「Tennesee Waltz」Patti Page 、Sam Cooke、 Otis Redding 、James Brown 、Bonnie Raitt & Norah Jones 、江利チエミ - 映画音楽・スタンダード・トラディショナル
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Tennesee Waltz」Patti Page 、Sam Cooke、 Otis Redding 、James Brown 、Bonnie Raitt & Norah Jones 、江利チエミ

今日の1曲は、超有名なスタンダードナンバーである「テネシー・ワルツ」です。

ウィキより。
「テネシーワルツ」(Tennessee Waltz,The Tennessee Waltz)は、1948年に出版されたアメリカのポピュラー/カントリー歌曲。1946年、ピー・ウィー・キング(英語版)が作曲した曲に、レッド・スチュワート(英語版)が詞をつけ、ゴールデン・ウエスト・カウボーイズ版が1948年1月に、カウボーイ・コパズ(英語版)版が1948年3月に出版され、いずれもヒットチャート上位を獲得した。1950年にパティ・ペイジがカバーしたものがマルチミリオンセラーとなった。1952年と1974年頃、日本で大ヒットした。

歌詞は「恋人とテネシーワルツを踊っていたら、旧友が来たので恋人を紹介したら、その友達に恋人を盗まれてしまった」というもので、歌手の性別によって旧友をしめす代名詞がhimまたはherに代わる。

『テネシー・ワルツ』の人気により、1956年、テネシー州がこの曲を公式に第四の州歌とした。



美しくも悲しい曲調なのは、単なる失恋ソングではなく「旧友に彼を紹介したらその旧友に彼を奪われてしまった」という歌詞にあるようです。酷い話ですね。旧友のほうがかわいかったのでしょうか・・・。そういう問題じゃないですよね(笑)

いろんな人が歌っているので、聴き比べてみたいと思います。

パティ・ペイジのヴァージョンです。





サム・クックのヴァージョンです。



オーティス・レディングのヴァージョンです。



ジェームス・ブラウンのヴァージョンです。



ノラ・ジョーンズとボニー・レイトのヴァージョンです。



江利チエミのヴァージョンです。




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント