「Goodnight Irene」Leadbelly、The Weavers 、Eric Clapton 、Mississippi John Hurt 、Ry Cooder 、Tom Waits - 映画音楽・スタンダード・トラディショナル

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Goodnight Irene」Leadbelly、The Weavers 、Eric Clapton 、Mississippi John Hurt 、Ry Cooder 、Tom Waits

今日の1曲は、スタンダードナンバーで「グッドナイト・アイリーン」です。
この曲はレッドベリー(本名バディ・ウィリアムス)が1933年にレコーディングしたものです。
レッドベリーの死後の翌年である1950年に、ザ・ウィーヴァーズが大ヒットさせました。
その後、本当に様々な人間が歌っています。
先日発売されましたキース・リチャーズのアルバムでも取り上げられました。
歌詞の大意はアイリーンに結婚を申し込んだ男は「まだ若すぎる」と母親に断られるも、アイリーンへの思いは募り、「川に飛び込んでやる」とか「モリヒネを打って死んでやる」と歌う激しい恋愛感情を歌っています。
キースがこの曲を取り上げたのは、モルヒネの歌詞が自分の歩んできた人生に近いと感じたからなのかもしれませんね(笑)
歌詞↓
http://www.lyricsmania.com/goodnight_irene_lyrics_huddie_ledbetter.html

レッドベリーのヴァージョンです。



ザ・ウィーヴァーズのヴァージョンです。



エリック・クラプトンのヴァージョンです。



ミシシッピ・ジョン・ハートのヴァージョンです。



ライ・クーダーのヴァージョンです。



トム・ウェイツのヴァージョンです。


COMMENT

NoTitle

僕はライ・クーダーのバージョンを持っていますが、気持ちいいですよね。
ハワイでのんびりしたい気分になります。

トム・ウェイツのはさすがに渋いですね。
どんな曲もトムが歌うと、トムの歌になっちゃうのがスゴイ!

Re: NoTitle

コメント有難うございます。

> 僕はライ・クーダーのバージョンを持っていますが、気持ちいいですよね。
> ハワイでのんびりしたい気分になります。

ライ・クーダーいいですよね。以前、ニック・ロウとのジョイントライヴに行きました。
二人とも、いい味を出してましたね。確かに、ハワイの雰囲気もありますよね。

> トム・ウェイツのはさすがに渋いですね。
> どんな曲もトムが歌うと、トムの歌になっちゃうのがスゴイ!

この人のこの声は白人ミュージシャンでは他にないですよね。
ご指摘の通り、トムが歌うと自然と引き込まれてしまう、不思議なマジックを持った歌手のようですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。