「Willow Tree」Alton Ellis - レゲエ・スカ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Willow Tree」Alton Ellis

今日の1曲は、アルトン・エリスの「ウィロウ・トゥリー」です。

アルトン・エリス(ウィキより)

アルトン・エリス(Alton Nehemiah Ellis、1938年9月1日 – 2008年10月10日)[2][3]はジャマイカ出身の歌手、ソングライター、音楽プロデューサー、レーベル経営者。

ジャマイカで発祥したポピュラー音楽ジャンル、ロックステディを確立した音楽家の一人であることからゴッドファーザー・オブ・ロックステディと[4]、またジャマイカにおけるリズムアンドブルース (R&B) 及びソウルミュージックの第一人者であることとその歌唱法からミスター・ソウル・オブ・ジャマイカという異名を持つ[5][6]。

1994年にはジャマイカ名誉勲章 (en:Order of Distinction) を受賞[7][4]。2006年にはインターナショナル・レゲエ・アンド・ワールドミュージック・アワード殿堂 (the International Reggae And World Music Awards Hall Of Fame) 入り[4][8]。

サイモン・マーヴェリック・バックランドは「彼はメッセージ・ソングもラヴ・ソングも歌うことができる完璧なアーティストだった。マーリーはメッセージ・ソングの第一人者として世界中に知られているが、アルトンはファンの心にいつも一番近いシンガーだった」と[46]、自身もジャマイカからイギリスに移住し、そこで長年エリスとステージを共にしたディージェイのデニス・アルカポーンは「アルトンは当時のジャマイカではボブ・マーリーよりも大きな存在だった」「ボブも含めた(歌手仲間の)皆がアルトン・エリスのように歌えたらどんなにいいかと思っていた。アルトンが歌うときは全員が引っ込んで黙って聴いていたもんさ。なぜなら、アルトンが王者だったのだから」と証言している[4]。



歌詞↓
http://www.jah-lyrics.com/song/alton-ellis-willow-tree




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント