戦争

日本は取るに足るほどの国ではない。20年後には地上から消えていく国となろう。

 ←「Out On The Rolling Sea」Joseph Spence  →「Everybody Knows (The River Song)」O.V. WRIGHT
「昔ながらの古臭い“猿芝居”テロで、第三次八百長世界大戦を勃発させようとするキチガイ・イルミナティ勢力」


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20151101-00000001-ann-int
「イスラム国」が犯行声明 ロシア旅客機墜落
テレビ朝日系(ANN) 11月1日(日)0時32分配信
 ロシアの旅客機が先月31日、エジプト東部シナイ半島に墜落しました。墜落の原因は分かっていませんが、過激派組織「イスラム国」が撃墜したなどとする犯行声明を出しました。

 墜落したのはエアバスA321型機で、午前6時すぎ、乗客乗員224人を乗せ、エジプト東部のシャルム・エルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かう途中にレーダーから消えました。エジプト政府は、生存者はいないとしています。過激派組織「イスラム国シナイ州」が「ロシアへの復讐(ふくしゅう)のため撃墜した」とする犯行声明文をインターネット上に出しました。一方、エジプトやロシアの当局者は事故との見方を示しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151102-10000452-bbcv-int
シナイ半島でロシア旅客機墜落、224人死亡と
BBC News 11月2日(月)15時29分配信
ロシアのコガリムアビア航空9268便(乗客・乗客224人)が10月31日、エジプトのシナイ半島に墜落した。これまでに163人の遺体が発見されている。事故原因の究明にあたるロシア当局は、機体が空中で分解した様子だと述べている。過激派勢力「イスラム国」の系列組織が、撃墜したと犯行声明を出したが、墜落原因究明にあたるエジプトやロシアの当局は、これを裏付ける証拠はないとして、慎重を促している




「彼ら」キチガイ・イルミ勢力は、計画通り、昔ながらの古臭い“猿芝居”テロで、第三次八百長世界大戦を勃発させようとしたようである。実際は、モサドかMI6に航空機に爆弾を仕掛けさせておき、それを爆発させることによって墜落させたのであろう。イスラム国ごときに航空機を撃墜させる技術などないだろう。そして、傀儡テロ組織であるイスラム国に、犯行声明を出させるように指示した。後は、怒れるプーチンが「イスラム国を操っているのはアメリカ・イスラエルである、ロシアはアメリカ・イスラエルを決して許さない」といった趣旨の声明を発表するのを待ち、ロシアにイスラエルを攻撃させておいて(「彼ら」にとってはイスラエルも捨て駒に過ぎないのである)、「同盟国であるイスラエルが攻撃された、ロシアを許すな、これは正義の戦いだ」という嘘八百の口実をもとに、アメリカ及び多国籍軍(イルミナティ軍)がロシアを攻撃し、第三次八百長世界大戦を勃発させるというシナリオである。
しかし、百戦錬磨のプーチンは、そういった「彼ら」の行動計画が存在していることを、既に百も承知である。冷静に対応し、姑息な工作活動には引っかからなかった。今後、じっくりと作戦を練り、対抗手段をとって来るだろう。
日本も、相変わらずアメリカの言われるままにロシア批判ばかりを繰り返していたら、「アメリカの言いなりのクズ国家」、「東洋のイスラム国」として、最初に核攻撃をされてしまうかもしれないのだ・・・。アメリカとロシアが直接の核戦争となるのは本当の最終段階であって、「アメリカの言いなりのクズ国家」、「東洋のイスラム国」が一番に狙われると考えておいた方がいいだろう。その時は、本当に日本という国家が消滅するときである。中国の李鵬首相がかつて語っていたように・・・。



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E9%B5%AC
1993年、日本について、オーストラリア首相であったポール・キーティングが訪中した時に、「日本は取るに足るほどの国ではない。20年後には地上から消えていく国となろう」あるいは「30年もしたら日本は大体つぶれるだろう」といった内容の発言をしたとされている。また、1995年に「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と発言したと、テレビ番組「TVタックル」(テレビ朝日系)で紹介された。



李鵬首相が何故にこういった発言をしたのか。彼は、明らかに「彼ら」の配下に位置する人物です。中国共産党を作ったのも「彼ら」なのですから。共産主義を作ったのも「彼ら」であるということは、当ブログでは何回も書いています。李鵬首相は予言者でもなんでもありません。あくまでも、「彼ら」の行動計画を暴露したに過ぎないのですよ。この計画が具体的には何を指しているかと考えれば、福島原発テロは当然含まれるでしょうが、決してそれだけではないでしょう。今回、「彼ら」が勃発させようとしている第三次八百長世界大戦が、それに最も近いのではないでしょうか。そして、この計画はロシア絡みのこの件だけではないでしょう。現在、南シナ海で勃発させようとしている中国と日本の直接戦争も、「彼ら」の視野には当然含まれているでしょう・・・。

我々はいつまでも騙されていてはいけません。これらは全て長期にわたって綿密に計画されたシナリオだということを、理解しておかなければなりません。こういった真実を多くの人間がしっかりと理解したうえで、「彼ら」のあやつり人形どもが行なおうとする“猿芝居”に、「いつまでも“猿芝居”を演じているんじゃない」と、声を上げなければなりません。
はっきり言います。日本の首相も、中国の首相も、全て「彼ら」に操られた使用人に過ぎないのです。知らないのは、騙されているのは、中国と日本の民衆だけなのです。私がこんなことを言ったって何の効果もないかもしれませんが、戦争の実態を分かっていながら、「いつか来た道」を繰り返してしまうのは、とても忍びないです。
このままでは本当に、日本という国は消えてなくなってしまうかもしれません。
悪魔のシナリオ通りに・・・。





もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png お前が言うな!
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「Out On The Rolling Sea」Joseph Spence 】へ  【「Everybody Knows (The River Song)」O.V. WRIGHT 】へ

~ Comment ~

この国は

いつも拝見しております
自身の悩みから、世の中の出来事が間違っていることに
気がついておおよそ一年、この国がなくなるかも知れない現実が毎日世界のどこかで起こっていても、日本人の覚醒度は未だに低いようです
今、40を過ぎた頃ですが幼稚園児の頃、日曜朝は決まって早起きして朝のアニメを見ておりましたがcmでペシャワル難民キャンプが戦争と貧困でご寄付をと。
この時から既に計画のうちだったとは、何ともやるせない想いになります。

Re: この国は

コメント有難うございます。

> いつも拝見しております

有難うございます。

> 自身の悩みから、世の中の出来事が間違っていることに
> 気がついておおよそ一年、この国がなくなるかも知れない現実が毎日世界のどこかで起こっていても、日本人の覚醒度は未だに低いようです

本当に困ったものですよね。
この国が無くなっても、万一それでも生き残っても、なぜこの国がなくなったかさえ気付かない人間が大半なのでしょうね・・・。

> 今、40を過ぎた頃ですが幼稚園児の頃、日曜朝は決まって早起きして朝のアニメを見ておりましたがcmでペシャワル難民キャンプが戦争と貧困でご寄付をと。
> この時から既に計画のうちだったとは、何ともやるせない想いになります。

洗脳教育は、幼稚園児の頃からしっかりと、この国では根付いているようです。
気付かれたharihari さんは、明らかに1歩を踏み出されていると思います。
大多数の人間は、1歩どころか後ろに後退していってるんでしょうね。
そして、後ろに崖があることにも気付かずに、転落してしまうのでしょうね・・・。

やれる事

お返事くださり恐縮です。

出来ることに限りはありますが、自分の今いる立場から学びそして実行したいと奮闘中であります。

私も応援者の1人です!!

Re: やれる事

> お返事くださり恐縮です。
>
> 出来ることに限りはありますが、自分の今いる立場から学びそして実行したいと奮闘中であります。
>
> 私も応援者の1人です!!

そうですね。無理をしないで、「やれる事」ができれば、それで十分だと思います。
応援いただき有難うございます。勇気づけられます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「Out On The Rolling Sea」Joseph Spence 】へ
  • 【「Everybody Knows (The River Song)」O.V. WRIGHT 】へ