「彼ら」の正体は本当に人間なのでしょうか? - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「彼ら」の正体は本当に人間なのでしょうか?

「爬虫類人レプタリアン達は、あなたを支配している! 日本語字幕」


今日は「あっさり」と、しかし、「濃密な」動画を紹介します。以前にも紹介した映画『ゼイリブ』を、非常に分かりやすく短時間にまとめた動画を見つけたので(後で気付きましたが、「宇宙への旅立ち」さんが作られたようです(笑))、アップしておきます。この映画は1988年の作品で、デーヴィッド・アイク等が唱える「レプティリアン人類支配者説」に近い、「地球外生命体による人類支配」を警告した映画です。
単なるSF映画ではありません。かなり、「この世界の真実」に迫った名作であると思います。

当ブログが今まで暴露してきた「彼ら」による膨大な人類支配・極悪計画のどれを見ても、「これは金だけが目的ではなく、相当な邪悪な思想を持った人間(?)によるものだ」と、誰もが感じることでしょう。
「彼ら」の正体は本当に人間なのでしょうか?
本当に我々と同じ人間であるならば、これほどまでに邪悪な行動を、綿密な計画を立てて行うでしょうか?「彼ら」の正体が人間以外の存在であるならば、「彼ら」が、これほどまでに邪悪で極悪卑劣な行動を重ね続けていることの「理由」が、理解できてしまいます。
誰もが、このように思っているのではないでしょうか。

「彼ら」は何故にこれほどまでに酷い、悪魔のような行動ばかりとるのだろう?
とても、人間の行動とは思えない・・・。

はい、「彼ら」の正体が人間でなく、根本的に「人間とは異なる思考形態を有する存在であるのだ」と理解すると、全ての謎が解けてしまいます。
このように考えてみると、「レプティリアン人類支配者説」は、決して「そんなわけねーだろ、SF映画の見すぎだ」と、簡単に片づけられるものではありません。私はこの説を「信じる」には至りませんが(疑い深い性格なもんで)、「かなり、核心に迫っているのではないか」と、感じています。

もうすぐ「9.11」の日になりますが、この邪悪な偽旗テロを、本当に我々と同じ「人間」が金欲しさのためだけに、長年にわたる計画の末行ったと思いますか?
私には、とても「人間」の犯行とは思えません。
「信じるか信じないかはあなた次第」ですが、少なくとも学校・テレビ・新聞が垂れ流す「公式ストーリー」を何の疑いもなく信じることだけは、やめておいた方がいいと私は思います。








COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。