君はラブミーテンダーを聴いたかい - RCサクセション・忌野清志郎・タイマーズ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
★☆★☆★☆★花粉症やアレルギー持ちの方必見!★☆★☆★☆★ 身につけるだけ!電源不要のカード型空気清浄器【イオニアカードPLUS】 消臭作用や空気トラブル軽減に効果が期待できます! 購入はこちらから! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H9N6S+1JDC1E+4P9W+5YZ77 おうち生活を彩る海外インテリアショップ【Le roman】 無料でコーヒー診断ができる!【TAILORED CAFE Online Store】

君はラブミーテンダーを聴いたかい

「僕の好きな忌野清志郎、原発はいらない!」

今日は、「僕の好きな忌野清志郎」の命日である。私にとって清志郎は、「日本語でもロックができること」を教えてくれた人であり、「社会の矛盾や不正に対して反抗し、タブーを恐れず立ち向かうこと」を教えてくれた人であり、「イルミナティによる偽善ではない、真実の愛と平和の大切さ」を教えてくれた人であった。

清志郎は、早くから「原発の危険性」を訴え続けていた。最近でこそ、「反原発」の歌やニュースが流れるようになったが、つい最近まで「反戦」に関する歌や報道は有っても、「反原発」に関する歌や報道は、全く無かったのだ。「目に見えないタブー」とやらの影響からか、「反戦」は歌っても、「反原発」は歌わない「自称ロック歌手」や、同様のジャーナリストや政治家ばかりだったのだ。共産党や社民党も、「反戦」や「消費税反対」は唱えるが、原発に対する姿勢は「無関心そのまま」だったのだ。もちろん、自民党や民主党やイルミナティ政党である異神の怪よりはましではあるが、「原発事故が起きて、反原発運動が起きて初めて反対する」ようでは、とても信用できない。「清志郎の爪の垢でも煎じて飲め」と言いたい。少なくとも、「今までは、はっきりと原発反対と意思表示していなくて申し訳ありませんでした。」と、国民にわびるべきである。マニュフェスト等にそういった文言を載せていたとしても、国会等で、はっきりと主張し続けていなければ、反原発を主張していたことにはならない。

以下に、1988年の全曲洋楽カヴァーのアルバム「COVERS」リリース時のインタヴューの抜粋(ROCKIN‘ON JAPAN忌野清志郎1951―2009より)と、原発に関する清志郎の動画を紹介する。特に、「君はラブミーテンダーを聴いたかい」は必聴です。
残された私たちは、清志郎のメッセージをしっかりと受け止め、為政者に立ち向かっていかなければならない。



*で、忌野さんは丁度僕と同い年なんですが、僕らの頃は高校時代に全共闘運動が盛り上がって、高校生の政治活動っていうものもありましたね。
「ありましたね」
その時に、ああいうことやるのはカッコ悪いと忌野さんは思ったと、以前インタヴューした時に言ったの覚えてますか。
「はい。そう思ってました」
それから早20年・・・・・(つぶやくように)もう20年なんだ(笑)。
「早いなあ、年月の経つのって(笑)」
20年ですが、政治的な行為そのものをカッコ悪いと思ってた忌野清志郎が、何故今また?
「それはね、やっぱ当時みんながやってたからカッコ悪いわけであってね、今誰もそんなことうたってないの(笑)」
「今はほら、どいつもこいつもロックとか言ってさ、髪の毛ブッ立ててさ、“この街から出て行こう!”とかさ(笑)、言ってるわけじゃんよ、未だにさ。恥ずかしいよな、あいつら(笑)。そんな奴ばっかだからさ、ここでやっぱり政治的なことをうたったりすんのはですね、カッコいいと思いましたね、僕は」

*ひょっとして、反戦反核っていうことに深い思い入れはあんまりないんじゃないですか。
「いや、そんなことはありません。僕はほんと、戦争はいけないと思います。ほんとに悪いと思います。で、やっぱり、昔の反戦歌ブームとかあったけどさ、途中で萎えて消えてっちゃったじゃん。でも全然戦争とかはなくなってないわけでさ、その辺がだから、やっぱり昔の奴らは軟弱だったんだなと思いますよ、僕なんか(笑)」

*反戦反核ではないけども、チャリティとかそういうの、例えばライヴ・エイドでライオネル・リッチーとか見ると醜いと思いませんか。
「思います。なんか見苦しいな、ああいうの」
そういうものと一緒くたになる危険は感じませんか。
「うん、それは感じるよね。でも別に、危険はつきものだしさ、人生なんて。いいんだよ、別に(笑)。どうなったって(笑)。またやり直しゃいいんだ」

*だからもっと違うテーマでやっていただけると、すごく良かったなという気がするんですけどね。
「いやあ。そんなことはないですよ、やっぱり。いくら言ってもわかんない奴らですから、大衆というのはね。ま、歌としてしか聴かないような、コミック・ソングみたいにとっちゃう奴も多いんじゃないでしょうかね。まあコンセプトだからね、反戦であろうと反核であろうとね。」

*コンサートのテーマそのものを何か政治的なものにするというのもとんでもない?
「そこまで知りませんしね、政治(笑)。だからその、政治を変えようとかさ、政界に興味があるとかね、そういうあれじゃないんですね、僕のタイプとして」
ええ、それは充分わかります。
「はい(笑)。ですから何と言いますか、例えば原子力発電所が1個ぐらい爆発してですね、みんな汚染されたとしてもですね、何て言うかな、首脳部って言うの、偉い奴だけそれからまぬがれてさ、庶民だけ、て言うか自分がほら、放射能とか浴びて歯茎からどぼどぼ血が出てさ(笑)、手がぶよ~っとかこんなんなってさ(笑)、死んでくってヤじゃん、やっぱり(笑)。それが言いたかったんですけどね」










COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント