日本人のルーツ

「はたし」て、「秦氏」の正体は?

 ←「タガタメ」 Mr.Children  →「クシコスポスト」ヘルマン・ ネッケ
「吉備国に秦氏の足跡を訪ねて・・・」


先日、岡山県総社市にある秦に行ってきました。秦と書いてハダと読みます。
この地名のゆかりとして秦氏の存在があることを知ったことが、この地を訪ねた理由です。
秦氏といえば、大多数の人が京都(特に太秦)を連想するのではないでしょうか。
私も、つい最近まで、そのイメージしかありませんでした。しかし、秦氏は238年頃、2万人を引き連れて百済からやってきた渡来人だとのことですが、京都に住み着く前に、岡山のこの地で暮らしていたとのことなのです。
高梁川の湛井堰(たたいぜき)という井堰がありますが、この井堰は、秦氏が建造したとウィキにも記されている桂川の葛野大堰(かどののおおい)に類似しているようなのです。
秦氏は蚕・機織りの技術はもちろん、土木技術も日本にもたらしています。
これに限らず、京都太秦と総社市秦には、似通った点が多々存在しています。
詳細は、総社市秦の地元の方が解説されている動画がありますので、ご覧になってみてください。かなりの「古代史の真実」が語られていると思います。
私が訪ねたのは秦原廃寺等の一部の史跡のみですが、古墳など多くの史跡がこの地に残されているようです。全く観光化されていない静かな部落でしたが、日本の「古代史の真実」が静かにこの地に眠っているように感じました。
秦原廃寺の前は土でできた空き地になっており、土の穴から顔を出しているカエルがたくさん生息していました。あれがツチガエルという奴なのかな?
秦原廃寺は、寺といっても、小さい区画に心礎等があるだけの、簡素な廃寺でした。
飛鳥時代の建立だとのことで、ひょっとしたら、西日本最古どころか、日本最古の寺だという説もあるそうです。
この地を去った後、吉備の五重塔や最上稲荷等の有名な史跡も訪ねましたが、圧倒的に、この土地の方が印象に残りました。恐らく近隣に住まれている方も、ほとんど訪れていないのではないのではないかと思いますが、また機会があれば、皆さん、訪ねてみてください。

私は日ユ同祖論者ではありませんが、「古代にユダヤの末裔が日本にやって来て、現在の私たちに“当たり前”のように備わっている、日本語・文化風習・神社・祭り・相撲・機織り・土木技術等に多大な影響をもたらした」ということは、間違いのない事実だと思っています。秦氏がユダヤの末裔であることも、間違いないでしょう。
私がいつも糾弾している悪魔崇拝勢力は、ユダヤではなく、ユダヤを偽った「偽ユダヤ」を中心とした勢力であることを、改めて記しておきます。












もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png お前が言うな!
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「タガタメ」 Mr.Children 】へ  【「クシコスポスト」ヘルマン・ ネッケ】へ

~ Comment ~

NoTitle

今回も興味深く拝読しました。
日本にいろいろな文化・技術を伝えた人たちがスファラディ、
悪魔崇拝のほうがアシュケナージ、と解釈してよろしいですか。

Re: NoTitle

「katsukoのブログ」さん

いつもコメント有難うございます。

もちろんアシュケナジーのなかでも悪魔崇拝をしているキチガイはごく一部だと思いますが、
基本的には、ご指摘の通りでいいと思います。
だって、アシュケナジーはユダヤでもなんでもなく、単なるハザールの末裔に過ぎないのですから。
アシュケナジーが仕切っているイスラエルという国家も、元からユダヤ人でもなんでもない白人が、「太古の昔に我々はここに住んでいたのだから居住する権利があるのだ」などというふざけた嘘偽りを口実に、元から住んでいたパレスチナの人々を追い出すことで成立した詐欺国家であるということは、誰の目から見ても疑いようがないでしょう。


NoTitle

ご返信ありがとうございます。
取り急ぎお礼まで

NoTitle

秦氏のことを聞いた事あります。
それに驚いて知人に話したらその方がその事を知っていて驚きました。
以前長野の諏訪湖近くに行った時、片倉という人が生糸の紡績工場を始めて、シルクロードを使って貿易をしていたと聞きました。
もしかして機織り、シルクロード、秦氏とつながってるのかと想像しましたが、どうなんでしょうね。

Re: NoTitle

carmencさん

コメント有難うございます。

> 秦氏のことを聞いた事あります。
> それに驚いて知人に話したらその方がその事を知っていて驚きました。
> 以前長野の諏訪湖近くに行った時、片倉という人が生糸の紡績工場を始めて、シルクロードを使って貿易をしていたと聞きました。
> もしかして機織り、シルクロード、秦氏とつながってるのかと想像しましたが、どうなんでしょうね。

つながっている可能性は十分に考えられますね。
長野といえば、諏訪大社の御頭祭は明らかにイサク伝承が由来でしょうからね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「タガタメ」 Mr.Children 】へ
  • 【「クシコスポスト」ヘルマン・ ネッケ】へ