歴史・宗教

「クレイジー」=「百」?

 ←「Rainy Night In Georgia」 Tony Joe White、Otis Rush 、Aaron Neville 、Brook Benton  →「Go Out Dancing」Rod Stewart
「日本人に“なりすました”外国人勢力が、日本人を滅ぼすために“暗躍”している?」


まずは、こちらをどうぞ↓

(IWJ)さん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/251176
2016/06/30 日本外国特派員協会主催 自由民主党・村上誠一郎衆議院議員 記者会見(動画)


(ウィキより)
村上誠一郎
村上 誠一郎(むらかみ せいいちろう、1952年(昭和27年)5月11日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、衆議院政治倫理審査会長。
第2次小泉改造内閣・第3次小泉内閣で内閣府特命担当大臣(規制改革・産業再生機構)、第2次森改造内閣・第1次小泉内閣で財務副大臣を務めた。
今治市長や愛媛県議会議長、衆議院議員を務めた村上信二郎は父。
愛媛県今治市生まれ。
1965年(昭和40年)に東京教育大学附属小学校(現筑波大学附属小学校)、1971年(昭和46年)に東京教育大学附属中学校・高等学校(現筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。1977年、東京大学法学部を卒業[1]。
永住外国人への地方選挙権付与に反対しており、2000年(平成12年)11月、「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する超党派の国会議員の会」を結成し会長に就任。なお前年の1999年(平成11年)、外国人参政権を党を挙げて推進する公明党が与党に加わっている。
2011年(平成23年)に発生した東京電力福島第一原発事故を受け、自身が委員長を務める自民党の福島原発事故究明に関する小委員会において、原子力発電所の再稼働に前向きな安倍政権に対し、再稼働に慎重な対応を求める提言を取りまとめ、2013年(平成25年)10月4日に首相官邸を訪れた際は、「原発事故の原因究明と、事故を収束させることが喫緊の課題です」と首相の安倍晋三に申し入れを行った[8]。
2013年(平成25年)11月26日、衆議院本会議で行われた特定秘密保護法案の採決に際し、体調不良を訴え、議場から退席。記者に対し「いろいろな問題が残っているのに、政治家として(賛成する)自信があるかと言ったら、あるわけない」「まだまだ議論の余地がある重要法案なのに、こう拙速に決めていいのか」と述べ、また「多数決は100人のうち99人が間違っていても、そっちが正義になっちゃうんだ。ファシズムなんていつでも起きる危険性があるんだよ」と、議会で大多数を占める与党による衆議院国家安全保障に関する特別委員会での採決を批判[9]。自民党で投票を棄権したのは村上ただ一人である[10]。
安倍内閣が推進している集団的自衛権行使のための憲法解釈変更に批判的な言動を続けており、「行政府が法解釈して自分で勝手にやれば、立憲主義を否定することになる[11] 」、「(ナチスと)同じ愚を繰り返す[12] 」等と発言している。2015年5月12日に開催された自民党の総務会では安全保障関連法案について「憲法が有名無実化する」「憲法改正なしで集団的自衛権を行使することには疑念がある」と反対したが、最終的に挙手採決に持ち込まれ、村上は途中退席し全会一致での了承となった[10][13]。





動画での発言といい政治的スタンスといい、村上氏は数少ない信用のできる政治家といえるだろう。「彼ら」のあやつり人形に支配されている自民党のなかでこういった発言・行動を取ることは大変勇気のいることであるし、応援したい気持ちを強く持った。村上氏は日本外国特派員からの「日本国憲法は戦後の占領時代に押し付けられたものだという自民党議員の意見をどう思うか」という質問に対して、「戦後日本がここまで発展できたのは現憲法のおかげであると思う」と答えています。また「自分が堂々と自分の意見を述べることができるのも、学生時代の先生の教育のおかげである」と、涙ながらに訴えています。この人の発言に嘘偽りはないでしょう。

一方、安倍やハシシタや櫻井や百田のようなあやつり人形どもは、「日本国民を騙せ。戦争に巻き込め。自分たちのみの「成功」のために国民を犠牲にしろ。」という「教育」を、「彼ら」の配下の「先生」に徹底的に教わったのでしょう。

確かに日本国憲法はGHQによって押し付けられたものでしょうが、それ以前の大日本帝国憲法も明治維新を背後で操っていた「彼ら」の指示によって与えられたものなのです。当時の日本人が単独で制定したものだと思ったら大間違いです。ともに与えられた憲法だとしても、どちらが優れた内容であるかは、小学生以上の思考能力を有する人間ならば説明する必要もないことは言うまでもないでしょう。

ところで話は変わりますが、「背乗り」という言葉があります。



(ウィキより)
背乗り
背乗り(はいのり)とは、工作員が他国人の身分・戸籍を乗っ取る行為を指す警察用語。
元々はソ連の情報機関が古くから用いた方法だというが、北朝鮮情報機関がよく使う方法でもあるため、旧ソ連からその影響下にあった北朝鮮にもたらされたとする指摘がある。日本人拉致事件に背乗りを目的としたものが多いのは、日本で工作活動を行うほか、韓国に入国するためのパスポートを得るためといわれている。周囲に気付かれないよう身寄りのない人が狙われやすいという[1]。





この「背乗り」行為が、「彼ら」が「自分たちに従順なあやつり人形を創りだして、この国を間接支配してきた裏の歴史」に大いに関係しているようである。いわゆる「日本人でない者が日本人に“なりすまして”日本人を支配する」という「闇の歴史の実体」である。
日本を滅ぼしたい「彼ら」にしてみれば、日本人社会に何の不満も持っていない日本人よりも、「日本人に憎しみの感情を持っている特殊な血筋の人間」の方が、格段に利用しやすいのである。この「システム」は幕末・明治維新の頃に形成され、戦後に強化されたようである。
下記の動画を見てもらいたいが、力道山の息子という人物が紹介されている。
力道山は朝鮮国籍であり、日本名が百田であった安倍の戦争法案を合憲だと主張した「クレイジー」な「憲法学者」である百地章沖縄の新聞をつぶせといった「クレイジー」な「作家」百田尚樹。これらの人物の共通点は何だろう。はい、姓に「百」という漢字が入っていることである。こういった姓名を有する日本人は少ないのではないだろうか。私は、「この「百」という漢字の由来が「百済」に対する憧れから発生しているのではないか」と推察する。
例え外国国籍であったとしても人の姓名の謂れなど一般的にはどうでもいいことではあるが、これが日本人に“なりすました”外国人勢力特有のものであり、「彼ら」の指示で「日本人を滅ぼす」目的で暗躍している人物の「暗号」であるならば、とてもじゃないけれど看過することはできません。









もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「Rainy Night In Georgia」 Tony Joe White、Otis Rush 、Aaron Neville 、Brook Benton 】へ  【「Go Out Dancing」Rod Stewart】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「Rainy Night In Georgia」 Tony Joe White、Otis Rush 、Aaron Neville 、Brook Benton 】へ
  • 【「Go Out Dancing」Rod Stewart】へ