論の場を国会に移す。
 法案によると、(1)防衛(2)外交(3)スパイ活動の防止(4)テロ活動の防止-の四分野のうち、政府が「国の安全保障に著しい支障がある」と判断した情報を特定秘密に指定。公務員らが漏えいした場合、罰則を科す。
 法案には、大きく三つの懸念がある。
 一つは、指定が行政機関の長だけの判断で決められ、第三者のチェックを受けないことだ。政府が不都合な情報を隠し、国民から遠ざける恐れがある。
 罰則は、秘密を漏らした公務員だけでなく、情報を知ろうとした市民にも適用される。漏えいのそそのかし、あおりたて、共謀も最高懲役五年と定めているためで調査活動を行う研究者や市民団体のメンバー、記者が罪に問われかねない。
 秘密を永久に公表しなくてよい仕組みにもなっている。特定秘密の指定は五年だが、何回でも更新でき、三十年を超えても内閣が承認すれば隠し続けることができる。 法案に対し、多数の憲法学者や刑事法学者が「国民主権などの憲法の基本原理を脅かす」と反対を表明するなど、撤回を求める声は強まっている。
 しかし、政府・与党は十二月六日までの今国会で成立させる構えだ。二十五日の衆院本会議で、秘密保護法案とセットにしている日本版「国家安全保障会議(NSC)」創設関連法案が審議入り。政府・与党は同法案を早期に衆院通過させ、秘密保護法案の審議に入る方針で、安倍晋三首相は本会議で「早期に成立させ、漏えい防止の体制を確保することが必要だ」と述べた。


(Livedoorブログ)さんより
http://blogos.com/article/72398/?axis=t:7855
• 五十嵐仁
• 2013年10月26日 10:28
戦争準備のための秘密保護法案は廃案にするべきだ

特定秘密保護法案が閣議決定され、衆院に提出されました。12月6日までの短期間での成立が狙われていますが、徹底審議によって法案の危険性を明らかにし、廃案に追い込むべきです。
 政府が勝手に秘密だとして情報を秘匿し、国民の「知る権利」を制限する反民主主義的な悪法であるだけではありません。その主眼は軍事機密の保護にあり、戦争準備ための危険な法律でもあるからです。

 それにしても、安倍首相の戦争準備と軍事国家に向けての「暴走」は目に余ります。集団的自衛権の行使容認のために有識者会議「安保法制懇」を再開させ、内閣法制局長官の首をすげ替え、オスプレイの配備と日米共同訓練を強行し、武器輸出三原則を緩和させようとしています。
 この一連の経過の中で、今回、日本版NSC(国家安全保障会議)の設置と抱き合わせで「国の安全保障に著しい支障がある」と判断された情報を保護するための新しい法律として、特定秘密保護法案が国会に提出されたというわけです。その先には、アメリカと共に戦争できる国という目標が設定されていることは容易に見て取ることができるでしょう。 自民党の石破幹事長は防衛相時代の大臣室に軍艦のプラモデルを飾るなど「軍事オタク」として知られていますが、さしずめ安倍首相は「戦争オタク」と言うべきでしょうか。現政権の中枢がこのような特異で危険な人物によって担われている点に、今日の日本の不幸があります。

 さて、このような政権によって提起されている特定秘密保護法案ですが、大きく言って三つの問題があります。第一に、何が秘密かは秘密にされており、その内容は政府が勝手に指定することができること、第二に、「知る権利」の保障が不十分で、報道機関や市民団体の取材や調査が罰せられること、第三に、将来的な情報公開の規定がなく、特定秘密とすれば永久に秘匿することが可能になることです。
 これによって、政府は「知る権利」や「報道の自由」を制限して隠したい秘密を隠すことができるようになります。こうして、主権者である国民は重要な情報の入手を妨げられ、民主主義の基盤が崩れてゆくことになるでしょう。
 この法案を容認したり支持したりする人物や団体は、民主主義を口にする資格を失うことになります。この法案を批判したり反対したりしない報道機関は、その資格を放棄したものと見なすべきでしょう。

 今日の『日経新聞』の1面には、この法案の提出についての記事が出ていませんでした。「社説」も、この法案を取り上げていません。
 その程度の扱いで良いと判断したところに、『日経新聞』の立場が示されています。さすがに、2面には「秘密保護法案 国会に提出」という記事が出ており、「行政の過大裁量に懸念」という指摘もあります。
 しかし、この「過大裁量」によって取材活動が大きく制約される可能性があることを、『日経新聞』は気がついているのでしょうか。次のような指摘は、報道機関にとっても死活的な問題なのではないでしょうか
 「野党は秘密保護法案が、国民の『知る権利』を損なうおそれがあるとして追及する。同法案は知る権利や報道・取材の自由への配慮をうたうものの、具体的な規定があいまいだからだ。
 例えば『取材活動は法令違反または著しく不当な方法でない限り正当な業務』と明記し、政府も『通常の取材は罰しない』と説明する。しかし、『当・不当』の線引きは明確にせず、個別に判断する方針だ。」

 これは、『日経新聞』の記者が書いた記事です。ここでも、「『当・不当』の線引きは明確にせず、個別に判断する方針だ」との指摘が、はっきりとなされているではありませんか。
 そのような「具体的な規定があいまい」な法律の下で、自由な取材活動ができると考えているのでしょうか。それは「野党」の「追及」にまかせておいて良い問題なのでしょうか。
 報道機関は、まさに取材の「当・不当」が問われる当事者ではありませんか。自らの問題として捉え、ジャーナリズムとしての存在をかけ、取材の自由を守るために、この法案には明確に反対しなければなりません。

 アメリカから与えられた軍事機密を守るために自国民を罪に問うような愚かな政府であって良いのでしょうか。これでは対米従属の極みと言うしかありません。
 民主主義国家としてのあり方からすれば、秘密の保護より情報の公開をこそ、求めるべきでしょう。まして、その秘密が戦争の準備や遂行のためのものであるということがはっきりしている以上、この法案の廃案によって、そのような秘密を持つ軍事国家にはならないという意志を明確にするべきではないでしょうか。



http://hibi-zakkan.net/archives/33464138.html
(日々雑感)さんより
【広瀬隆さんより】緊急!! 特定秘密保護法案を閣議決定

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。