戦争

「イスラム国(本当はイスラエル国)の盗掘石油を買って応援」するのも大問題ではないのだろうか

 ←「3部作 (イ) 人類の深刻な問題 (ロ) ブーム ブーム (ハ) ビンジョー 」ザ・タイマーズ →「ラブレター」ザ・ブルー・ハーツ
「国連が正式に第三次世界大戦が始まったことを宣言した?」


http://www.conspiracyclub.co/2015/12/02/un-declared-ww3/
BREAKING: The UN officially Declared The Beginning of World War III

The chairman of the Security Councils of the United Nations, Raimonda Murmokaite, officially declared from New York on Wednesday that after World War II ended, several countries have declared against the forces called itself Islamic State or ISIS.
An association of countries was held includes: The U.S, Russia, Germany, France, Iran and Iraq. All member had agreement together to destroy ISIS after they attacked France and Lebanon.



何っ! 国連が正式にイスラム国(本当はイスラエル国)相手の第三次世界大戦を始めたことを宣言しただと~。参加国にはアメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イラン、イラクが含まれているそうだ。日本の名前は載っていないようだが・・・。
この記事自体にも非常に怪しさを感じるが、そもそもイスラム国(本当はイスラエル国)はアメリカ、イスラエルを中心としたイルミナティ国家が作ったものだろう!

ロシアも敵国にしたかったのだが、なかなか誘いにのってこないので、自らが作った「偽装テロリスト集団」を敵として、ドンパチを始めるつもりなのか。
まさに、敵の存在しない第三次世界大戦である(爆)

次に、ハトポッポが「イスラム国(本当はイスラエル国)はアメリカCIAが作った」と、本当のことを話したようである。「友愛」の大好きなフリーメーソン家系であるこの男を私は信用していないが、とりあえず、元総理だった人物が「本当のこと」を語ったことは、評価できると思う。ただ、突然脱原発を言い出した小泉といい、今回のハトポッポといい、何らかの「彼ら」の指示が、背後に存在しているような気がする・・・。







イスラム国(本当はイスラエル国)がシリアから盗んだ石油はトルコを経由して、表向きは敵国であるはずのイスラエルへと向かう。そして、この日本にもやってきているようである。最近、ガソリン価格が安くなった気がするが、こういった理由なのだろうか・・・。
食べて応援」も勘弁してもらいたいが、「イスラム国(本当はイスラエル国)の盗掘石油を買って応援」するのも大問題ではないのだろうか・・・。




(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2015/12/00012577
【ベイルート発】IS石油相 トルコ大統領息子のタンカーを追って
2015年12月8日 09:18
エルドアン・トルコ大統領の息子が経営する海運会社が、イラク北部でISが盗掘した石油をベイルートからタンカーで運び出している。しかも行先は日本・・・
 息を飲むようなニュース(英字)を国籍不明のオルターナティブメディアが報じた。
 トルコ大統領の息子、ビラル・エルドアン氏は「ISの石油相」とも呼ばれ、イラク北部地域から盗掘される石油を海外に売りさばいて来た。
 ビラル氏は自らが複数所有する海運会社をフルに動かしたのである。地中海に面したトルコの港町ジェイハンからの搬出ルートなどを、ロシアが暴露した。
 RUPTLY TVによると、昨年7月にクルド地域の原油がイスラエルに輸出された。クルド地域の原油は、ジェイハンから船積みされてイスラエル最大の港町アシュケロンに着く。

タンカーはジェイハンから直にアシュケロンに着いたのではなく、マルタ島付近の海上で別の船へ積み替えているという。
 ビラル・エルドアン氏が所有する海運会社のひとつはマルタに本社を置く。これが「マルタ付近海上で積み替え」の有力な根拠となっている。
 ISが唯一度も攻撃していないイスラエルに、トルコ大統領の息子が石油を融通する。有志連合は見て見ぬフリをする。「テロとの戦争」のイカサマ性と本質を象徴するような構図だ。
 トルコ経由によるイラク北部産原油の輸出をめぐっては、関係国が諜報戦に しのぎ を削っている。慎重に見極めなければならない。
 筆者は広大なベイルート港を回ってみたが、マルタ船籍のタンカーは、きょう(7日)は見当たらなかった。
 トルコ大統領の息子が所有する海運会社のベイルート支社らしきものがないか、シラミ潰しに当たっているが、今のところ確認できていない。



http://www.mag2.com/p/money/6603
ロシア機撃墜にも関与?イスラム国を支援するイスラエルの狙い=高島康司
2015年12月6日

11月23日、シリア北部のトルコ国境沿いで、ロシア軍のSu-24爆撃機が、トルコ軍のF-16戦闘機によって撃墜された。撃墜の理由は、ロシア軍機が領空侵犯の警告に応じなかったためとされている。
トルコ政府は、シリア北部の国境沿いにはトルコが支援しているトルコ系の反政府勢力、「トルクメン人」がいるので、この地域の空爆をしないようにロシアに再三要請していた。ロシアがこの要請に応じなかったことが、今回の空爆の背景だとされている。
しかしこれは表向きの理由で、本当の理由はまったく別であるとの報道が相次ぐようになった。「イスラム国」の最大の資金源は、シリアやイラクで占領した油田の販売から得られる収入である。
トルコのエルドアン大統領の長男は「BMZ」という会社を経営している。実はこの会社が、「イスラム国」が占拠した油田の原油をトルコ国境まで運び、トルコで販売していることが分かった。
また、「イスラム国」の原油を買っている相手は日本の「三井石油」で、この原油を日本まで運ぶタンカーもこの「BMZ」が所有していた。「BMZ」は、長男のみならずエルドアン大統領の家族が深く関与していると見られている。
シリアとトルコの国境沿いには、彼らが「安全地帯」と呼ぶエリアが存在する。このエリアは「イスラム国」の原油をトルコに運ぶための重要な輸送路になっている。トルコ軍のF-16によって撃墜されたロシア軍機は、この「BMZ」が運営する「イスラム国」の原油輸送のタンクローリーの隊列を攻撃していた可能性が極めて高い。したがってロシア軍機の撃墜は、エルドアン大統領の利権を守るためだった可能性が否定できない状況だ。









もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「3部作 (イ) 人類の深刻な問題 (ロ) ブーム ブーム (ハ) ビンジョー 」ザ・タイマーズ】へ  【「ラブレター」ザ・ブルー・ハーツ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「3部作 (イ) 人類の深刻な問題 (ロ) ブーム ブーム (ハ) ビンジョー 」ザ・タイマーズ】へ
  • 【「ラブレター」ザ・ブルー・ハーツ】へ