現在の中国共産党政権にこの政策転換を要請したのは、明らかに「彼ら」イルミナティ勢力でしょう。中国とアメリカは、元から対立なんてしていません。 - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

現在の中国共産党政権にこの政策転換を要請したのは、明らかに「彼ら」イルミナティ勢力でしょう。中国とアメリカは、元から対立なんてしていません。

「一人っ子政策を廃止する中国、経済的一人っ子政策を国民に強いる日本」


中国が一人っ子政策を廃止するらしい。そもそも、現在の中国はイルミナティが創った国家であり、一人っ子政策というのもイルミナティの傀儡である毛沢東に命じて実施させた優生学・人口削減政策の一環である。ただ一人っ子政策廃止と言っても牛や豚じゃあるまいし、「いままでは一人までだったが、これからは二人生みなさい」と、そう簡単にはいかないだろう。
実際中国では、これまでも戸籍に載らない黒孩子(ヘイハイズ)が相当数存在しているのです。
その数は数千万から数億人と言われており、人身売買の対象になっているのです。黒孩子の人身売買に関わっているのが「彼ら」イルミナティ勢力なのです。
中国は、何故に一人っ子政策を廃止することに決めたのでしょうか?
私が思うに「彼ら」イルミナティ勢力は、中国に現在世界を騒がせている南シナ海問題を口実として日本と八百長戦争を勃発させた結果、中国の人口減を見越しており、今のうちに人口拡大の方針に変更するべきであると、中国に命じたのではないでしょうか。
現在の中国共産党政権にこの政策転換を要請したのは、明らかに「彼ら」イルミナティ勢力でしょう。中国とアメリカは、元から対立なんてしていません。
日本は現在一人っ子政策を採っていないが、消費税増税、法人税引き下げ、福祉切り捨て、非正規社員の拡大化等の極悪イルミナティ政策によって、「働いても働いても賃金が上がらない」「子どもを養っていける余裕などとてもない」という悲惨な状況に押し付けられているため、実質上の経済的一人っ子政策を国民に強いているのです。
「中国はマルクス共産主義国家で、国民は政党も選ぶことのできない奴隷国家である」と、思っている人もたくさんいるでしょう。ただここ数年の中国経済の発展等をみて、「中国は日本よりも経済的にも豊かな先進国となった」と、感じている人もいると思います。
後者のように思われている方は、上海・北京等の大都会のみを訪問された方なのではないでしょうか?私は何回か中国にも行きましたが、確かに上海・北京といった大都会を訪ねると、日本の都会よりも発展しているような印象さえ受けます。しかし、内陸部は全く違います。昼の日中に大の大人が路上で将棋や囲碁・麻雀などをして遊んでいるのです。はっきり言って、仕事がないのです。私が中国内陸部の田舎に行ったのはかなり昔のことなので、当時とは一部変わって来ているとは思いますが、基本的には当時とそう大差ないのではないかと思います。
これが資本家を廃し人民の平等を謳って理想国家の看板を掲げている共産主義国家の実情なのです。
ある意味、資本主義国家以上に貧富の差が激しいのです。
しかし、安倍政権になってから急速に極悪イルミナティ政策を推進することで国民の貧困が年々拡大化している日本と中国とを比べたら、「中国よりは日本の方がマシだ」などとは、とても言えなくなってきているように感じます。




(akazukinのブログ)さん
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11212098339.html
イルミナティの秘蔵っ子、大激動に直面する中国
2012-04-03 13:50:23
CHINESE & ILLUMINATI RESPONSE:中国とイルミナティの反応

DCDC 世界戦略的動向計画[Global Strategic Trends Programme](2007-36)の予測では、中国の統治者たちは、国家主義を助長することで地方を結びつけようとしたり、特に4000万人の独身青年の社会的緊張を実際に表面化し実行させるために軍事的事変に乗り出すかもしれない!
明らかに、同国が来たるべき数十年のうちに崩壊すると信じるゆえに状況はたいへん深刻である。 これは論点を巧みに避けている ... なぜ、イルミナティは、崩壊するかもしれない国に、それほど大型投資しているのか?

共産党は来たるべき数十年に解体するかもしれないが、彼らが作った強い行政区は多分次の占領者にも支配されないままだろう。

中国の権力者の多くは、党には保管寿命があると認める。 近く退陣する温家宝(Wen Jiaobao)首相は、最近以下のことを述べた。

「私は中国の国家状況に従って、段階的な方向で発達している中国の民主主義体制の意向を信じています。 これを止める方法がありません。」

イルミナティは、中国パワーエリートとの緊密な関係がある。(close ties with the China power elite. ) 彼らは、北京リーダーシップ、香港実業家と中国秘密結社<三合会>の合併である。 これは、『アジアで最強の男』李嘉誠(りかせい、Sir Li Ka-shing)卿に率いられている。

このグループの中心人物は、中国の金融業界や会社リーダーを密接に取り込み、中国の民主主義も支配する。

イルミナティは、あらゆる自由貿易地点を地球という惑星に切り開いた。 これらで最も裕福なものは、中国、米国、カナダ、韓国、オーストラリアと日本を含む21カ国を際立たせたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)である。 APECは、新興のアジアの太平洋の連邦の経済基盤である。

中国は、この地域の支配的権力になることだろう。 そういうわけで、彼らは現在カリフォルニアで基盤プロジェクトに融資している。

経済面で、中国は、NOWの巨大な製造工場として準備された。

中国人が彼らのNew World Orderにとってふさわしい最高の人種であると、イルミナティは思っている。 1873年、それらがアフリカ大陸の開発に中国人を利用するのを推奨した『優生学の父』フランシス・ゴールトン(Francis Galton 1822-1911)卿は、テレグラフ紙への手紙に書いた。

手紙では、彼はいろいろな種族に対する嫌悪を表明するが、『秩序を愛する』中国人と称賛する。

彼らは『政治で社会的組織で驚異的な素質を所持している』、並びに『高度な物的文明の驚くべき才能をもつ』。

『彼らは優しくて、質素で、勤勉で、倹約家で、商業に長けていて、大変多産です。』
今日、中国人はアフリカ中にいる、最近、アフリカ連合本部建設資金を支払った!

たとえどんな試練に直面しようと困難を乗り切る中国人を、イルミナティは信頼している。


中国は、世界の最も裕福な国と計画され、世界人口の1/5を収容するとされている。 この偉大な大陸(land)の将来は、彼らのNew World Orderの成功に、多大な影響を及ぼすだろう!




(News U.S.)さん
http://www.news-us.jp/article/279468258.html
中国の児童売買組織で802人大量逮捕発生!人身売買・臓器売買はイルミナティに必要な第一次産業だった!
2012.07.07
中国の警察は、2つの主要な児童売買のギャングを破壊し、180人以上の子どもたちが解放されたと報告した。
警察は10,000以上を動員させ、子どもの人身売買に対する全国的な捜査に踏み切り、802人を逮捕した。
最新の捜査では、181人の子供が河北省、山東省、河南省、四川省、雲南省など15省の地域で人身売買から救出された。


我々の経験では中国から英国に人身売買される子どもの数は、過去10年間増加している
「人身売買の性質上、我々に見えている数字は氷山の一角です」
「組織された国際犯罪シンジケートと地元ギャングは、内部および国境を越えた人身売買の両方で重要な役割を果たしています」
「息子のための文化的嗜好と相まって、中国の出生制限政策は、中国の男性と強制売春のために花嫁として外国人女性の人身売買の主要な原因を務め、中国の偏った性比を形成している」

大規模な人身売買組織を摘発、誘拐されていた児童178人を救出

2011年12月7日、米ラジオ放送ボイス・オブ・アメリカの中国語ウェブサイトによると、中国の警察当局は、人身売買組織の摘発を行い、608人の容疑者を逮捕するとともに、誘拐されていた178人の児童を救出したことを明らかにした。中国公安部によれば、5000人を超える警官を動員し、11月に10省で連携して大規模な摘発を行ったという。

5月、四川省で児童の誘拐グループが摘発されたのを皮切りに、その後福建省でも同様の誘拐グループが摘発。中国では近年、女性や児童を狙った誘拐グループや人身売買組織の活動が活発となっており、その背景には一人っ子政策と緩和された「収養法」(養子縁組法)があるとされる。買われていった子供は奴隷として仕事にあたることになる。

国営通信社・新華社によると、2009年以降、中国の警察当局が人身売買を摘発して、児童1万8000人、女性3万4000人以上が救出されている。(翻訳・編集/岡田)

レコードチャイナ:大規模な人身売買組織を摘発、誘拐されていた児童178人を救出...
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=56734

中国の極めて汚い二つの産業 人身売買と人体の臓器売買

中国は決して資源豊かな国ではないが、一つだけ豊富な資源がある。それは人間である。このため、人間を売買の対象とする産業がいくつも生まれた。一つ目は人身売買、二つ目は肉体売買(売春産業)、三つ目が臓器売買。いまでは、前者二つの産業は供給が多すぎるため、値段が下落する一方だ。
政府NGOの調査報告書「中国誘拐婦女の現状」の公表データによると、成人女性は1人につき6000元~2万元(7万2千円~24万円 1元=約12円)の売値である。男の乳児の売値は1人2万元~4万元(24万円~48万円)で、女の乳児は1人8000元~2万元(9万6千円~24万円)。売春産業では処女も300元~数千元(3600円~数万円)に留まるが、臓器売買だけは暴利を得られる新産業となった。中国では臓器提供の志願者を募る産業である臓器売買の仲介業が誕生した。中国医学会は、合法的に提供源を得ることとなり、臨床研究の成果も国際学術誌で発表できるようになるかもしれない。

一方、臓器提供者の大半は貧困で身寄りのない人たちである。臓器を売った金もほとんど仲介業者に取られてしまう。例えば、15万元(180万円)で売られた肝臓の提供者は2.5万元(30万円)しかもらえない。暴露された資料によれば、提供者全員が志願者というわけではない。仲介業者に騙された末、強制的に臓器を取られた人も少なくない。総じて言うと、この地下産業チェーンは、無限に罪悪を生み出している。

何清漣:中国の極めて汚い二つの産業 人身売買と人体の臓器売買 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/12/html/d29042.html




(長周新聞)さん
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sogekiheinihonnohitoriltukomosinpaiseyo.html
狙撃兵 日本の「一人っ子」も心配せよ     2015年11月2日付

中国が「一人っ子政策」の廃止を決定したのを受けて、日本国内のメディアの取り上げ方は、その人口抑制策が如何に資本主義社会ではあり得ない異常なものであるかを強調するものが大半だった。ただ、そうした報道に接して腑に落ちないのは、足下の日本社会も出生率は1・4まで落ち込み、「一人っ子」すら育てるのが大変な状況で、隣国にケチをつけている場合なのだろうか、という点だ。本家の「一人っ子政策」に対して、こちらは「経済一人っ子政策」と呼んでもいいと思うほど、子どもが少ない社会になっているからだ。
 日本社会では生むのも育てるのも基本的に「自由」であるが、実際に生んだり育てようと思うと様様な不自由が襲いかかる。もっとも大きいのは経済的な不自由で、出産を経て育児を抱えながら母親が仕事を続けることの困難さや、パート代が吹き飛ぶほど高額な保育料等等、みなが頭を悩ましながら子育てには四苦八苦している。子宝を授かったからといって手放しで喜べないほど、社会的な保障体制は乏しいのが現状で、厳しい日日の生活の行き着く先が離婚や家庭崩壊となって、家族を引き裂いていく。子どもを好きなだけ産んで、安心して育てられるような社会ではないから、一人っ子に少し毛が生えたくらいの出生率なのだ。
 OECDが発表している日本の25~54歳の女性の就業率は71・8%(2015年)で共働きの家庭も増えている。夫の稼ぎだけで食べていけた時代は過ぎ去り、いまや二馬力で稼がなければ生活ができない。よほどの高給取りでない限りは、子だくさんの家庭なら父親も母親も馬車馬のようにして働かなければお手上げになることは目に見えているから自制している。晩婚化や結婚できない若者が増えているのも、非正規雇用が蔓延して生活にメドがないからにほかならない。我が身だけでも心配なのに、どうして子どもの身を守れようかというものだ。
 国家が出生の有無を決めなくても、しっかり「一人っ子政策」が実施されているのが現状で、貧困が最大の要因であることは疑いない。「おひとりさま」などといって的外れな批判や嘲笑に晒すなど論外で、若者が子どもを産み育てることができるまともな社会にしなければ、労働力も失われ、国力も失うことになる。隣国の「一人っ子」を心配する以上の熱意で、自国の「一人っ子」をもっと心配しなければならないと思う。

                                        武蔵坊五郎




<参考過去記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-258.html
子供を狙う悪魔崇拝主義者




中国「一人っ子政策」の闇とは?
https://www.youtube.com/watch?v=A6JByoP23K4



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。