CIAのスパイであり、麻薬の元締めであった“おじいさん”と同じ - 戦争

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

CIAのスパイであり、麻薬の元締めであった“おじいさん”と同じ

「理想と現実を考えてやはり戦争をしてはいけない、何故なら八百長だから」


まずは、こちらをどうぞ↓


私の大好きなロック歌手・パンタは単に戦争反対を唱えているだけではない。確かに戦争は絶対にしてはいけないことであるが、他国が戦争を仕掛けてきたらどうするのか。黙ってやられるしかないのか。平和憲法を後生大事にするばかりで侵略国家と戦うこともできないのか。この難しい問題を考えるにあたって、確かに「理想」は戦争をしないことであるが、「現実」としては侵略されっぱなしではいけないだろう。
そうなってくると、安倍や櫻井が主張するように憲法9条を改めて自衛隊を「国家の軍隊」としなければならないだろう。しかし、ちょっと考えても見て欲しい。自衛隊を軍隊にしたところで、昔のように海外に攻めていけるようにしたところで、他国から核攻撃を受けたらそれで全て終わりである。そのことを一番理解しているのは、世界で唯一の被爆国である日本ではないのか。他国からの侵略を防ぐためには、核武装するしかないのかもしれない。
絶対に核など使用してはいけないが、他国が核を持っている以上、国家・国民を守るためにはそれしか方法がないのかもしれない。決して私は核武装論者ではないが、核武装論者が日本は核を持つべきだと主張するのは理解できなくもない。現在、核を大量に保有している大国の侵略から国家・国民を守るためには、少々の核保有ぐらいでは役に立たないかもしれない。しかし全く持たないよりは、効果は格段に違うだろう。
しかしさらに現実を考えると、大多数の核兵器を作っているのは「彼ら」である。「彼ら」が、表面上敵対しているふりをしている中国や北朝鮮に核兵器を販売しているのである。
日本に対しては中国や北朝鮮の脅威を煽り、対抗する軍事兵器を販売しているのである。
要するに「敵対する」国家同士が核兵器及び軍事兵器を購入し続けること、さらには実際に戦争を始めることが、「彼ら」にとって最も「望ましい」ことなのである。金銭的な利益が得られるだけでなく、「彼ら」の最大の目標である人口削減に役立つからである。
ただ日本が核保有することは、「彼ら」にとっては「望ましい」ことではないようである。「彼ら」は、内心では「日本に広島・長崎の復讐として核攻撃をされること」を恐れているのである。私が思うに、例の東日本“人工”大震災と福島原発テロを起こした理由の一つが、「日本が独自で核兵器を作ろうとしていたことへの仕返し」であり、「我々に秘密で勝手なことをするな」という強烈なメッセージであるような気がしている。

核武装することの是非はさておき、戦争は絶対にしてはいけない。何故ならば当ブログでは腐るほど訴えているが、「戦争というものは昔も今も八百長である」からである。
戦争で「活躍」することは、少しも国家・国民のためにはなりませんよ。喜ぶのは自分たちは戦争に参加せず、人が死んでいくのを高見で見物しながら金銭的利益を得ている「彼ら」(=悪魔の銀行家・戦争屋)なのですよ。こんな悪魔に踊らされて、あなたの大切な命を捨ててはいけません。

ところで安倍・自民党は、反戦・反原発を訴える歌を歌っている制服向上委員会が参加するイベントに後援していた大和市に対して後援を取り消すよう圧力をかけているようだ。
エセ右翼組織である日本会議が8月6日に広島で講演することを側面から推進している一方、平和を訴えるまっとうな活動をしているアイドル・グループの活動に圧力をかける。
本当に救いようのない腹黒いあやつり人形どもである。「諸悪の根源自民党」「大きな態度の安倍総理おじいさんと同じ」といった「本当のこと」を歌われたことに腹を立ててるらしいが、私に言わせれば、彼女たちの歌う歌詞は、まだまだ生易しいものだと思う。私なら、「CIAのスパイであり、麻薬の元締めであった“おじいさん”と同じ」と歌ってやりたい。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00001970-kana-l14
イベントで自民批判の曲 大和市が後援事後取り消しへ
カナロコ by 神奈川新聞 6月24日(水)7時0分配信
護憲団体「憲法九条やまとの会」が開催したイベントについて、大和市がイベントへの後援を事後に取り消す方向で検討していることが23日、分かった。イベントでは、アイドルグループが自民党を名指しで批判する歌詞を繰り返し歌ったため、「公共の自治体としてどうか」と自民市議らが抗議していた。市は「特定の政党を批判する内容は問題があるのではないか」と話すが、九条の会は「自由な意見を出し合うのが重要。後援すべき」と反発。市によると、事後の後援取り消しは異例という。

 イベントは市と市教育委員会が後援し、13日に市保健福祉センター(同市鶴間)で開かれた。九条の会によると、元防衛官僚の柳沢協二さんが国会審議中の安保法案をテーマに講演した後、「脱原発」を掲げる女性アイドルグループ「制服向上委員会」が出演した。

 曲目は脱原発や沖縄の米軍基地移設反対などをテーマにしたもの。歌詞に「諸悪の根源自民党」「大きな態度の安倍総理おじいさんと同じ、エリート意識・利権好きお父さんと同じ」などがあり、自民側が問題視していた。

 自民の小田博士市議は、表現の自由の観点からイベントには一定の理解を示す。ただ「自民に限らず特定の団体を批判するのであれば、公共である市が後援するのはふさわしくない」と説明した。

 イベントの後援申請は2月に出され、市は「後援名義に関する要領」に照らして特に問題はないと判断、3月に許可した。だが今回、自民側の指摘を受け、「実際のステージを見ると、自民側の主張は納得できる。九条の会に経緯を説明した上で、後援を取り消したい」と話している。

 これに対し、九条の会の斎藤竜太事務局長(76)は「自由な意見を出し合うことが重要で、市はいかなる立場のイベントにも後援を出すべきだ」と反発。「たとえ、『九条の会は諸悪の根源』と歌うグループが出るイベントに市が後援を出しても、やぶさかではない」と話している。














COMMENT

核武装の要否と可否

要る、という人の気持はわたしもわからないではないので、今回の記事はいつも以上に興味深く拝読しました。
もう一つ理由を。核武装をするには再処理をして常にフレッシュなプルトニウムを得なければならない。プルトニウムが崩壊してアメリシウムになってしまうと役に立たないらしいので。ところが再処理をするのには
ものすごい量の死の灰を海に垂れ流しにしなければならない。また
とくに危険な溶液はガラス固化体にしなければならないのですが、
それでさえ20秒近くにいると死ぬ危険性があり、それが減衰して
非常に危険でなくなるのには10万年では足りない。日本には今固化技術がなく、溶液が冷却できない事態になった場合、北東北・南北海道は住めなくなり、汚染は北半球全体に及びます。核武装で日本住民を守れるという抽象的可能性という+より、それによるリスクというマイナスのほうがあまりにも大きい。

Re: 核武装の要否と可否

「katsukoのブログ」さん

お詳しいですね。

私は素人なもんで、そういったことは全く知りませんでした。
ただ原発及び再処理自体が(というよりも原子力発電システム自体が)あれだけ危険なものなのですから予想はつきますが。
アメリカを始め核保有国は、それだけの危険を冒して核兵器を量産しているということになりますね。
核保有国家は、元から国民の生命など全く考えてもいないのでしょうけどね・・・。
かといって、どこかの島国が国民の生命を考えているとはとてもじゃないけれど思えませんけれど(笑)

「理想」は世界中の全ての国家が核を放棄して戦争のない社会にすることでしょうが、「現実」は残念ですが有りえないことなので(「彼ら」が存在している限り)、核武装論者のいうことも理解できなくもないと感じてしまいます。
ただご指摘いただいた点を考えてみれば、核開発というのは原子力発電システム以上の相当な暴挙であるようですね。


EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。