アンディー・パラシオのガリフーナ魂(ソウル)は永遠に語り継がれる  Andy Palacio - ラテンミュージック・キューバ・ルンバ・ガリフーナ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

アンディー・パラシオのガリフーナ魂(ソウル)は永遠に語り継がれる  Andy Palacio

「WATINA」Andy Palacio

2007年のアンディー・パラシオのアルバムである
アンディーは、1960年12月2日に中米ベリーズのバランコという海沿いの町でガリフーナ人(アフリカ人と中米の先住民たちとの混血人)の家庭に生まれました。アンディーは最初はかなりポップな音楽をやっていたらしいですが、ベリーズ人のレコード・プロデューサー、アイヴァン・ドゥランに説得されてガリフーナの伝統音楽を掘り下げたものを目指した結果発表された本作は、その年のワールド・ミュージック界では大きく注目され、年間ベストに選ばれました。
しかし、翌年の2008年1月19日、アンディーは脳卒中で急死しました。まだ47歳でした。
歌詞対訳が付帯されていませんので全く歌詞の意味は分かりませんが、音楽はどの曲も本当に素晴らしいです。
皆さんも、偉大なガリフーナ人、アンディー・パラシオのガリフーナ魂(ソウル)に触れてみてください。
















評点:100点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント