大津波と東電・福島原発事故に見舞われた三陸海岸に「ダビデの星」が、現れた - ケムトレイル・HAARP・気象操作・人工地震

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

大津波と東電・福島原発事故に見舞われた三陸海岸に「ダビデの星」が、現れた

「悪魔が来りて原発テロを起こす・・・」


日本人なら必ず知っておかなければならないこと。

問い:「日本の原発は誰が管理しているのでしょうか?」
答え:「イスラエル企業、マグナBSP社です」
問い:「何故、日本の企業ではなく外国の企業に委託しているのでしょうか?」
答え:「・・・・・・・」

日本の全原発を、イスラエル企業であるマグナBSP社が管理しています。
ということは?
「日本は、イスラエルに心臓を預けている」ということです・・・。




(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2015/12/00012689
イスラエル核攻撃と福島原発事故
2015年12月26日 16:37

大津波と東電・福島原発事故に見舞われた三陸海岸に「ダビデの星」が、現れた。
 IDF Home Front Command。イスラエル軍の野戦病院である。2011年4月2日、現地を訪れた筆者は前頭葉を ワシづかみ にされたような衝撃を受けた。
 イランの核施設を攻撃した際、あるいはガザに限定核を落とした際、イスラエルにどれくらい放射能が飛来してくるのか? 人体や環境に及ぼす影響は? 
 イスラエル軍はデータを採りに来たのではないだろうか・・・そう思えてならなかった。
 原発のある福島県大熊町と宮城県南三陸町の間の距離とを比べるとイランは遠過ぎる。ガザは近過ぎる。完ぺきな比較とはならないが、放射能の影響を調べるには格好の機会だ。
25日夜の「ニコ生・孫崎チャンネル」に出演した際、孫崎享氏に上記の件を聞いてみた。孫崎氏は元イラン大使だ。
 氏は即座に「私もそう思った」「その目的は確実にあると思う」と大きく相づちを打った。
 イスラエル軍は1981年、イラクの核施設を攻撃、破壊した実績がある。精密誘導弾などない時代にパイロットが手動で爆弾を投下し、命中させたのだ。
 イスラエル軍によるイランの核施設攻撃。 アベ首相が二言目には口走っていた「ホルムズ海峡封鎖」より、こちらの方がはるかに現実味がある。

  ~終わり~



(櫻井ジャーナル)さん
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201512250000/
2015.12.25
カネと核兵器を生み出す原発を再稼働させれば放射性廃棄物を増やし、次の過酷事故も時間の問題
【関電高浜原発】
 日本政府は原発を再稼働させつつある。その方針を遂行する上で障害になっていたのが今年4月に出された高浜原発の再稼働差し止め仮処分決定。その仮処分決定を福井地裁の林潤裁判長は12月24日に取り消した。裁判所は支配層の利権を守るシステムに組み込まれているわけで、福井地裁民事部の林潤はその責務を果たしたことになる。

 警察や検察についても同じことが言える。原発事故の原因を追及しようとしていないだけでなく、原発推進の障害になる人物や団体を攻撃してきた。例えば、事故前には原発に慎重な姿勢を見せていた福島県の佐藤栄佐久知事(当時)を事実上の冤罪で排除している。

 原子力発電所を稼働させること自体が危険なことはスリーマイル島原発、チェルノブイリ原発、そして東電福島第一原発の事故を見るだけでも明らか。放射性廃棄物の処理方法も確立していないわけで、正気なら原発を推進できるはずがない。原発推進派を狂わせている大きな理由はおそらく巨大利権と核兵器だ。利権はカネそのものだが、核兵器も脅してカネを巻き上げるための道具であり、強欲が原発推進派を狂わせているとも言えるだろう。福井地裁の林もそうした狂気に絡め取られている

【核兵器開発の疑惑】
 福島第一原発事故では日本側の秘密主義が疑念を呼んでいる。核兵器に関係した作業が行われていたのではないかという疑惑だ。日本は1980年代からアメリカ支配層の一部勢力から支援を受け、事故の時点で70トンの兵器級プルトニウムを蓄積していたとジャーナリストのジョセフ・トレントは主張している。

 外国の専門家を受け入れようとしない東電だが、事故の1年前、セキュリティ対策でイスラエルのマグナBSPという会社と契約している。セキュリティ・システムや原子炉を監視する立体映像カメラが設置されていたという。これはエルサレム・ポスト紙ハーレツ紙が伝えている。事故後に残った50名には、事故の約3週間前にイスラエルでシステムに関する訓練を受けた2名も含まれていたという。

 そのイスラエルは現在、世界有数の核兵器保有国。1950年代後半にフランスから原子炉を入手、60年2月にサハラ砂漠で行われたフランスの核実験に参加している。核開発に必要な資金はパリに住むエドモンド・アドルフ・ド・ロスチャイルドやアメリカのアブラハム・フェインバーグが提供していたほか、西ドイツのコンラッド・アデナウアー首相はイスラエルの核兵器開発を支援するため、1961年から10年間に合計5億マルク(後に20億マルク以上)を融資することを決めている1960年代にイギリスは核兵器用のプルトニウムをイスラエルへ秘密裏に供給していた。

 イスラエルの核兵器開発に厳しい姿勢で臨んでいたジョン・F・ケネディ大統領は1963年11月22日に暗殺され、次に大統領となったリンドン・ジョンソンは上院議員時代から親イスラエル派として有名。1965年にはウェスチングハウスやアメリカ海軍が保有する90キログラム以上の濃縮ウランを核関連会社のNUMECが盗んだ疑いが浮上する。その前年にイスラエルのディモナでは原子炉が本格的な総合を始めていたが、そこへ運び込まれたと見られている。このほかにもイスラエルは核物質に関する不正行為を繰り返してきたが、そのイスラエルと東電(日本の原子力産業)が結びついていることは疑惑を招く一因だ。




(すべては気づき)さん
http://sekaitabi.com/magnabsp.html
福島第一原発の管理会社-イスラエルのマグナBSP社
06/10/2011
これは事実であり多くの人に知って欲しいことでもあります。東電に問い合せてみてもよいでしょうが「セキュリティ上の理由でお答えできません」などと言われることでしょう。東電ではないですが中部電力に問い合わせた方がそう言われたということです。
福島原発の管理会社は、イスラエルのマグナBSP社。
テロの目的で原発に入り込むような事態を阻止するための監視カメラや警報装置を含む、福島第一原発の安全管理システムを設置したのは、イスラエル企業のマグナBSP社であることは、イスラエルの新聞、ハーレツ紙からも伝えられています。


イスラエルのハーレツ紙(イスラエル大手新聞)は語る
イスラエルのハーレツ紙該当記事はこちら(英語)
Israeli firm which secured Japan nuclear plant says workers there ‘putting their lives on the line’
日本の原発を管理するイスラエル企業が「福島第一原発にいる作業員は命がけ」と語る
(中略・全部を翻訳する労力がないので、こちらで自動翻訳かけました)
重要部分のみ、以下に抜粋します。
“We have an agreement in principle with the Japanese that we will provide protection for all of the country’s nuclear reactors,” Siboni said.
「日本の原発全部の安全管理の業務を担当するという基本的な取り決めを日本としている」とシボニ(マグナBSP設立者)は語った。
Magna had planned to send additional security equipment to Japan next week. The Japanese have not asked that the shipment be halted, Siboni said, adding: “They are projecting business as usual.”
マグナBSPは来週にも追加のセキュリティ機材を日本に送ることを計画した。日本側は輸送を止める依頼はしていない、通常通りの業務を計画している、とシボニは語った。
イスラエルの新聞が、管理もしていないのに管理していると伝えるわけがないですし、確かに福島第一原発はイスラエルのマグナBSP社に管理されていたのです。
日本語でこのことについて取り上げているブログ:
イスラエルの会社が、福島原発と日本にある全部の原発の安全管理をやっていた!
そして、そこのトップ、ハイム・シボーニ(またはシボニ)はこの記事の前日
「50人の作業員にまじって、安全管理システムを日本人の手で行うための訓練を受けに、3週間前にイスラエルに来ていた(注:日本人だと思われる)2人も あそこに入っている。彼らとは電話でもメールでも連絡が取れない。生きていると思うが、人命を危うくする原子炉の高放射能ゆえ、健康状態がどうなっている かはわからない。作業中の人々は、全日本人を救うためにまさに命を張っているのだ」
(管理人注:確かに最初2人が行方不明になりました。小久保和彦さんと寺島祥希さん。この2人についてはまた別に触れますが、怪現象があります)
と語ったそうで、現地とのアクセスはないながらも、彼の会社が高所に設置したカメラは多分損害を蒙ってはおらず、地震後の爆発の様子や津波を捉えているとも。
マグナBSP社は約10年前にシボーニによって作られ、日本の原発全部の安全管理業務を担当するという基本的な取り決めをしたとも書かれています。
原発の警備がなぜ、日本の企業ではなくイスラエル企業なのでしょうか。テロから守るためとありますが、逆に「テロの幇助ができる」という可能性も考えられます。
海外外国人医師の派遣隊はすべて断ったのにもかかわらず、イスラエルの医師団だけは許可をしたのも、おかしな話だと思いませんか?
イギリスの救助隊は、成田空港で追い返しました。(英Dailymailの記事)

不可解な爆発、そして写真
上記で述べたように、マグナBSP社が福島第一原発の管理をしているという前提で、3号機には実はもう原子炉自体がないとのこと。
こちらのブログで日本語訳が書かれています。
なぜ、3号機の爆発の時にきのこ雲ができたのでしょうか。
通常の水素爆発は、1号機の爆発の時のような煙になるはずです。英語で言うと1号機の水素爆発はdeflagrationであり、3号機の爆発はdetonation, 明らかに違います。つまり水素爆発ではなく核爆発による爆発としか考えられません。
3号機爆発と核爆発




フクシマに核兵器が設置されていた可能性?
私達は騙され日本人は騙されていると思います。全ての国もまた騙されています。唯一意味が通るのは;うそをついているのはメディアを所有しているのと同じ人々であり、メディアは嘘の製造所となっているのです。
戦争に行くとわかりますが、情報のコントロールが全てです。ここで起きてることもそうです。
2011年にオサマが死んだと人は信じています。私達はまた福島についても騙されています。継続して騙され続けるでしょう。
スリーマイル島には証拠となるプールがあります。歴史は重要です。
そして原子炉の代わりに設置されていたと思われるものがあります。
この図のような銃タイプの核兵器が福島にもたらされたのでしょう。
(ウラン銃タイプの核兵器)
マグナBSPの『オウル』(ふくろう)

そして次の記事。すべて英語にて残念ですが、きわどいことが書いてあります。フリーランスジャーナリストの、ジム・ストーン氏のブログ。
Jim Stone Freelance Journalist(ジム・ストーン フリーランスジャーナリスト)
こちらも、前出のブログで一部文章の日本語訳を紹介してくださっています。
上記Jim Stoneさんのサイトは、サーバーの攻撃にあっているそうです。モデムがアタックされ、書いた本人がサイトにつながりにくくなったそ うです。いずれサイトが閉鎖される可能性があるので、できるだけ情報拡散にご協力くださいということです。リンク元を入れれば転載大歓迎とかかれていま す。
こちらによると、地震のマグニチュード自体がそもそも偽装だという疑惑が書かれています。地震が続けて3~5回起こったことは、気象庁の会見、海外の観測装置など、数々のソースにより判明しています。
福島第一原発事故-自然災害事故を装った攻撃?
今回の記事で書きたかったポイントは・・・
Fukushima may in fact have been caused by an act of war under the cover of an environmental disaster.
福島は自然災害事故を装った、戦争攻撃であったのかもしれない
としているところ。
翻訳してくださってる上記ブログにも記載がありますが、フクシマでは核兵器、そしてStuxnetが使われ攻撃された、という見解をこのジャーナリストはしています。
「福島第一原発の安全装置ECCS(非常用炉心冷却装置)は(小泉政権の)8年前に外されていた」と原口氏も衝撃の告発をしています。そして、1980年代の人工地震の実験を許可した中曽根政権から安全装置ECCSを取り外した小泉政権。
すべては仕組まれていたのではないでしょうか?



<参考過去記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
311=KKK、そしてマグナBSP

これまでに 説得力のある三つの フクシマ=人工地震の論証を紹介してきましたが ジム・ストーン氏の主張はある意味でもっともつじつまのあう見解だと思います。
①地震のマグニチュードが発表のたびにあがった。
②自然地震にはまれな複合地震なのにまったく報道されない。
③フクシマ第一のセキュリティ会社マグナBSP社の存在が意図的に隠されている。
④イスラエルが開発したスタックスネットというウィルス。
⑤菅元首相がアメリカの支援を断ったこと。



<追加>
国内ニュースを外国に頼らなければならない国だから、原発の管理も外国に委託しているのでしょうか・・・。あ~怖・・・。

(スプートニク)さん
http://jp.sputniknews.com/japan/20151226/1373462.html
高浜原発、核燃料倉庫で非常事態
2015年12月26日 22:06(アップデート 2015年12月26日 22:07)
日本で原発の原子炉への核燃料の運び入れの際に非常事態が起こった。核燃料の扉が運び入れのためのコンテナーにひっかかり、非常用ブザーが作動した。事件が起きたのは使用済み燃料保管庫内部で、この結果、問題解決までにすべての作業が6時間にわたって停止された。





COMMENT

また転載<(_ _)>

いつもありがとうございます。
さゆふらっとまうんどさんがマグナ社に電話した動画ご覧になりましたか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: また転載<(_ _)>

> いつもありがとうございます。

こちらこそ、有難うございます。

> さゆふらっとまうんどさんがマグナ社に電話した動画ご覧になりましたか?

以前、見ました。マグナ社じゃなくてイス○○ル大使館にしたんじゃなかったですかね?
大使館の対応があまりに酷かったような記憶があります。
まぁ、893の事務所よりも恐ろしいところみたいですから、仕方ないのかもしれませんが・・・。

NoTitle

椅子羅絵留大使館に、でしたっけ?

でも、むしろこの国の防衛省あたりにTELしたほうが
ねっいいのかもしれませんね・・・

Re: NoTitle

> 椅子羅絵留大使館に、でしたっけ?

のようですね。


> でも、むしろこの国の防衛省あたりにTELしたほうが
> ねっいいのかもしれませんね・・・

まぁ、いろいろとされたらいいとは思いますが・・・。
私は、よーしませんが(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。