自称「レインボーマン」の正体は「死ね死ね団」である - 戦争
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

自称「レインボーマン」の正体は「死ね死ね団」である

「レインボーマンが「正義の戦争」で「活躍」するためには、悪魔の秘密結社「死ね死ね団」の存在が必要なのです」


まずは、こちらをどうぞ↓
http://www.dailymotion.com/video/xxr3w0_sinesinedan_shortfilms

安倍、ハシシタ、櫻井、百田、安藤を始めとした「チーム・イルミナティ」という組織は最近出来た組織ではない。なんと、40年以上前から、この国のテレビ番組の中に存在していたのだ。その組織たる悪魔シンジケートの名前は「死ね死ね団」、愛の戦士のレインボーマンと敵対する悪の秘密結社である。それにしても、この名前・・・。あまりにも分かりやすい・・・。そして、この「死ね死ね団のテーマ」という歌詞がスゴイ。


「死ね死ね団のテーマ」(2番)
死ね死ね死ね死ね死ね死ね 死んじまえ
きいろいさるめを やっつけろ
夢も希望も うばってしまえ
死ね死ね死ね 地球の外へほうりだせ
きいろい日本 ぶっつぶせ
死ね死ね死ね
世界のちずから けしちまえ
死ね死ね死ね 死ね死ね死ね



川内康範 作詞 北原じゅん 作曲とのことだ。よくもまぁ、子供向けの番組の歌にこんな歌詞を用いたものである。当時幼かった私は毎週欠かさずこの番組を見ていました。それゆえに懐かしい思いがあるわけだが、今改めてこの歌詞を見ると、絶句せざるを得ない。
作詞した川内康範を調べてみると、この歌の作詞者であるだけでなくレインボーマン自体の原作者でもあり、あの月光仮面の原作者でもあるらしいのだ。さらには、「誰よりも君を愛す」、「君こそわが命」、「骨まで愛して」や、森進一が歌った「おふくろさん」の作詞も手掛けていたというから、実に多才な人物であったようである。
それにしてもこの歌詞、今のテレビではとても放送できないでしょうナ。
この恐るべき歌詞は、単なるブラック・ユーモアとはとても思えない。まさに「彼ら」の本音を歌っているとしか思えません。この「彼ら」の「強烈な思い」に従って、日本は八百長戦争に駆り出され、原爆を投下され、徹底的に「やっつけられた」のである。
現代の「死ね死ね団」である「彼ら」は、東日本人工大震災を引き起こし、「きいろい日本をぶっつぶそう」としている。「彼ら」のあやつり人形である安倍を中心とした「チーム・イルミナティ」どもは、国民が必死の思いで戦争反対の声を上げているにも関わらず、今また「第三次八百長戦争」に向けて戦争法案を強行可決し、「きいろいさるめを やっつけよう」としている。安倍ども「チーム・イルミナティ」の連中に、私は言いたい。
「だいたい、お前らは日本人ではなさそうだが、白人でもないだろう。悪魔白人に操られたきいろいさるが、同じきいろいさるをやっつけても仕方がないだろう。最終的には、お前らも利用されるだけ利用されて、始末されてしまうことに気づかないのか」と。
現代のレインボーマンは、登場してくれないのだろうか・・・
そんな者は、始めから存在していません。誰か正義のヒーローがやって来て、悪魔勢力を打ち倒してくれると思っていたら大間違いです。我々一人一人が真実に覚醒し、「彼ら」悪魔勢力の正体を見抜き、立ち向かっていかなければならないのです。

現実社会に目を向けてみると、「彼ら」は「死ね死ね団」に相当する「イスラム国」を自ら創作し、「正義の戦争」を演出しています。自分たちが「死ね死ね団」であるにも関わらず、自分たちがさもレインボーマンであるかのように演じているのです。
これは「9.11」を自ら引き起こし、これまた自ら創作したビン・ラディンやアルカイダ(=現代の「死ね死ね団」)が実行犯だと偽り、真犯人である自分たち(=現代の“本当の”「死ね死ね団」)こそが「正義の味方のヒーロー」(=現代のレインボーマン)だと詐称し、ビン・ラディンやアルカイダ(=現代の「死ね死ね団」)を打ち倒して「世界に平和をもたらす」(=実際には世界に憎しみと破滅と混乱をもたらす)という史上最悪な「三文芝居」を「彼ら」が演じたのと同じことです。
レインボーマンが「正義の戦争」で「活躍」するためには、悪魔の秘密結社「死ね死ね団」の存在が必要なのです。つまり、アメリカ・イスラエルを主体とした「彼ら」が「正義の戦争」で「活躍」するためには、北朝鮮や中国を「死ね死ね団」として存在させることが必要なのです。北朝鮮や中国(=現代の「死ね死ね団」)の「偽りの脅威」に踊らされ、アメリカ・イスラエルを主体とした「彼ら」(=現代の“偽りの”レインボーマン)の捨石として日本は「第三次八百長戦争」に巻き込まれようとしています・・・。

頭の悪いネトウヨは「芝居」が「芝居」であることを理解できず、本気で北朝鮮や中国と戦争しなければならないと信じ込み、そのバカな頭と暇な時間を駆使してネットに小学生レベルの書き込みをします。ネトウヨのアホさぶりは、アホを通り越して最早「罪悪」です。当ブログでは「右も左も根は同じ。ともに「彼ら」が創作した偽りのイデオロギーだ」ということを何回も書いていますが、文章を理解する能力のないアホなネトウヨは「そんな難しいことを言われても俺はアホやから、よーわからんわ」と思っているのだろうが、相変わらず当ブログにも、「超低レベルのカキコ」を、複数回送ってきたりします。
ライダイハンとかいうアホへ、お前のことを言ってるんだよ。
初めて相手してやったから、ありがたく思いなさい(笑)
アホなアンタの相手をするほど暇じゃありません。二度とアクセスしてくるんじゃねーよ。

「彼ら」はあやつり人形を使って、日本を「地球の外へ ほうりだそう」としています。
「彼ら」の走狗・売国奴であるあやつり人形どもに騙されて、八百長戦争に参戦してはいけません。このままでは、日本は本当に、「世界のちずから けされて」しまいます。






COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント