永遠に続く。敵が存在しない戦争が。誰が勝ったなんて言えない。だって、倒す敵がいないんだから。 - 9.11他やらせテロ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

永遠に続く。敵が存在しない戦争が。誰が勝ったなんて言えない。だって、倒す敵がいないんだから。

「アーロン・ルッソの遺言、テロも、戦争も、ウーマンリブも、ぜ~んぶ嘘!!!」


過去に見た人は改めて、見ていない人は真剣に、こちらの動画を見てください↓





アーロン・ルッソは、ニック・ロックフェラーが語ったことを暴露しました。

「永遠に続く。敵が存在しない戦争が。誰が勝ったなんて言えない。だって、倒す敵がいないんだから。この対テロ戦争というのは詐欺です。茶番なんですよ」

「君は僕らの仲間になるのだから心配するな。君の(体内に埋め込むマイクロ)チップが、ちゃんと『俺に触るな』って言うから」

「最終目的は、人々にチップを埋め込んで、社会全体を支配することだ」

「社会主義は実は資本主義だって気付かせない」

「ウーマンリブは、俺たちが後押ししたんだ。俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やテレビで取り上げたんだ。その目的は、
①ウーマンリブ以前は、人々の半分しか課税できなかった。
②(母親が仕事に行くので)今や子供たちは早くから学校に通う。だから、子供たちを家から引き離して、子供たちの考えを好きなようにできる」

「君たちが支持している憲法ってのは、ほんの少数の者のためのものなのだ」

「最良の社会とは、全てを支配するエリートに導かれたものだと俺たちは信じている」

「世界の人々を半減させなければいけない」


アーロン・ルッソがこの話をロックフェラーから聞いたのは、「9.11」の11カ月前のことですよ。
アーロン・ルッソは、この会話を発表した半年後、6年前から患っていた膀胱癌により、死去しました。
トークショー司会者のアレックス・ジョーンズは、アーロンが密かに「自分はずっと脅迫されていたから、ガンは攻撃によるものと思う」と語った、と明言したとのことです・・・。
パリ、ロンドン、アメリカ各地等で、テロが毎日のように起きています。
西側各国は「テロとの戦い」を、口裏合わせたように唱えています。
陰謀論とか陰謀論者とかいまだに言っているアンタ、これでもアンタは「陰謀などない、テロは偶然起きたのだ~」などと言いはりますか?
よっぽどのアホでない限り、「この世界の新聞・テレビが伝えるニュースというものが嘘八百で構成されている」ということは、簡単に理解できるでしょ。
大抵の人間は、まして当ブログの記事を以前から見ていただいている方ならば、そんな「事実」は、とっくの昔に分かっているはずです。
ただ、ほとんどの人間が、こういったことを全く口に出さない。
ブログをやっていても、何も知らないかのように「どーでもE記事」しか書かない。
恋人や友達と会っても、部活がどうだとか、仕事がどうだとか、好きなタレントがどうだとか、「どーでもE話」しかしない。
大抵の人間は、“お利口さん”なんでしょうね。

そんなヤバイことをブログで書いたら、狙われてしまうかもしれない。
恋人や友達に話したら、変な人だと思われて、ふられてしまうかもしれない。
友達付き合いに支障ができてしまう。
まぁ、私がテロにやられたわけじゃないんだから、知らないふりをしておこう。
差し障りのない日常会話をしていたほうが、得だもんね。

まぁ、こんな感じなんじゃないのでしょうか・・・。
生まれつきの性分が原因で“お利口さん”にはなれないバカな私には、情けなさを通り越して、哀れささえ感じてしまいます。
でも皆さんは自分がカワイイのでしょうから、仕方ないのかもしれませんけどね。
しかし言っておかなければならないことは、「『この世界が嘘であろうとなかろうと自分とは関係ない』と思っていたとしたら、大間違いですよ」ということです。
誰もが「偽旗テロ」に巻き込まれる可能性は、あるわけです。
「八百長戦争」の足音は、ドンドン迫ってきています。
自分だけじゃなく自分の大事な家族や友人や恋人が、ワクチンや医療殺戮の被害にあってしまうかもしれないのですよ。
まだ“知らないふりをしているお利口さん”は、なんとか許せる許容範囲内です。
真実を知っているくせに、気付いたくせに、「テロは怖いよな」「イスラム国は許せないよな」「戦争がなくなるように平和のために祈りましょう」「エボラは怖いですね」「右翼は頭悪いよな、共産党頑張れ」「左翼はバカだ、安倍ちゃん頑張れ」とかブログで書いたり、周囲に話している奴、コイツらだけは絶対に許すことはできません。
えっ、毎日のように私のブログにご訪問いただいているにも関わらず、「この世界の真実」に気付いていないのですか?
ご愁傷様です。冒頭のアーロン・ルッソの動画を100回ほど見てください。
それでもまだ分からないと言う方は、宗教にでも救いを求めてください。
そのような方を救える救い主が存在していたら、それこそ本当の神でしょう。

最後に、「ウーマンリブ・フェミニズムの謀略は現在も続いている、いや、続けさせようとしている証拠」となる記事を紹介します。
ハリウッド俳優も、ハリーポッターも、洗脳の道具であることは、皆さん、ご理解いただいてますよね。
国連も、当然、その「洗脳発表会の舞台」なんですよ。



http://logmi.jp/23710
【全文】「今こそフェミニズムを見直すべき」 女優エマ・ワトソンが国連で“男女平等”を訴えたスピーチ

COMMENT

【真実】は宗教や教育や歴史によって証明されるものではありません。あらゆるマスメディアしかり、ましてやこのブログをスミからスミまで読んだところで同じです。
>「洗脳度が高い」=「識字率が高い」ということなのかもしれません。

「識字率が高い」ということは単に教育がゆき届いているということです。

あなたは教育を「洗脳」と考えていらっしゃる。

いつの時代も、世界の大多数を占める所謂大衆という存在は、実質的、合理的な思考ができないものです。大衆に【真実】を探求するも理念も判断力もありません。

【真実】を知り得ないない人間に「これが真実だ」と認識させることこそが洗脳です。

哀れむべき社会的弱者である大衆にとって必要なものは、【真実】による洗脳ではなく、「宗教」や「教育」(流行なども)といった拠りどころとしての、導きとしての【“かりそめのこたえ“】こそが必要なのです。

それらがそれぞれの小さなコミュニティー、民族や国家のアイデンティティとなり、文化となり現在まで人類は発展し、この世界をかたち作っています。

嘘ゼロの【真実】の世界を作り上げる為には、【“かりそめのこたえ“】を守る為の嘘や秘密を悪とし、それ自体を否定し、【真実】を司る一部の支配者を除く全人類の完全なる価値観の統一が必要です。

グローバル化が進むこの世界で、あなたのような啓蒙家がインターネットを利用して【真実】を世界中に知らしめることによって、全ての【真実】は白日のものとなり、それを知った大衆は正に全体主義的思想に帰着する他なく、その支持により世界政府が誕生し、世界政府監修の教科書、世界新聞、世界統一宗教などがその後の【真実】の歴史を作っていくことでしょう。
あなたは今、どういう役割を担っているか考えて下さい。

それでもあなたが望むなら、引き続き全体主義推進装置を使って【真実】の発信を続けて下さい。

私は大衆のひとりとして、そんな世界政府よりも、芸術や自然に【真実】を見い出しながら、豊かな価値観を持ち、緩やかに他人と共存し、ささやかな幸せを感じながら生きていける世界を希望します。

Re: タイトルなし

名前のない方

> 【真実】は宗教や教育や歴史によって証明されるものではありません。あらゆるマスメディアしかり、ましてやこのブログをスミからスミまで読んだところで同じです。

ある意味、そうかもしれません。それは宗教や教育(全てとは言いません)が伝える大半が我々一般人のためのものではなく、支配者層のためのものだからではないでしょうか。もちろん当ブログなど、そんなたいした存在ではないでしょう(笑)
しかし真実を求める努力をしない限り、洗脳は深まるばかりでしょう。

> >「洗脳度が高い」=「識字率が高い」ということなのかもしれません。
>
> 「識字率が高い」ということは単に教育がゆき届いているということです。
>
> あなたは教育を「洗脳」と考えていらっしゃる。

正しい(真実を伝える)教育であれば洗脳ではないでしょうが、現在の「彼ら」がもたらした教育は洗脳としか思えません。

> いつの時代も、世界の大多数を占める所謂大衆という存在は、実質的、合理的な思考ができないものです。大衆に【真実】を探求するも理念も判断力もありません。
>
> 【真実】を知り得ないない人間に「これが真実だ」と認識させることこそが洗脳です。

そうでしょうか?あなたのご意見は「大衆は何も考えるな」と言っているように聞こえます。
これは私が「彼ら」と呼んでいる支配者層の考えではないでしょうか?
私は確かに 「これが真実だ」と感じたことを発信しています。それが洗脳だと言われてしまえば、返す言葉もありません。
少なくともそのように感じる方は、当ブログから立ち去ってもらうしかないですね。
「公式ストーリー」を信じたい方に「真実の押し売り」を無理強いするつもりはありません。
そんなことをしたって、私には何のメリットもありませんから。

> 哀れむべき社会的弱者である大衆にとって必要なものは、【真実】による洗脳ではなく、「宗教」や「教育」(流行なども)といった拠りどころとしての、導きとしての【“かりそめのこたえ“】こそが必要なのです。

これも「彼ら」の思想のように聞こえます。「彼ら」がもたらしているものは【“かりそめのこたえ“】というよりも、「嘘偽りに満ち溢れた答え」ではないでしょうか。そんな「答え」など、少なくとも私には必要ではありません。


> それらがそれぞれの小さなコミュニティー、民族や国家のアイデンティティとなり、文化となり現在まで人類は発展し、この世界をかたち作っています。

あなたは「公式ストーリー」を 信じきっているようですが、私はこの発展も「偽りの発展」だと思っています。
例えば明治維新を「素晴らしき発展」だと信じ込んでいるようなものです。詳細はしんどいので省きます。

> 嘘ゼロの【真実】の世界を作り上げる為には、【“かりそめのこたえ“】を守る為の嘘や秘密を悪とし、それ自体を否定し、【真実】を司る一部の支配者を除く全人類の完全なる価値観の統一が必要です。

ワンワールド思想の持主なのですか? 私はとてもついていけません。

> グローバル化が進むこの世界で、あなたのような啓蒙家がインターネットを利用して【真実】を世界中に知らしめることによって、全ての【真実】は白日のものとなり、それを知った大衆は正に全体主義的思想に帰着する他なく、その支持により世界政府が誕生し、世界政府監修の教科書、世界新聞、世界統一宗教などがその後の【真実】の歴史を作っていくことでしょう。
> あなたは今、どういう役割を担っているか考えて下さい。
>
> それでもあなたが望むなら、引き続き全体主義推進装置を使って【真実】の発信を続けて下さい。
>
> 私は大衆のひとりとして、そんな世界政府よりも、芸術や自然に【真実】を見い出しながら、豊かな価値観を持ち、緩やかに他人と共存し、ささやかな幸せを感じながら生きていける世界を希望します。

あなたの主張は失礼ですが、わけがわかりません。
真実を追求することが全体主義となり、この世界の嘘偽りに何の疑問も持たずに”幸せに”暮らし、毒ワクチンを自分のみならず家族にも強要し、八百長戦争に突入しようとしていても、偽旗テロに身内が巻き込まれても、芸術や自然に【真実】を見い出しながら、豊かな価値観を持ち、緩やかに他人と共存し、ささやかな幸せを感じながら生きていける世界を希望されるということですよね。私の価値観とは正反対なようですが、あなたの人生なので「こうしなさい」などと「洗脳」するつもりはありません。
いや、既に洗脳されているとしか思えないあなたを、洗脳から解放することは私にはとてもできませんし、するつもりもありません。どうぞ速やかに当ブログから立ち去っていただいて、あなたの信じる実りある人生を、切り開いていってください。

まず、匿名でのコメントにもかかわらず公開していただいたことに、そして真摯にお答えいただいたことに敬意を表します。真意が伝わらなかったことが心残りなもので、申し訳ありませんが、もう一度だけコメントさせていただきます。
まず
>あなたのご意見は「大衆は何も考えるな」と言っているように聞こえます。 これは私が「彼ら」と呼んでいる支配者層の考えではないでしょうか?

違います。
「大衆」とは諸々の事象について深く考えることを【忌避している(疑問視しない)】人々だということです。
コマーシャリズムの成立などをみても、これはごく普遍的な考察です。そういう層が存在することは否定できません。
(C.W.ミルズや、「カラマーゾフの兄弟」第2部第5編なども参考にしてみて下さい)

★そもそも「考えるな」ではなく「考えない」からこそ「彼ら」はその層を洗脳できているはずです。
>少なくともそのように(洗脳されると)感じる方は、当ブログから立ち去ってもらうしかないですね。

感じない方は立ち去らない(立ち去れない)。洗脳されてしまうということです。

★あなたは「彼ら」と同じことをしているのです。

明治維新や世界大戦など、ここ数百年間に起こった歴史的事実には大抵「彼ら」彼が関係している、又は彼等が首謀者である。
つまり、近代の人類の発展、歴史は「彼ら」の手によって創られたということですね。

そして今後も「彼ら」はそれを継続していくために、殺人ウイルスをバラ撒いたり、戦争を仕組んだり、人為的な天変地異(?)までも起こしたり、手の込んだことをしながら闇で世界を動かしていくわけですよね。

もしそれらが全て【真実】であるならば、「彼ら」は既に人智を超えた、神か悪魔かそれ以上の存在です。
誰もが「彼ら」を受け入れざるを得ませんし、ひれ伏せざるを得ません。既存の価値観は崩壊。
>「この世界の真実」に気付いていないのですか?

気付いたらどうすれば良いですか。

誰がどのように立ち向かえというのでしょうか。

気付いても黙っている人は臆病者でしょうか。

選択肢は4つ
【真実=「彼ら」】を
①知って支配される。
②知って殺される。
③知らずに支配される
④知らずに殺される。

>私は確かに 「これが真実だ」と感じたことを発信しています
あなたも「彼ら」も自分たちの行動が正義だと思っているのでしょうね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。